TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」平安ステークス
コラム

覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」平安ステークス

覆面馬主 データの8号
第23回
平安S(GIII)
ダ1900m
4歳上OP

※過去10年の平安Sのデータ
※13年に1月施行から5月へ移動
※13年に従来の1800mから1900mへ変更

●傾向

1、人気

1番人気(1,4,0)
2番人気(1,1,0)
3番人気(1,3,0)
4番人気(1,0,2)
5番人気(2,0,4)
6番人気~9番人気(2,2,3)
10番人気以下(2,0,1)

複勝率は、5番人気以内40%、6番人気~9番人気は17%、10番人気以下は4%。

2、配当

〔平均配当〕
単勝・2025円
複勝・372円
馬連・7332円
3単・217192円

過去10年で1番人気の勝利は13年ニホンピロアワーズしかおらず、しかも12年に10番人気ヒラボクキング(単勝5640円)、14年に12番人気クリノスターオー(単勝7490円)が勝っているため、単勝の平均配当は2000円超と高額です。

ただ、大きく荒れる年はありますが、上位勢で決着する年も少なくなく、3連単の平均配当は200,000円台と極端には高くなっていない傾向が出ています。

3、前走条件

前走重賞組(地方含む)は(7,7,4)と多くを占めており、次にOP特別組(1,2,4)、1600万下組(2,1,2)。ただ、複勝率は重賞組32%、1600万下組21%、OP特別組9%となっていますので、重賞組が狙いの中心となりつつも、1600万下組にも注意が必要でしょう。

4、前走距離

前走距離別のデータでは10頭以上の出走のある距離で、前走1800m組(6,7,5)、前走2000m組(2,2,2)、前走2100m組(0,1,1)、前走1400m組(0,0,0)。また過去9頭出走の1600m組(1,0,1)となっています。多くの馬券対象馬を出しているのは前走1800mと2000m組となります。

なお、複勝率では前走2000m組31%、前走1800m組21%となり、計9頭の1600m組も22%と好データを出しています。一方、2100m組は13%、1400m組は0%。

5、前走着順

馬券対象馬30頭中で前走3着以内は(7,7,6)と多くを占めますので、狙いの中心は前走好走組。また前走5着以内に幅を広げると(8,9,8)と大半を占めます。

一方、前走6着以下から巻き返したのは5頭のみ。しかも、その内3頭は施行時期と距離の変更があった13年以降となっており、3頭全てがアンタレスS組となっています。


以上を踏まえ、推奨馬は!

推奨馬
アウォーディー
アスカノロマン
ブライトアイディア


他の重賞競走【データ分析】はこちら↓↓↓
オークス



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line