TOP > 競走馬 > 「ペプチドサプル」レース間隔は詰まっていても体調はいい!【2016年オークス】
競走馬

「ペプチドサプル」レース間隔は詰まっていても体調はいい!【2016年オークス】

新馬戦を勝った後は常に格上挑戦を続け、強敵相手に善戦してきたペプチドサプル。前走は初めての自己条件に出走し順当に勝利を収め、大一番に駒を進めてきた。中1週とローテーションは厳しいが、相手なりに走れる強みを生かして上位を狙いたい。ペプチドサプルについてまとめてみた。
ペプチドサプル
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【アネモネS】惜しくも2着逃がす‥

桜花賞の出走権獲得を目指し、東上してアネモネSに出走したペプチドサプル。3,4番手を追走し直線へ向くが、前が狭くなり外に出すロスが生じる。坂を登りきってからはグングン前へ迫るが、逃げ粘ったアッラサルーテにわずかに及ばず3着でゴールした。
動画を見る

【忘れな草賞】ロッテンマイヤーを交わせず2着

中段内目に付けたペプチドサプル。4コーナー手前で進出を開始すると、直線は一番外に持ち出し前へと迫る。残り200mを切り前を射程圏に入れたが、ロッテンマイヤーを最後まで捉えきれず2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 ペプチドサプル(四位洋文騎手) 「今日は2000mでしたから、控えめにいってスパートしました。思っていた競馬はできました」

【矢車賞】人気に応えて快勝!

単勝1.6倍の圧倒的人気に支持されたペプチドサプル。道中は先団直後を追走し、4コーナーで早くも前を射程圏に捉える。直線は上がり3ハロン33秒7の末脚でしっかりと伸び、ゴール前でエテルナミノルを競り落とした。
動画を見る
inyofu 1着 ペプチドサプル(四位洋文騎手) 「負けられない1戦でした。勝つことを意識して、いつものこの馬よりは攻める競馬をしました。さすがに最後はアップアップしていましたが、前走も惜しい2着でしたからね」

【オークス】直前情報 出来の良さ見せる!

inyofu 矢車賞快勝から中1週での参戦となるペプチドサプルは17日、坂路でキャンター調整を行った。出走には5分の4の抽選を突破しなければならないが、昨年の阪神JF(4着)では5分の1の抽選を突破した強運の持ち主。
石村調教厩務員のコメントはこちら↓
inyofu 「レース間隔は詰まっているけど、変わった様子はない。いつもきちんとカイバを食べる馬で、この中間もしっかり食べている」

これまでにメジャーエンブレムやシンハライト、チェッキーノといった今年の3歳牝馬のトップクラスと同じレースに出走し、必死に食らいついてきたペプチドサプル。折り合いに不安のタイプなので、2400mの距離は問題なさそう。強敵相手に揉まれてきた経験をこの大一番で生かしたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line