TOP > 競走馬 > 「ダンツペンダント」折り合いに不安なく距離はこなせる!【2016年オークス】
競走馬

「ダンツペンダント」折り合いに不安なく距離はこなせる!【2016年オークス】

5分の4の抽選を突破し、オークス出走にこぎつけたダンツペンダント。前走が初の芝のレースだったが、1番人気馬との競り合いを制し適性の高さを見せた。ここもマイペースで先行し、少しでも上の着順を目指したい。ダンツペンダントについてまとめてみた。
馬キュレ

【3歳新馬】直線突き抜け初陣V!

阪神ダート1400mでデビュー戦を迎えたダンツペンダント。伸びあがるようなスタートだったが、すぐに盛り返し中段に付ける。4コーナー手前ではデムーロ騎手の手が盛んに動くが、直線に入ると一気に突き抜けて2着に2馬身半差の快勝でデビュー戦を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 ダンツペンダント(M.デムーロ騎手) 「すごく真面目な馬で、本当に乗りやすいですね。砂をかぶっても大丈夫でした」

【3歳500万下】初の芝で逃げ切り勝ち!

デビュー4戦目で初めて芝のレースに出走したダンツペンダント。無理することなく先頭に立つと、そのまま後続を引き連れ最後の直線へ。2番手に付けていた断然人気のシャクンタラーが外から迫ってきたが、最後まで抜かせず1着でゴールした。
動画を見る

【オークス】直前情報 前走の出来をキープ!

inyofu 中1週で再度の長距離輸送となるダンツペンダントだが、CWコース単走でしっかり追われた。本田師は「コンスタントに使っているけど、そこそこはやった。悪くない動きだったよ」と出来キープを示唆。

引っかかる面は見せないので、距離自体はこなしてくれるはずだ。人気は全くないだろうが、前走のようにマイペースで先行できれば大波乱の主役になってくれるかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line