TOP > エンタメ・雑学 > 競馬好きじゃなくても一気読みしてしまう競馬小説まとめ
エンタメ・雑学

競馬好きじゃなくても一気読みしてしまう競馬小説まとめ

競馬を題材にした小説と言われてもピンと来ない人が多いだろう。
競馬をやらない人にとっては「ギャンブルはちょっと」なんて思う方もいるだろう。
しかし、ここで紹介する小説は、競馬好きじゃなくても絶対はまること間違いなしの名作揃いである。
読書

ディック・フランシスの『競馬シリーズ』

イギリスの小説家で障害競走の元騎手という経歴の持ち主、
ディック・フランシスの『競馬シリーズ』(ディック・フランシス)。
『競馬シリーズ』というのはタイトルではなく、40冊以上ある彼の競馬・推理小説の総称である。
日本語版タイトルは二文字の漢字で付けられており『本命』や『大穴』、『配当』など御馴染みの言葉で付けられている。
inyofu 『競馬』とシリーズ名についているからといって敬遠しないでほしい。競馬について何も知らなくてもフランシスの小説は十二分に楽しめるし、競馬についての描写は思わず拳を握りしめるほどの迫力と臨場感に充ちている。騎手を主人公にした場合はもちろん、ほかの職業について書かれた部分も、詳細なリサーチのおかげで一種の情報小説の趣すらあり、さまざまな思わぬ知識を得ることができる。しかも話は面白く、主人公は常にたいへん魅力的である。ここがまたすばらしい。

あの宮本輝が書いた競馬小説!吉川英治文学賞、JRA賞馬事文化賞受賞作『優駿』

inyofu その交配は、大博打だった。馬主、騎手、調教師、牧場主……、一頭のサラブレッドに関わる人々の人生の断面を重ねて壮大な感動を呼ぶ名作。

生れる仔馬が牡馬でありますように。風の申し子のように速く、嵐みたいに烈しく、名馬の天命をたずさえて生れますように……。若者の祈りに応(こた)えて、北海道の小さな牧場に、一頭のサラブレッドが誕生した。オラシオン(祈り)と名づけられた仔馬は、緑と光の原野のなかで育ち、順調に競走馬への道を歩みはじめるが、それと共に、登場人物ひとりひとりの宿命的な劇(ドラマ)が、幕を開けた――。
inyofu 私は、そもそも競馬がテーマだと思って読んだのですが、『優駿』は、決して競馬小説ではありません。家族、親子の絆、淡い恋心など様々な人間模様が描かれた小説です。ですから、競馬を知らない、興味がないという人が読んでも十分楽しめます。

文庫下巻のあとがきにありますが、宮本輝さんは、『優駿』の執筆に際して、調教師、騎手、厩務員、馬産家、さらには社台ファームの故・吉田善哉氏、照哉氏、勝己氏など多くの競馬関係者を取材されたようです。競馬に関する細かい部分が丁寧に描かれているので、そういう点では、競馬を知っているとさらに楽しめます。
宮本輝だからこそのしっかりとした骨太のストーリーにどっぷり浸かってみては?ちなみにこの作品は映画化もされている。

映画化され、アカデミー賞にノミネートされた作品の原作『シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説』

10年前、アカデミー賞にノミネートされたのを記憶している人も多いだろう。
それをきっかけに原作も読んでみたいと日本でも人気に火が点いたのがこの作品である。
映画とあわせて読んだ人は満足度が高いようだ。
inyofu マリカ 映画がとっても良かったので借りました。映像にはないウラ話がてんこ盛りで面白い。レッド、スミス、ハワード、そしてシービスケットのその後もキッチリ描かれてて満足。
inyofu JayTee 持たざる者たちのサクセスストーリーでは無い。シービスケットは偉大な血を引く馬だし、騎手も調教師もそれなりに知名度はあった。それでも登場する人、馬が個性的に描かれていて面白い。調教師のトム・スミスは映画版でも最高の配役だったが、実際にかなりクセのある人だった事がこの本を読むとよく分かる。

競馬ファンでなくとも一気読み間違いなしの熱い競馬小説を日本、イギリス、アメリカ各国一作品ずつ紹介した。 初心者のみなさんは、競馬へのとっかかりとして読んでみてはいかがだろうか。 もちろん競馬好きの人は、細かい所まで楽しめるのでさらに深く作品にのめり込んでしまうだろう。 そして綿密に調べ上げ、計算された競馬と人間のドラマは、必ずやあなたを睡眠不足にすることだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line