TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】伊勢志摩サミット2016開催記念予想
コラム

覆面馬主【データの8号】伊勢志摩サミット2016開催記念予想

覆面馬主 データの8号
続いて京都の結論ですが、まずはデータの師匠からいただいた単勝推奨馬の結果(土曜日)を振り返ります。

新潟11R ◎ ⑮アレスバローズ・1着!
東京03R ◎ ⑭タイトルリーフ・4着!
東京05R ◎ ⑫スカイムーヴァー・4着!
東京06R ◎ ⑨マイネルトゥラン・3着!
東京09R ◎ ④クィーンズベスト・1着!
東京11R ◎ ⑭ロジチャリス・1着!
京都02R ◎ ⑨タガノジーニアス・9着
京都07R ◎ ⑮アースシンフォニー・8着
京都08R ◎ ①レッドディザーブ・6着

少々京都の結果がよくありませんが、恐らく師匠のことですから日曜日はキッチリ巻き返してくれるでしょう!

それでは京都の結論です。

まずは単勝推奨馬から
-------------------------------
京都01R ◎ ②マジメ(マイナス評価はスピード指数だけ)
京都07R ◎ ⑮ダラニ(芝→ダート替わりでの一変に期待)
京都08R ◎ ⑩リッチガール(ほぼすべての項目がプラス評価)
京都09R ◎ ③キズナエンドレス(減点も多いがそれ以上に加点を獲得)
京都10R ◎ ⑩マインシャッツ(マイナス評価はスピード指数だけ)
京都11R ◎ ⑦グランアルマダ(大きな減点項目がない優等生タイプ)
-------------------------------


続いて伊勢志摩サミット2016開催記念の結論です。

■京都11R 伊勢志摩サミット2016開催記念
芝2400m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【京都芝2400m】
4歳上1600万下

※過去10年の4歳上1600万下(芝2400m)の計21戦

●傾向

1、配当

〔平均配当・過去21戦〕
単勝・691円
複勝・242円
馬連・2785円
3単・55428円

2、人気

1番人気(5,4,2)
2番人気(5,6,4)
3番人気(2,2,3)
4番人気(4,1,5)
5番人気(2,2,3)
以上合計(18,15,17)

6番人気~9番人気(3,6,3)
10番人気以下(0,0,1)

上位人気が圧倒的に強い。21戦の馬券対象馬63頭中50頭は5番人気以内の馬が占めています。また1番人気(52%)と2番人気(71%)は複勝率も高いです。さらに5番人気以内の複勝率47%。6番人気~9番人気の複勝率14%や10番人気以下の複勝率2%未満と比べて圧倒的な差です。10番人気以下は狙えそうにないですね。

3、前走条件

馬券対象馬を(14,12,10)と多くを出すのは前走1600万下の現級組。ただ、複勝率が高いのは14頭の出走で8頭の馬券対象馬を出し、複勝率57%の前走重賞組。更に36頭の出走で15頭の馬券対象馬を出し、複勝率41%の1000万下組にも注目です。1600万下組の複勝率20%と比べて1000万下などの条件に出走していた馬の好データが目につきます。なお、前走OP特別組は複勝率15%と最も低いデータとなっています。

4、前走コースと距離

〔前走のコースと距離別データの複勝率〕
京都2200m(62%)
京都2400m(46%)
京都3000m(35%)
東京2000m(27%)
中山2200m(22%)
※5頭以上の出走

前走京都組が圧倒的に好成績。反対に数値が低いのは、東京2400m(4%)、阪神2000m(7%)、阪神2400m(11%)となっています。東京は2000mのデータは良いですが、総じて東京と阪神組は低い数値と言えるでしょう。

5、前走着順

前走1着~2着(9,9,8)複勝率47%
前走3着~4着(6,3,5)複勝率37%
前走5着~6着(2,4,2)複勝率23%
前走7着~8着(1,2,3)複勝率17%
前走9着~10着(2,1,1)複勝率13%
前走11着以下(1,2,2)複勝率7%

前走連対馬の複勝率は50%近くと非常に高いデータ。基本的に人気馬が好走するケースの多いレースですので「前走好走=人気」と考えれば納得の数値でしょう。

6、騎手(京都芝2400mの過去3年のデータ)

(※今回の出走騎手に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位・浜中俊騎手
2位・藤岡佑介騎手
3位・幸英明騎手
4位・酒井学騎手
5位・和田竜二騎手

7、血統(京都芝2400mの過去3年のデータ)

(※出走馬の種牡馬に限定)

複勝率(出走5回以上)
1位アドマイヤドン
2位デュランダル
3位ディープインパクト
4位ハーツクライ
5位サムライハート

以上のデータを踏まえて本命に決めたのは…

◎アドマイヤオウジャ

データからこの条件は前走京都コースに出走していた馬が好成績を残していますので、狙いの中心は前走京都組。また前走1000万下組の複勝率も高いですから積極的に昇級組を狙います。

そして本命に決めたのはアドマイヤオオジャ。前走は1000万下の京都2200mを逃げ切り勝ち。父は血統データ上位のディープインパクト、管理するのはこのコースに強い橋田厩舎と、アドマイヤオウジャは複数のデータに一致します。

道中では一時後続に10馬身ほどの差を付けつつ、3角手前で追いつかれて4角前では先頭を逃げていたものの一団となって直線へ。それでも結局最後まで後続の追撃を振り切って1着。しかも、これまで1200m~1600mを使われていた馬が前走は2200mへ距離延長して好走しました。今回はもう1ハロン距離を伸ばした2400mですが、陣営が引き続きここを使うのですから距離の心配はないでしょう。

ここは複数のデータに一致するアドマイヤオウジャを本命に決定です。


◎⑨アドマイヤオウジャ
○⑭サンライズタイセイ
▲④ウインスペクトル
☆⑩ウェスタールンド
△①エーティタラント
△②タイセイアプローズ
△⑮ヤマイチパートナー

馬券は単複と馬連を本線。1頭軸マルチの3連単も少々。


オークス
韋駄天S



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line