TOP > 競走馬 > 「アジュールローズ」馬体のバランスよし。成長力に期待!【2016年日本ダービー】
競走馬

「アジュールローズ」馬体のバランスよし。成長力に期待!【2016年日本ダービー】

デビューはダート1600mで2着だったアジュールローズ。初戦こそは落としてしまったが続く未勝利戦では接戦を制した。芝初戦の500万以下では4着と敗れてしまったがその後の500万以下では快勝。そして前走プリンシパルSでは見事な先行抜け出しでダービーの出走権を手に入れた。勢い十分にダービーに参戦するアジュールローズについてまとめてみた。
アジュールローズ

【2歳未勝利】接戦を制し初勝利!

新馬戦2着で挑んだ未勝利戦。先行集団を前に見る形でレースを進める。最終コーナーを絶好の手応えで迎え、直線では残り300m辺りで先頭に立ち、最後は追い詰められたものの、アタマ差抑え切った。
動画を見る

【3歳500万以下】芝2戦目も難なくクリア!

芝2戦目となったこのレース。道中は2番手でピッタリ折り合い、直線へ。残り100mで抜け出すと外から追い込んできたステイパーシストを抑え切って快勝。
動画を見る
inyofu 1着 アジュールローズ(柴山雄一騎手) 「馬がしっかりしてきたこともあり、楽に前につけられて、人気馬を見ながら運びました。4コーナーで一旦手応えが怪しくなりましたが、坂を上がって後続が来るとエンジンがかかり、あとは楽でした。折り合いに問題がないので、距離が延びても大丈夫そうです」
inyofu (古賀慎明調教師) 「4コーナーの反応に一瞬ヒヤッとしましたが、そこからはいい脚でした。最後は余裕もありましたね。距離を延ばしてこれだけやれたのは、先々に向けてもよかったです」

【プリンシパルS】最内枠から先行抜け出し!

ダービーの出走権を懸けて挑んだプリンシパルS。道中は前を行く2頭から離れた3番手を進む。直線ではその2頭の外から進出する。残り200mで前を捕らえるとそこから押し切って勝利を手にした。
動画を見る
inyofu 1着 アジュールローズ(ボウマン騎手) 「勝てて嬉しいです。自分の乗った馬がダービーに出られる、というのはいいですね。内枠でしたし、枠の有利さを生かしたいと思っていました。前2頭がちょっとはやいかなと思いましたが、自分のペースを守っていけましたし、2400mでも走れそうな感覚で勝つことができました」
inyofu (古賀慎明調教師) 「ペースが早いかな、と思って見ていましたが、自分のフットワークで走れたのが良かったですね。ダートから使い出してここまで来ましたが、まだまだ伸びしろもありそうです」

【日本ダービー】直前情報 軽快な走りで陣営も好ムード

inyofu プリンシパルS優勝馬アジュールローズは南ウッドで3頭併せ。僚馬2頭を前に見る形で5ハロン69・1―39・2―13・0秒(馬なり)。軽快な走りで内から併入した。陣営も好ムードだ。
古賀慎調教師のコメントはこちら↓
inyofu 「予定通り。疲れも取れて順調です。前走でいいレースをしてくれた。さらに上積みを期待して送り出したい」

未勝利、500万以下と一回の敗戦後に勝利を収めていることから非常に学習能力、高い適応力を持っている。その経験値が前走のプリンシパルSで活かされ勝利につながった。このローテーションは不利とされているが、持ち前の高い能力で2400mの距離も克服してくれるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line