TOP > エンタメ・雑学 > 名作“ダビスタ”を作った男が馬主に!?競馬ゲームの歴史まとめ
エンタメ・雑学

名作“ダビスタ”を作った男が馬主に!?競馬ゲームの歴史まとめ

日本には数多くの競馬ゲームが存在する。
競馬に興味のなかった人間がゲームをきっかけに競馬ファンになることも少なくない。
今回は、そんな競馬ゲームの金字塔『ダービースタリオン』の歴史をまとめてみた。
競馬

競馬ゲームの金字塔『ダービースタリオン』とは?

inyofu 『ダービースタリオン』(Derby Stallion)とは1991年にアスキーから発売された『ベスト競馬・ダービースタリオン』(Best Keiba Derby Stallion)をはじめとした、競馬シミュレーションゲームのシリーズである。1990年代半ばに一大ブームを築き、競馬シミュレーションゲームの草分け的存在となった。
inyofu プレイヤーは競馬における生産者・馬主・調教師を兼ねる立場となり競走馬の生産、調教、出走を繰り返しながらJRAの全GI競走タイトルの獲得を目指す(エンディング後もゲームは続行できる。一部作品ではエンディングの条件が異なる)。また、PC-9800シリーズ版以降の作品ではパスワードを持ち寄ることによってプレイヤーが育てた馬同士で対戦する「ブリーダーズカップ」モードが追加された。
inyofu 本作の場合はプレイヤーの所有馬以外には馬主や厩舎の個別データ設定が存在せず、またゲームの進行に応じてそれらが変化することもない。したがって同じライバル競走馬や繁殖牝馬が数年おきに同じ能力で繰り返し登場し、種牡馬や騎手・調教師にも死亡・引退がない。

ダービースタリオンを作った男『薗部 博之』は本物の馬主に!

inyofu 1984年に株式会社アスキーへ入社、1988年に『ベストプレープロ野球』を開発。1989年に退社後フリーとなるが、この間に競馬シミュレーションゲーム『ダービースタリオン』を開発、1996年にパリティビットを設立する。
inyofu "おもな所有馬 スタープログラマー(1997年葵ステークス・1998年サンライズステークス)
バランスオブゲーム(2001年新潟2歳ステークス・2002年弥生賞・セントライト記念・2003年毎日王冠・2005年中山記念・2006年中山記念・オールカマー) アブソリュート(2009年東京新聞杯・富士ステークス)
アイポッパー(一口馬主、2006年ステイヤーズステークス・2007年阪神大賞典)
ローゼンカバリー(一口馬主) "

ダービースタリオンはアイドルの登竜門!?歴代イメージガール

inyofu "初代 広末涼子:ダービースタリオン96
2代目 さとう珠緒:ダービースタリオン(プレイステーション版)
3代目 優香:ダービースタリオン99
4代目 小倉優子:ダービースタリオンアドバンス
5代目 白石美帆:ダービースタリオン04
6代目 里久鳴祐果:ダービースタリオンP "

初代の広末涼子をはじめ、豪華なメンバーの歴代イメージガール。
もはやアイドルの登竜門といっても過言ではないだろう。

競馬なのにパチンコ!?CRダービースタリオン

ダービースタリオンがきっかけで競馬予想家になった亀谷敬正

inyofu 1976年生まれ、東京都出身。競馬ゲーム「ダービースタリオン」をきっかけに競馬ライターとなり、血統を中心としたさまざまなデータから独自の理論を構築。21歳から「競馬予想TV!」(フジテレビTWO)に出演。数々の著書を世に出している。
まさかそうなるとは思っていなかった、という展開がまさに競馬そのものである。
1990年代半ばに一大ブームを築き、競馬シミュレーションゲームの草分け的存在となった『ダービースタリオン』。
シリーズ国内累計売上本数は600万本を超え、歴代イメージガールには名だたる著名人が名を連ねており、
競馬界に与えた影響も大きい。家庭用テレビゲーム機でのソフト作品としては2004年以来新作の発表は無いが、
人気は未だに根強く、『ダービースタリオン』によって生まれた名馬が再びターフを駆け抜ける日を心待ちにしてるファンも多い。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line