TOP > レース > この時期は地方競馬もアツい!【ダービーWeek2016】まとめ
レース

この時期は地方競馬もアツい!【ダービーWeek2016】まとめ

5月29日は東京競馬場で東京優駿、通称『日本ダービー』が開催されます。

そして2006年以降、この『日本ダービー』付近に地方競馬6主催者が揃って各地でダービーにあたる競走を開催。 【ダービーWeek】と呼ばれる一大企画になっています!
馬キュレ

【2016年ダービーWeek】
5月29日(日)『九州ダービー栄城賞』[佐賀競馬場ダート2000m]
5月31日(火)『北海優駿』[門別競馬場ダート2000m]
6月6日(月)『岩手ダービーダイヤモンドカップ』[盛岡競馬場ダート2000m]
6月7日(火)『東海ダービー』[名古屋競馬場ダート1900m]
6月8日(水)『東京ダービー』[大井競馬場ダート2000m]
6月16日(木)『兵庫ダービー』[園田競馬場ダート1870m]



まずは対象の6レースを1鞍ずつ個別に紹介して参りましょう!

【5月29日(日)『九州ダービー栄城賞』】

佐賀競馬公式サイト
四国・九州地区の3歳馬による頂上決戦。格付けとしてはS1(独自グレード)となっています。

このレースは既に枠順が確定しており、今年はフルゲート12頭が集まっています。

1枠1番コスモカット(牡・佐賀)
2枠2番ドンプリムローズ(牝・佐賀)
3枠3番サプール(牡・佐賀)
4枠4番トサノナデシコ(牝・高知)
5枠5番タイムオブレディー(牝・佐賀)
5枠6番ウインヴォルケーノ(牡・佐賀)
6枠7番ドンゲイボルグ(牡・佐賀)
6枠8番スイシン(牝・佐賀)
7枠9番イツモシアワセ(牝・高知) 7枠10番オダツ(牝・佐賀)
8枠11番ダンツブルース(牡・佐賀)
8枠12番パイロット(牡・佐賀)
地方競馬 データ情報

有力馬は2月に開催されたトライアルレースの飛燕賞(S1)を制したサプールと、3月に中央から佐賀に転入し目下5連勝中のコスモカット。飛燕賞での2着以外は佐賀で快進撃を続けている(7戦6勝)ドンプリムローズも見逃せません!

【5月31日(火)『北海優駿』】

北海道競馬公式サイト
北海道地区の3歳馬による頂上決戦。
格付けとしてはH1(独自グレード)となっており、北海道三冠(北斗杯、北海優駿、王冠賞)の二冠目にあたります。

今年は5月26日正午現在11頭が出走を予定していますが、中でも注目しておきたいのは二冠目奪取が懸かる北斗杯勝ち馬スティールキング。
大井からの再転入2戦目だった北斗杯で1馬身差2着、続くトライアル戦を快勝したジャストフォファンの逆襲にも注目が集まります。

【6月6日(月)『岩手ダービーダイヤモンドカップ』】

岩手競馬公式サイト
岩手には盛岡競馬場と水沢競馬場の2つがあり、秋に開催される『不来方賞』も「岩手のダービー」として広く認識されている1戦ですが、ダービーWeekの対象となっている「ダービー」はこちら。カウンテスアップ、スイフトセイダイ、メイセイオペラなど広く名を知られた面々が歴代勝ち馬に名を連ねています。

まだ出走予定馬は発表されていませんが、注目は2年前のライズラインを含め過去3頭の勝ち馬を輩出しているトライアルレース「やまびこ賞」組。今年の勝ち馬エンパイアペガサスは盛岡・水沢で7戦5勝2着2回、おまけにこの5勝は5連勝。1300m~1800mの勝ち鞍しかありませんが、2000mの今回も出走してくれば最有力候補と言えるでしょう。
そのやまびこ賞でエンパイアペガサスを半馬身差まで追い詰めたメジャーリーガーも、水分を含んだ時計の速い馬場になれば怖い存在です。

【6月7日(火)『東海ダービー』】

名古屋競馬公式サイト
北陸・東海地区の3歳馬による頂上決戦。格付けとしてはSP1(独自グレード)となっています。
昨年は出走12頭中11頭が牝馬で(東海オークス・・・・・?)、断然人気に推されていたのもトライアルレースの駿蹄賞を8馬身差で圧勝した牝馬ハナノパレードでした。
ところが本番を勝ったのは唯一の牡馬で、中央(2戦未勝利)→兵庫(8戦3勝)から転入してきたばかりのバズーカ。単勝1.3倍のハナノパレードは前哨戦の疲労が祟ったのか最下位に敗れています。
今年駿蹄賞を3馬身差で楽勝したのが、名古屋・笠松で6連勝中の牡馬カツゲキキトキトです。昨年の『牡馬』に続けるか、あるいは昨年の『駿蹄賞勝ち馬』に続いてしまうのか・・・・・。いずれにしても中心を担う1頭であることは間違いないでしょう。

【6月8日(水)『東京ダービー』】

大井競馬公式サイト
南関地区の3歳馬による頂上決戦。格付けとしてはS1(独自グレード)となっています。

地方競馬の独自グレード(東京大章典などの『交流重賞』以外の)レースとしては最高賞金を誇る、ダービーWeekの中でも特に注目が集まる1戦です。まだ日数があるため正式な出走予定馬は発表されていませんが、南関三冠(羽田盃、東京ダービー、ジャパンダートダービー)の二戦目である関係上、必然的に羽田盃勝ち馬のタービランスに注目が集まります。
他の注目馬としては、そのタービランスを年明けのニューイヤーCで下しているモリデンランス(休み明けだった東京湾Cでは5着。叩いた上積みに期待)、5月16日に開催された『東京ダービートライアル』勝ち馬のラブレオなど。

そしてもう1つ『東京ダービー』と言えば欠かせない話題が、「大井の帝王・的場文男騎手」でしょう。通算6800勝以上を挙げている『大井競馬のレジェンド』であり、東京ダービーには過去34回騎乗。1番人気になったことも何度もあるものの、2着9回、1着はゼロ。
今年は全日本2歳優駿3着、羽田盃4番人気9着のアンサンブルライフで参戦予定となっています。

【6月16日(木)『兵庫ダービー』】

兵庫競馬公式サイト
近畿地区の3歳馬による頂上決戦。格付けは特に無く「兵庫重賞」となっています。
兵庫三冠(菊水賞、兵庫チャンピオンシップ、兵庫ダービー)の三冠目となっていますが、2戦目が中央勢なども交えての交流GIIになっている関係上、三冠達成馬は2001年のロードバクシン1頭のみです。

今年は一冠目の菊水賞を勝ったのが紅一点のシュエットで、10番人気を覆しての大金星。二冠目の兵庫チャンピオンシップをパスし次走は未定ですが、牝馬路線ではなく兵庫ダービーを狙ってくる可能性もおおいにあるでしょう。
菊水賞1番人気3着だったエイシンニシパ、2番人気2着だったタケマルビクターは共に兵庫チャンピオンシップに参戦しており、掲示板を独占したJRA勢に続く6、7着。
6着のエイシンニシパと7着のタケマルビクターの間が2秒6も開いていたことを考えると、同じ舞台の今回もエイシンニシパの方に軍配が上がりそうです。
菊水賞3番人気6着だったノブタイザンも、昨年末の『園田ジュニアカップ』を単勝1.2倍で快勝していることを思えば復調すれば怖い存在ですね。



なお【ダービーWeek】対象の各レースの勝ち馬(東京ダービーのみ1、2着馬)は、7月に開催される『ジャパンダートダービー』出走に向けての大きなアドバンテージが与えられます。
詳細はこちら⇒ダービーウイーク2016 【ダービーウイークについて】

各地区の頂上決戦と、それらを一同に会しての頂上決戦。中央の馬も参戦する交流GI『ジャパンダートダービー』は7月13日(水)に大井競馬場のダート2000mで開催される予定ですが、【ダービーWeek】対象の注目レース兼『ジャパンダートダービー』の超重要前哨戦でもあるこの6鞍も、競馬ファンとして絶対に見逃せませんね!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line