TOP > コラム > 覆面馬主【砂の6号】5月28日(土)東京9R・東京12R予想
コラム

覆面馬主【砂の6号】5月28日(土)東京9R・東京12R予想

覆面馬主 砂の6号
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

今週末はファン待望の競馬の祭典・日本ダービーが行われますが、地方競馬でも各地区の世代ナンバー1を決める頂上戦・ダービーが行われます。

そして毎年、この各地区のダービーが行われる期間を『ダービーウイーク』と銘打って、全国の地方競馬場を舞台にホースマンの夢をかけた砂上の熱戦が繰り広げられます!

今年の日程は以下のとおり
-----------------------
★☆ダービーウイーク2016☆★
5月
29日(日)九州ダービー 佐賀競馬場
31日(火)北海優駿   門別競馬場

6月
6日(月)岩手ダービー 盛岡競馬場
7日(火)東海ダービー 名古屋競馬場
8日(水)東京ダービー 大井競馬場
16日(木)兵庫ダービー 園田競馬場

うまキュレ内特設ページはこちら
-----------------------

当うまキュレでも、何かダービーウイークに相応しいイベントをやって盛り上げよう!ということで、今年は不肖・私6号が『ダービーの全レース予想』を行うことになりました。

もちろん、ただ予想するだけではありませんよ!

この6連戦に見事勝ち越した暁には、

7号サンから皆さまへ素敵なプレゼント
『とっておきのスペシャル・オフレコ馬券』
が公開されることが決定しました!これでウハウハ、大もうけは間違いなし!?

みなさま、スペシャル・オフレコ馬券が欲しいですか~!?


・・・・・。


はい。大変良いお返事が聞こえてきましたね!

ただ、この話を7号サンとしたときに、、
『そのかわり、お前、負け越したらただじゃ済まさねーからな!覚悟しておけよ』という脅しを受けたことは言うまでもありません。
ホントに怖いですよね、あの人。。負け越したら一体なにをされることやら、、

まあ何はともあれ。
この機会に、普段は“地方競馬なんて興味ないよ”という方も、各地区で行われる頂上戦・ダービーに、是非ご注目ください!
※初回の予想は土曜日の夜に公開予定です。


それでは、予想に参りましょう。
土曜日のターゲットは、ダート1400mで行われる東京9R『富嶽賞』(4歳上1000万下)。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。

東京1400mのスタート地点は、向こう正面の直線入り口付近。
最初のコーナーまでは約442mあり、下りからのスタートとなるのが最大の特徴。
当然、最初の3ハロンは速くなる傾向にあり、その分上がりがかかるレースになることが多い。
なお、最初のコーナーまで距離があるため、枠番による有利不利は気にする必要はない。
また、1600mほどではないが、逃げ切ることは難しいコース。
脚質は先行、差し馬が優勢だが、ペース次第では先行馬同士、差し馬同士の決着となることも多い。

★☆土曜東京9R・『富嶽賞』の予想☆★
参考にするのは同時期に同コースで行われた過去5回の富嶽賞。
ただし、2013年のみワカタカCの名称で行われている。

①配当
過去5回の馬連平均配当は5,170円。
新しい順に630円、18,510円、1,750円、2,780円、2,170円。

万馬券は1度だけで比較的平穏な傾向

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2015( 2→ 1人気)
2014( 5→11人気)
2013( 5→ 1人気)
2012( 1→ 5人気)
2011( 4→ 2人気)

1番人気は(1-2-0-2/5)という成績。
また、2勝、2着1回と活躍が目立つ5番人気には、今年も注目したい

③性齢と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量  ※括弧内は左が1着
2015(牡5_57.0→牡5_57.0)
2014(牡5_57.0→牡6_57.0)
2013(牡5_57.0→牡4_57.0)
2012(牡4_57.0→牡5_57.0)
2011(牡5_57.0→牡4_57.0)

優勝馬は5歳馬が4勝で最多。
連対馬は4~5歳馬が9頭を占める。

④位置取り
連対馬の4角位置  ※括弧内は左が1着
2015( 1→ 7番手) 良
2014( 9→ 4番手) 良
2013(10→ 3番手) 良
2012( 6→ 8番手) 良
2011( 3→ 3番手) 不

脚質による有利・不利はあまり関係なさそう。
また、11~14年はいずれも最速の上がりをマークした馬が優勝しており、
今年も速い上がりが使える馬には注意が必要

⑤所属
過去5回の連対馬は、関東馬が8頭で優勢

⑥種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はいない

⑦騎手
複数回連対している騎手は蛯名騎手と横山典騎手で、共にが1勝、2着1回と好成績

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
過去の連対馬10頭中9頭は、前走4月以降のレースに使われていた。
また例外の1頭の前走レースは3月だった。

⑨前走コース・距離
連対馬の前走コースと距離は以下の通り
東京ダ1300m:3頭
東京ダ1400m:3頭
中山ダ1200m:1頭
新潟ダ1200m:1頭
阪神ダ1400m:1頭
中京ダ1400m:1頭

前走東京コースが6頭で最多。
また前走距離はすべて1400m以下だった

⑩前走レース・着順
連対馬の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。
前走・1000万下 :9頭(2、2、5、3、2、8、12、3、3)
前走・ 500万下 :1頭(1)

前走500下組は1頭だけで苦戦傾向。
また、前走1000下組で連対した9頭中6頭は前走で3着以内に好走していた

⑪左回りコース実績
過去5回の連対馬10頭には、左回りコースでの勝利実績があった。

⑫クラス実績
過去5回の連対馬10頭中8頭には、1000万クラスで3着以内の実績があった。
また、例外の2頭にも、それぞれ1000万クラスで4着、5着という実績があった

データは以上。


過去の傾向からは5歳馬が優勢のレースだが、レースの施行時期を考えると、やはり注目しなければならないのは、次週に降級を控えた4歳馬。
わざわざ降級前にココに出走してきたということは『勝って同条件』を狙っていることは明白だ。

今年のメンバーの中で、4歳馬は7頭。
データからは今回が距離短縮となる馬は減点、そして前走で掲示板を外している馬もマイナス評価となる。
この2つの条件をクリアする4歳馬は、オメガハイヌーンとクワドループルの2頭だけだ。


☆東京9R・結論☆

 ◎⑥クワドループル
 ○⑨アナザーバージョン
 ▲③ラテラス
 ☆④オメガハイヌーン
 △⑫ナムライチバンボシ
 △⑬リターンラルク
 △⑭アイファーサンディ

今回、本命に推したいのは◎クワドループル。
前走は直線で内の狭いところに入ってしまい、前を捌くのに手間取り4着惜敗。
うまく捌けていれば、と思わせる惜しい内容だっただけに、少なくとも同レースでクビ差だったアナザーバージョンとの着順は逆転できそうだ。
また、東京ダート1400mは安定した成績を残している得意舞台で、陣営もここを勝っての『1000万2勝』を狙っていることだろう。

○は、前走でクワドループルに先着しているアナザーバージョン。

▲は、たまに不可解な大負けがあるのが気掛かりだが能力はあるラテラス。

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑥
 馬単⑥ ⇔ ⑨③④⑫⑬⑭

少額で軸1頭の三連複

 ⑥ = ⑨③④⑫⑬⑭


-----------------------
★☆おまけ、の東京12R『4歳上1000万下』の予想☆★

おまけは、東京ダート1600mで行われる『4歳上1000万下』をピックアップ。

このレースで注目したいのは、やはり降級を待たずに『勝って同条件』を狙ってきた4歳勢。

中でも近走の成績から、勝負気配が強いのは◎オールマンリバーと○ビスカリアの2頭だろう。

☆東京12R・結論☆

 ◎⑬オールマンリバー
 ○⑦ビスカリア
 ▲⑥アサクサスターズ
 ☆③クラーロデルナ
 △⑨ワイルドダラー
 △⑭ツインキャンドル
 △⑯アチーヴ

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑬
 馬単⑬ ⇔ ⑦⑥③⑨⑭⑯

少額で軸2頭の三連複

 ⑦⑬ = ⑥③⑨⑭⑯

以上、6号でした。


私6号が担当するコラム
『砂の惑星から来た勇者たち』はこちら




※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line