TOP > コラム > 覆面馬主【砂の6号】九州ダービー(栄城賞)・日本ダービー予想予想
コラム

覆面馬主【砂の6号】九州ダービー(栄城賞)・日本ダービー予想予想

覆面馬主 砂の6号
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

さて、みなさまお待ちかね!

7号さんプレゼンツ『とっておきのスペシャル・オフレコ馬券』を賭けた、ダービーウイーク6番勝負がスタートします。


みなさま、スペシャル・オフレコ馬券が欲しいですか~!?


・・・・・。


はい。今回も大変良いお返事が聞こえてきましたね!



地方競馬では、今週の日曜日に行われる『九州ダービー(栄城賞)』を皮切りに、各地区の世代ナンバー1を決めるダービーが行われます。

その日程は以下のとおり
-----------------------
★☆ダービーウイーク2016☆★
5月
29日(日)九州ダービー 佐賀競馬場
31日(火)北海優駿   門別競馬場

6月
6日(月)岩手ダービー 盛岡競馬場
7日(火)東海ダービー 名古屋競馬場
8日(水)東京ダービー 大井競馬場
16日(木)兵庫ダービー 園田競馬場

ウマキュレ内特設ページはこちら
-----------------------


今年は不肖・私6号が地方競馬『ダービーの全レース予想』を行うことになり、そして見事この6連戦で勝ち越した暁には、7号サンから皆さまへ素敵なプレゼント『とっておきのスペシャル・オフレコ馬券』が公開されることが約束されています!

みなさま、目黒記念終了後には、ぜひチャンネルを佐賀競馬の方へお切り替えください。レースは佐賀競馬11R・発走は18:10です。
ライブ映像はこちらから見ることが出来ます

なお、JRAのPAT(A-PAT、IPAT)でも佐賀競馬の馬券購入が可能ですので、この機会にぜひ馬券でもお楽しみください!


それでは、さっそく予想に参りましょう。
ダービーウイーク最初のターゲットは、佐賀競馬場のダート2000mで行われる九州・四国地区の世代頂上戦『九州ダービー・栄城賞 』(3歳オープン)。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。

佐賀競馬場は、2011年に荒尾競馬(熊本県)がなくなったことで、現在九州地区で地方競馬が開催されている唯一の競馬場。
全長1100mは、1200mが多い地方競馬場の中では、やや小さい部類。直線距離は200mで、右回りのコース。
佐賀競馬場のダートが他と比べて白っぽく見えるのは、錯覚ではなく砂質が違うため。
他地区と比べても走破タイムが速くなる傾向なのは、この砂質が一役買っているといわれる。

栄城賞が行われる2000mのスタート地点は、2コーナー奥にあるポケット地点。
3コーナーまでは向こう正面の直線いっぱいを走るため、それなりの距離がある。よって枠順による有利不利はあまり気にしなくても良い。
勾配のない平坦なコースで、きついコーナーを6回もまわるため、やはり逃げ・先行馬が圧倒的に有利。
また、内のほうが砂が深いため、最後の競り合いではラチ沿いを避けて走るケースが多いのも特徴。


★☆佐賀競馬11R『九州ダービー・栄城賞』の予想☆★

過去5年のレース傾向を見ると、2011年に荒尾ダービーが廃止となったことで佐賀三冠レースの一冠目となった飛燕賞の好走馬が活躍しており、連対馬10頭中7頭が飛燕賞で掲示板を確保していた。

今年のメンバーで飛燕賞で好走した馬は、同レースの1着馬サプールと、2着馬ドンプリムローズの2頭だけ。
実績的に抜けているだけに、今年はこの2頭に人気が集まりそうだ。

また、今年の見どころのひとつは、この有力馬2頭を管理する真島厩舎と東眞市厩舎がそれぞれ2頭出しを敢行してきていること。
どちらも自厩舎の有力馬に有利なレース展開になるように仕掛けてくるはずで、人気薄の立ち回り方ひとつで、結果も大きく変わってきそうだ。

そして、もうひとつのポイントはスタートに不安のあるサプールが内枠を引いてしまったこと。 出遅れてしまった場合は、砂の深い内を通るか、大外を回すかの2択しかなく、ここでのロスは避けたいところだろう。

また、サプールは1冠目の飛燕賞を快勝した後は、古馬B級クラスを相手に2連敗。
過去に人気を背負ってダービーを勝つような馬は、このクラスの古馬なら問題にしなかった例が多いだけに、ここ2戦の結果を頼りなく思うファンも多いことだろう。


☆佐賀11R・結論☆

 ◎②ドンプリムローズ
 ○③サプール
 ▲⑧スイシン
 ☆①コスモカット
 △⑥ウインヴォルケーノ
 △⑩オダツ

今回、本命に推したいのは◎ドンプリムローズ。
昨年の7月に門別でデビューした馬で、4戦目から佐賀に移籍して、これまで(6-1-0-0/7)という抜群の成績を残している。
前走のル・プランタン賞(牝馬限定重賞)では、レース前に放馬するアクシデントがありながらも貫禄の勝利。
この勝利には、敗戦となった飛燕賞での反省を活かした、鞍上の真島正騎手の好騎乗も光った。

今回は飛燕賞で先着を許したサプールとの再戦となるが、飛燕賞では勝負どころで前を行く馬がカベになっているところを外からサプールに一気に来られてしまい、そのままセーフティリードを許してしまった。

敗因がハッキリとしている以上はリベンジのチャンスは十分にあるといえ、ここで雌雄を決して、名実共に世代ナンバー1の称号を手中に収めたいところだ。


馬券の本線は馬連

 ② = ③⑧①⑥⑩

それと軸1頭の三連複

 ② = ③⑧①⑥⑩


-----------------------
★☆おまけ、の東京10R『日本ダービー』の予想☆★

おまけは、先日公開した特別コラム『ダービーの思い出』の中でも触れたように、東京芝2400mで行われる『日本ダービー』をピックアップ。

もちろんダート競走ではありませんが、競馬の祭典ということで、私6号も僭越ながら予想に参加させて頂きます!

当初、今年の『お気に入り応援馬』は、バプティスタの子供バティスティーニでしたが、ご存知のとおり、故障により早々に戦線を離脱。
この母バプティスタは、ダートで大差勝ちしたデビュー戦がとても鮮烈だった馬で、バティスティーニはその子供ということでデビュー前から注目をしていました。

今年は残念ながら、応援馬が無事にスタートラインに立つことすら叶いませんでした。。

そして、このバティスティーニの戦線離脱後に、新たに私6号の応援馬に昇格したのが、若駒Sでみせた『ラスト3F32.6』の末脚が強烈だったマカヒキ。
マカヒキの母ウィキウィキは、条件戦ながらダートで(1-3-0-1/5)という成績を残したダート馬でした。

今年の3歳世代は、ディープインパクト産駒の『ヴィンテージ・イヤー』であるという巷の見解に、私6号もまったくの同感。
ダービーは、先週のオークスを快勝したシンハライトと共通点の多い(同じ父、同じ枠番、ソックリの戦績など)応援馬・マカヒキをアタマに勝負したいと思います!

なお、対抗には、皐月賞が“叩き”だったことが明白の、同じくディープインパクト産駒のサトノダイヤモンドをチョイス。

☆東京10R・結論☆

 ◎③マカヒキ
 ○⑧サトノダイヤモンド
 ▲①ディーマジェスティ
 ☆⑬レッドエルディスト
 △⑭ヴァンキッシュラン

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝③
 馬単③ → ⑧

少額で三連単フォメーション

 1着③
 2着⑧
 3着①⑬⑭

 1着③
 2着①⑬⑭
 3着⑧

以上、6号でした。

※ダービーウイーク6番勝負!2戦目の『北海優駿』予想は30日(月)夜に公開予定です。




※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line