TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~東京編~【5月28日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~東京編~【5月28日版】

抱きしめて!ミスターP
それでは続いて東京編です!

馬主なら自分の馬が走るときの力の入り具合は言うまでもありませんが、日頃から良くしていただいている馬主さんの持ち馬が出走するときも力が入ってしまうもの。ま、本音を言うと祝勝会を楽しみにしているのもありますが、何と言うのでしょうか「勝利の喜びを共有できる」という部分が大きいのは間違いありません。

しかもそれがダービー週にもやってくると思うとワクワクが止まりませんからね!

愛すべきミスターPたちの活躍を願いながら、年に一度の“競馬の祭典”ダービー週を楽しんでまいりたいと思います!


ということで、京都編に続いて東京でも抱きしめたいミスプロ系をご紹介します!

■東京4レース!3歳未勝利

◎④ミスドバウィ

このレースは外国産馬のミスターPが多いですね。紹介するミスドバウィの父はドバウィ(その父ドバイミレニアム)ですし、スワーヴラーシドの父はポエッツヴォイス(その父ドバウィ)。さらにナスノフラッシュの父はシドニーズキャンディで、エアオブザドラゴンの父はメディシアンです。ドバウィはともかくポエッツヴォイス、シドニーズキャンディ、メディシアンの産駒は日本ではほぼ目にしません。しかもこのレースは他に2頭のミスターPがいます。ちなみに芝1600mの条件でサンデー系3頭に対してミスプロ系6頭というメンバー構成はなかなか無いと思います。
ダートの前々走は15着だったミスドバウィ。芝に戻った前走2着でしたし、引き続き東京のマイルなら馬券になってくれそうです!


■東京7レース!4歳上500万下

◎⑦ナンヨーアイリッド

父はミスターPのケイムホーム。母シンコウベルデ。ちなみにこの母は2001年のデビュー戦で3着、次走は2着に敗れているんですが、その時の勝ち馬がのちの重賞勝ち馬でエリザベス女王杯2着ダイヤモンドビコー。さらに次々走の未勝利戦は勝ち馬がのちのオークス馬レディパステルだった馬です。相手に恵まれませんでしたね。
それはともかく今回のナンヨーアイリッドはイケそうです!前走東京ダ1400m2着。今回は前走と同条件ですし、引き続きボウマン騎手なのも心強いです。“今度こそ!”でしょう。

東京は以上!


抱きしめて!ミスターP~京都編~



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line