TOP > エンタメ・雑学 > 2016年5月第5週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2016年5月第5週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2016年5月第5週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
マカヒキが激闘を制し、ダービー馬となった先週の競馬界。その裏では何が起こっていた!?
馬キュレ

【イスパーン賞】エイシンヒカリが海外GI連勝!

inyofu フランスのシャンティイ競馬場で行われたイスパーン賞(GI、芝1800m)は日本から参戦したエイシンヒカリ(牡5、栗東・坂口)が、好スタートから道中2番手で進むと、直線で早めに先頭に躍り出てそのまま後続を突き放し、圧勝を収めた。鞍上は武豊騎手、勝ちタイムは1分53秒29。
inyofu 2着は主導権を握って進んだダリヤン、3着は後方から追い上げたシルバーウェーヴが入っている。
動画を見る
エイシンヒカリが仏GIイスパーン賞を日本馬として初めて制した。前走香港Cと合わせて海外GI連勝を果たしたエイシンヒカリの次の目標は、6月15日に行われる英GIプリンスオブウェールズS。騎乗の武豊騎手は凱旋門賞挑戦も示唆しており、このコンビからまだまだ目を離せない。

第57回【宝塚記念】ファン投票! 第1回中間発表は?

inyofu 順位 馬名 性齢 投票数
1 キタサンブラック 牡4 18,932
2 ショウナンパンドラ 牝5 16,814
3 ラブリーデイ 牡6 15,575
4 ゴールドアクター 牡5 12,531
5 ミッキークイーン 牝4 11,799
6 マリアライト 牝5 7,674
7 ドゥラメンテ 牡4 7,552
8 モーリス 牡5 7,237
9 リアルスティール 牡4 6,483
10 サウンズオブアース 牡5 5,776
ファン投票により優先出走馬が決まる宝塚記念。第1回の中間発表では、菊花賞と天皇賞(春)を制したキタサンブラックが1位、昨年のジャパンCを制したショウナンパンドラが2位になっているが…。

ショウナンパンドラが宝塚記念を回避

inyofu 昨年のジャパンC(GI、芝2400m)を制したショウナンパンドラ(牝5、栗東・高野)が、左前脚球節を痛めた影響により、6月26日に出走を予定していた宝塚記念(GI、芝2200m)を回避することが明らかとなった。診断結果では腱や靱帯に異常は見られなかったようだが、大事をとって自重するとのこと。
前走ヴィクトリアマイルでも3着と好走し、適正距離の宝塚記念では11年ぶりの牝馬による戴冠が期待されていたショウナンパンドラだが、左前脚球節を痛めた影響により出走を回避する。第1回中間発表でも得票数2位と人気を集めていただけに残念である。

ディーマジェスティが愛GIチャンピオンSに登録

inyofu 今年の皐月賞馬ディーマジェスティ(牡3、美浦・二ノ宮)が、9月10日にアイルランドのレパーズタウン競馬場で行われる愛チャンピオンS(GI、芝10F)に登録したことが分かった。26日、JRAから発表された。
inyofu 愛チャンピオンSは、IFHA(国際競馬統括機関連盟)の発表する世界のトップ100GIレースで4位にランクインする欧州を代表するGIレースの一つで、ディーマジェスティが出走すれば日本調教馬として初めての出走となる。
今年の皐月賞馬にして、先日の日本ダービーでも3着と好走したディーマジェスティが、9月10日に行われる愛チャンピオンSに登録したことが発表された。また、同馬は10月2日に行われるフランスの凱旋門賞にも登録を行っており、今後の動向に注目が集まっている。

ダートGI7勝馬カネヒキリ死す

inyofu 2006年のフェブラリーS(GI、ダ1600m)などダートGI級を7度制覇したカネヒキリ(牡14)が、種付け中の事故のため、繋養先である北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで5月27日に死亡したことがJRAより発表された。
2005年と2008年、二度にわたってJRA最優秀ダートホースに輝いたカネヒキリが天に召された。2012年に種牡馬として第2の道を歩き出し、まだまだこれからという時期での突然の訃報。昨年の12月28日には父のフジキセキも他界しており、日本の優れた血統が早世してしまうのは非常に残念だ。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想!5月29日の結果発表!

inyofu 京都12R
◎⑩マーブルケーキ
○⑯ロイヤルパンプ
▲④スリーアロー
△⑪ドラゴンキングダム
△⑬ザイディックメア
△⑦タガノハヤテ
△⑤アースコネクター

前走はスタートが全て。京都替わりもプラスだし、叩き3戦目で1発ある。
inyofu 東京12R
◎⑤モンドインテロ
○③レコンダイト
▲⑥マリアライト
△⑩ヒットザターゲット
△⑮クリプトグラム
△⑯タッチングスピーチ
△⑨サムソンズプライド

ここ4戦で3勝。その3勝全てが2400。この距離は合う。あとは人気になりそうな牝馬との力関係だけ。
今回の東京12RはGII目黒記念
◎⑤モンドインテロ 5着
○③レコンダイト 4着
▲⑥マリアライト 2着
△⑩ヒットザターゲット 3着
△⑮クリプトグラム 1着
△⑯タッチングスピーチ 6着 
△⑨サムソンズプライド 8着
と、印を付けた馬が上位を独占した。

2016年5月第5週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
2つの重賞が行われた先週のJRAだが
日本ダービーでは3番人気マカヒキ
目黒記念では3番人気クリプトグラム
がそれぞれ制した。
史上稀に見るハイレベルなメンバーが激突した日本ダービー。
最後の直線ではマカヒキとサトノダイヤモンドが壮絶な叩き合いの末、わずか8センチ差の決着、どの馬が勝ってもおかしくない内容であった。
1着マカヒキ、2着サトノダイヤモンド、3着ディーマジェスティは今年の凱旋門賞に登録済み。
出走が確定している馬こそ居ないが、誰が出てもチャンスはある。
日本馬による凱旋門賞制覇を夢見させるに十分の好勝負を演じてくれた。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line