TOP > 予想/馬券 > 負け知らず!覆面馬主達の5月29日(日)の予想的中結果まとめ
予想/馬券

負け知らず!覆面馬主達の5月29日(日)の予想的中結果まとめ

覆面馬主達限定の予想結果を毎週振り返って読者の参考にしてもらったり、どの覆面馬主が今一番熱いのか、毎週の予想企画コラムから的中をメインにまとめてみた
馬キュレ

血統の1号

日本ダービー
inyofu 今年のダービーは、1強である。

ディーマジェスティは、オルフェーヴルを超える馬のような気がする。

そして、どう考えても東京競馬場向きである。

どこまでも伸びる脚と、心肺機能の凄さとが備わっているから、東京競馬場ならブッチぎるんじゃないかと思う。

血統面からも、この馬がイチオシだ。

母父ブライアンズタイムで、父ディープインパクトって実はあまり成功しにくいとされてたが、この馬の凄さは、祖母にある。祖母のシンコウエルメスは、兄に91年の英ダービー馬ジェネラス、全妹に01年英オークス馬イマジンを持つ欧州名門の血。
inyofu ◎1 ディーマジェスティ

△14ヴァンキッシュラン
△3 マカヒキ
△12リオンディーズ
△10スマートオーディン
△8 サトノダイヤモンド

注)もし、リオンディーズがきっちり折り合えて、中団からの競馬が出来たら、リオンディーズの圧勝もあるかもしれないが・・・。

オレのダービーの印は、こんな感じである。
断然◎がディーマジェスティで、あとの5頭は横並び。

書いていて何だか気持ち悪いくらい、今年はディープインパクト祭りの可能性が高いな。

馬券は、まず、ディーマジェスティの単勝(複勝は買わない)
馬単を強弱つけて。
頭固定で相手5頭の三連単、おさえに、軸一頭の相手5頭の三連複。

おそらく、アグネスフォルテが逃げて、1000m通過が、59秒くらいかな。58秒台かもしれない。
このくらい流れれば、間違いなくディーマジェスティが勝つ。
唯一怖いのは、超スローになった場合。
そうなると、切れ負ける危険性があるかもしれないが、まず、大丈夫だと思う。
1強と見て強気の本命に押したディーマジェスティは、道中マカヒキとサトノダイヤモンドをみる位置でレースを進め、直線は外へ。先頭に迫る勢いをみせたが、なかなか差が詰まらなかった。1号の予感は的中、上位3頭はディープ産駒でまさに祭りとなった。馬券はおさえた3連複850円的中!

牝馬限定の5号

東京4R
inyofu ◎6 マイグランクロア

関西からの遠征馬ですが、この馬、栗東の坂路の時計がヤバいですね。
大幅に調教時計を詰めて、51秒台。
ぐいぐい成長しているのが、分かります。
ゴールドアリュール産駒だし、人気もあまり無さそう。
ここは、穴狙いでいってみたいと思います。

◎6 マイグランクロア
〇9 テンプルツリー
▲12ヤマイチジャスティ
☆16キョウワクロニクル
△14ジュアンマリエ
△11ファド
△3 チェストケホーク
△10ニケトップラン

と、かなりの穴予想ですね。
馬券は、マイグランクロアの単複と、馬連で勝負します。
5号の本命は6番人気のマイグランクロア。道中は後方からの競馬、それでもいい脚で直線伸びて3着と健闘。馬券は複勝300円GET

砂の6号

九州ダービー
inyofu ◎②ドンプリムローズ
 ○③サプール
 ▲⑧スイシン
 ☆①コスモカット
 △⑥ウインヴォルケーノ
 △⑩オダツ

今回、本命に推したいのは◎ドンプリムローズ。
昨年の7月に門別でデビューした馬で、4戦目から佐賀に移籍して、これまで(6-1-0-0/7)という抜群の成績を残している。
前走のル・プランタン賞(牝馬限定重賞)では、レース前に放馬するアクシデントがありながらも貫禄の勝利。
この勝利には、敗戦となった飛燕賞での反省を活かした、鞍上の真島正騎手の好騎乗も光った。

今回は飛燕賞で先着を許したサプールとの再戦となるが、飛燕賞では勝負どころで前を行く馬がカベになっているところを外からサプールに一気に来られてしまい、そのままセーフティリードを許してしまった。

敗因がハッキリとしている以上はリベンジのチャンスは十分にあるといえ、ここで雌雄を決して、名実共に世代ナンバー1の称号を手中に収めたいところだ。

馬券の本線は馬連

 ② = ③⑧①⑥⑩

それと軸1頭の三連複

 ② = ③⑧①⑥⑩
ダービーウィークという事で6号は地方競馬の予想も参戦。本命にしたドンプリムローズはスタートから逃げて、そのまま抜かせる事を許さず4馬身千切っての優勝!馬連(1000円)3連複(1300円)
日本ダービー
inyofu 私6号の応援馬に昇格したのが、若駒Sでみせた『ラスト3F32.6』の末脚が強烈だったマカヒキ。
マカヒキの母ウィキウィキは、条件戦ながらダートで(1-3-0-1/5)という成績を残したダート馬でした。

今年の3歳世代は、ディープインパクト産駒の『ヴィンテージ・イヤー』であるという巷の見解に、私6号もまったくの同感。
ダービーは、先週のオークスを快勝したシンハライトと共通点の多い(同じ父、同じ枠番、ソックリの戦績など)応援馬・マカヒキをアタマに勝負したいと思います!

なお、対抗には、皐月賞が“叩き”だったことが明白の、同じくディープインパクト産駒のサトノダイヤモンドをチョイス。

☆東京10R・結論☆

 ◎③マカヒキ
 ○⑧サトノダイヤモンド
 ▲①ディーマジェスティ
 ☆⑬レッドエルディスト
 △⑭ヴァンキッシュラン

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝③
 馬単③ → ⑧

少額で三連単フォメーション

 1着③
 2着⑧
 3着①⑬⑭

 1着③
 2着①⑬⑭
 3着⑧
オークス優勝のシンハライトとそっくりの成績や衝撃の末脚から本命はマカヒキ。前走、前々走と違って道中は中団のインを追走。直線は、馬群が割れた残り400mでスパート。ラスト150mで先頭に立つと、外から迫るサトノダイヤモンドの追撃を退けた。着順も◎→○→▲通りの決着、馬券も単勝(400円)馬単(1420円)3連単(4600円)を完全的中!

小鳥の7号

日本ダービー
inyofu ◎12リオンディーズ
〇8サトノダイヤモンド
▲1ディーマジェスティ
☆3マカヒキ
△13レッドエルディスト
穴9マウントロブソン

◎〇▲☆の4頭は正直どの馬が勝ってもおかしくないよな。

ダービーだけはあまりこねくり回したくない。
ただ、ミルコが乗れてなさすぎるというか、ちょいちょい酷い乗り方するから、本当に迷ってるんだが、皐月賞の酷い乗り方を反省して今回はしっかり乗ってくるだろうと信じてみる。

乗り役も大事なダービーではあるが、強い馬に◎を打ち、レースで負けたらしゃーないと腹をくくる。

◎リオンディーズ
何と言っても、皐月賞のハイペースで先行したのにコンマ5秒の5着は、もう、バケモノとしか言いようがない。
ダービーだけは、その世代の最高のポテンシャルを持った馬に◎をつけたいんだわ。
折り合いがどうの、距離適性がどうのって、色々粗さがしをすれば色々出てくるんだが、そんな事はどうでもいい。
馬券を買っててそう思えるのがダービーなのかもしれない。

いわゆる、この馬と心中!っていう感覚に唯一なれるのがダービーだな。
同世代で走った俺の馬も含めた頂点という事になっちまうのがダービーなら、ある意味、俺の馬のライバルであり友達みたいなもんだ。
inyofu 買い方は、

頭有ってヒモ無し的なリオンディーズだし、本線は馬単だろうな!
そして、ポカがあることを考えると、〇▲、〇☆、〇△、〇穴の馬連4点も押さえておこうと思う。
7号の本命リオンディーズは、後方で頭を上げるなど折り合いを欠き、皐月賞に続いて5着。33秒2の上がり最速をマークして追い上げたが、優勝争いには加われなかった。それでもポカがあると押さた馬連が的中!

データの8号

日本ダービー
inyofu ◎ディーマジェスティ

最初に書いておくと、エアスピネル、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティ、マカヒキ、リオンディーズの5頭はデータ上の大きな減点はほぼありません。重箱の隅をつつけば減点材料は出てくるでしょうが、それはどの馬も同じ。結局のところ、この5頭でどれを選ぶかは好みの問題です。ただ、それでもディーマジェスティを選んだのは過去10年で5勝しているのは前走1着馬。前述5頭の中で、それに該当するのはディーマジェスティ。勝てばクラシック2冠。混沌としている世代も2冠馬の誕生で一応のフィナーレになるかもしれません。中間の熱発も気にしなくていいなら大丈夫。フサイチコンコルドだって度重なる熱発を克服して勝っています。悲願のダービー制覇に向けて蛯名さんの視界は良好と判断しています。

二番手はエアスピネル。一時の期待と人気は落ちていてもデータからは十分に圏内です。それに結局のところ日本の競馬はユタカさんがいてこそ。同期・蛯名さんのダービー制覇で、ユタカさんが一番近くにいるのが絵になりそうです。何よりユタカマジックが炸裂するのは大舞台と決まっています。

三番目はリオンディーズ。管理するのは天下の角居厩舎。上記の通り厩舎データ1位。複勝率は40%を超えています。しかも鞍上はデムーロ。最近ちょっと不調ですがデータは上位ですし、少々の不調で評価が落ちるような騎手ではありません。

以下、マカヒキ、サトノダイヤモンド。あと複数のデータから軽視できない青葉賞組のヴァンキッシュラン。それから前走大敗でも巻き返し可能なデータに一致するイモータルまで。

◎①ディーマジェスティ
○⑤エアスピネル
▲⑫リオンディーズ
☆③マカヒキ
△⑧サトノダイヤモンド
△⑭ヴァンキッシュラン
△⑮イモータル

馬券は単複と馬連を本線。1頭軸マルチの3連単。
8号の本命もディーマジェスティ。上記の冒頭にも書いてあるがデータ的に5頭の減点はなかったので、紙一重の結果。その5頭が掲示板を占めたのでデータは正確だったと言える。馬券は複勝(140円)3連単をゲット!

インパチの11号

日本ダービー
inyofu サトノダイヤモンド。

無敗で皐月賞に挑むも結果3着。
フサイチジャンクと一緒。

しかしそのフサイチジャンクは日本ダービーで2人気に推されてたものの11着に敗れ、そしてその後は1勝もできぬまま引退となった。

奇しくも、ここまでは似たような形できておる。

でもな。

この馬はただの石ころではないと信じとる。

間違いなく、里見さんのところの宝石なんじゃと。

昨年、2頭の有力馬をダービーに送りこみ、2、3着。今年こその気持ちが強いじゃろう。

わしもその気分。

レースまで軍資金を目一杯増やし、そして、わしの財布の中身全てを突っ込みたいと考えとる。

そして払い戻しでそのまま栃木に飛び、ジャンクに会うのも悪くないじゃろ?
inyofu ◎⑧サトノダイヤモンド
○⑫リオンディーズ
▲③マカヒキ
☆①ディーマジェスティ
△⑩スマートオーディン
△⑭ヴァンキッシュラン
穴⑬レッドエルディス=◎ゲンダイ橘・◎東スポ山河
穴⑨マウントロブソン=◎エイトショータ
穴⑱プロディガルサン=▲馬三郎妹尾
穴⑥アグネスフォルテ=◎ゲンダイ弘中

印は以上!

そして当然買い方は、いつものインパチ買いじゃ!
フサイチジャンクと似たような成績からサトノダイヤモンドを本命。道中は中団をスムーズに追走し、直線に向いた時点で勝ち馬マカヒキとほぼ同じ位置。ラスト400mからピタリと体を併せた追い比べになったが、内のマカヒキにわずか約8cm及ばずの2着だった。馬連が的中し払い戻しで11号は栃木まで会いに行ったのだろうか。

全力一点少年=素イチスイッチ

東京1R
inyofu 東京1レース
◎15ボーントゥレイン
○14スモモチャン

休み明けの前走でいきなり2着だった◎ボーントゥレインと、久々のダート戦だった前走がなかなかの走りだった○スモモチャン。どちらも引き続き同舞台なら、チャンス十分と言えるでしょう!

ワイド14-15の1点勝負!
これは1点で行けるだろ!と言う馬券をご紹介していく2号企画。ボーントゥレインが2番手で先行して抜け出すも後ろからスモモちゃんがジワジワ伸びてきての競り合い。結果はスモモちゃんがアタマ差1着で初勝利。ワイドは860円と最近では大きめの配当を的中

つばめよ教えてよ!日高の星を!

東京4R
inyofu ◎12 ヤマイチジャスティ

浦河の信岡牧場の生産馬。ダンツフレームで有名だな。この馬は直線での切れ味が魅力。それだけに取りこぼしが多いんだが、人気するタイプ。あんまり馬券的には狙いたくないんだよね。でも、前走はかなり惨敗してるし、旨みがあると判断。もともと1200,1300で走ってた馬だけにマイルは合わなかった、もしくはスタートの芝がダメだった…などいくつか敗因が浮かぶ。ここは改めて。
1号監修。日高出身の馬を取り上げ、馬券推奨していく企画(東京編)ヤマイチジャスティスは過去最高の好スタートを決めてハナに行くと思われたが好位で競馬。直線では丸山騎手の追い出したタイミングも完璧で2着に5馬身突き放す圧勝(単勝370円)
京都1R
inyofu ◎3 ロードセレリティ

新ひだかの前川正美さんの生産馬。マイネルラクリマ、シルクアーネストの弟。デビュー戦のキンカメは買うな、というような言葉があった気がする。オフのボディビルダーのようにまだ余分な肉が多いんだよね。それが仕上がってくると見事にビルドアップ。無駄な肉が絞れてそこに筋肉が付き…といったように目覚ましい上昇を見せてくれる。この馬の前走での変わり身も、そんな感じだね。これだけの良血だしここは通過点に過ぎないでしょ。前々につけて圧勝して欲しい。
京都7R
inyofu ◎2 ワールドレジェンド

新冠の佐藤信広さんの生産馬。軸馬としてピッタリじゃないか。内枠の先行馬で、コース実績も十分。個人的には頭で勝負するつもり。
同じく日高の星(京都編)1Rのロードセレニティはスタートから前々で競馬できず中団からの競馬。さらに直線も挟まれてる間に初出走のキセキノツヅキが豪快に脚を伸ばして4馬身差の2着(複勝130円)7Rのワールドレジェンドは、今回控える競馬。抜群の手応えで徐々に上がって行ったが直線では伸びが見られず3着(複勝170円)

しみじみ買えば、しみじみ当たる!舟唄馬券術!

inyofu 東京2R 5フラマブル
東京12R 4サンレーン
京都10R 18ティーハーフ
と3頭だが、好走を期待しよう!
1号監修。舟唄のように、こうと決めたらそのスタイルを貫く方法論で馬券を購入する企画。今年もシェイクモハメド殿下の所有馬を狙っている。今回3頭中、2Rのフラマブルが3着(複勝170円)と結果を残してくれた。

抱きしめて!ミスターP

東京5R
inyofu ◎④アポロナイスジャブ

母父はミスターPのトワイニング。父もミスターPのアポロキングダム。ということでミスターPの4×4ですね。父アポロキングダムは競走馬として目立った成績は残しませんでしたが、種牡馬として中山の春秋障害GIを勝ったアポロマーベリックを出しています。ただ、そうは言ってもどちらかというと目立たない方のミスターP。できれば平地の大物が突然変異で出てくれると嬉しいのですが…。
ちなみに前走12着のアポロナイスジャブは今回初勝利を上げた東京ダ1600m戦に戻ります。
前々走は12番人気3着と大激走でしたが、今回もアッと驚かしてほしいですね。
大種牡馬ミスタープロスペクターの血脈の競走馬を狙う8号のミスプロ愛溢れる企画(東京編)9番人気のアポロナイスジャブを指名。道中は4番手で直線は馬群に沈みそうだったが最後に盛り返して3着を確保。複勝は760円の高配当で今回も我々を驚かしてくれた。
京都1R
inyofu ◎③ロードセレリティ

母父サンデーサイレンスに父キングカメハメハの配合です。ドゥラメンテ、ローズキングダム、トゥザグローリーなど成功例の多いパターンでしょう。共通するのはノーザンダンサーの5×5×5や5×5×4などを持っていること。このロードセレリティもノーザンダンサーの5×5×5が入っていますね。ロードセレリティはデビュー戦7着、続く前走3着。今回は初勝利を上げる大きなチャンスだと思います。
同じくミスターP(京都編)日高の星と同じくロードセレニティを指名。結果は2着と芝転向や距離延長も視野に入れた方が良さそうだが。。。

嵐を呼ぶジョッキーは、俺だ!

東京5R
inyofu ◎16 クインズサターン

このコースは芝スタートで外枠有利だが、戸崎騎手騎乗の場合も同じ。1枠では5%足らずの勝率が23%以上に跳ね上がる。で、この馬はブリンカーの効果もあって前走同じコースで好走。逆らっちゃダメでしょ。単勝勝負。
1号企画。競馬場、馬場、季節、なんかの要因から、嵐を呼びそうなジョッキーを狙っていく企画(東京編)1番人気のクインズサターンは、道中6番手から抜け出して上がり最速をマークして後続に5馬身つける圧勝劇(単勝250円)逆らう必要なんてどこにもなかった。
京都7R
inyofu ◎3 エアカーディナル

このコースは藤岡佑騎手の単回値が433。一発やってくれる騎手だ。差し馬だけにハイペース期待なんだが、前走で逃げた馬も先行したい馬も多く、望みは叶いそう。単勝勝負!
同じく嵐を呼ぶジョッキー(京都編)日高の星ワールドレジェンドより後方からの競馬となったエアカーディナル。予想通りペースは流れてメンバー唯一の上がり37秒台で内から差し切った(単勝520円)

爆買いミラクル馬券術!

inyofu 京都1レース!3歳未勝利戦!

この条件、荒れやすいね。6~11番人気を6点買いした場合の単回収率は、121%
まずは、ここで爆買い!
13頭立て以上のレースで6~11番人気の馬を単勝購入する1号企画 結果は・・・

京都1R キセキノツヅキ(7番人気)単勝2410円

2レース予想して+12万の大勝利で終わった。

脚みせて!フレンチcancanダンス!

【母父フレンチデピュティ】
日本ダービー
inyofu 仏3 マカヒキ
春の東京で注目の父ディープインパクト×母父フレンチデピュティが日本ダービーに駒を進めてきましたね。後ろから行く馬なので枠順はさほど気にならないと思いますが、Cコース替りなら内枠に越したことはないでしょう。キズナが勝ったときのダービーのような乗り方ができれば・・・
【母父ダンスインザダーク】
京都7R
inyofu 踊12 ウェーブキング
父クロフネ×母父ダンスインザダーク。前走は砂を被るのを嫌ってか、強引にハナを切ったことが裏目に出てしまった印象。砂を被らない外枠+実績ある距離替りによる新味に期待します。
フレンチデピュティとダンスインザダークが母父に入った馬たちを追いかける7号の影武者(部下)企画。母父フレンチ産駒のマカヒキが8cm差を凌いで優勝。ダンス産駒のウェーブキングは、7番人気ながらもエアカーディナルとワールドレジェンドの間2着と好走(複勝480円)

馬券取ルメール☆利益デムーロ!

青嵐賞(東京8R)
inyofu ◎4 ヴェラヴァルスター

ルメールは、2400mの芝コースだと、3回に1回勝ってるな。単回収率も194%、ととんでもない数字だ。
日本ダービー
inyofu ◎8 サトノダイヤモンド

東京2400mでルメールなら、勝てる可能性まであるとみた。
常に人気になってしまうタイトル通りの外国人騎手2人、この2人が得意としてる距離や条件を熟知して、勝負レースを選ぶ新企画。デムーロ騎手の本日は大スランプで馬券に絡まず。ルメール騎手は8,9,10Rと3レース連続で2着に健闘も、珍しく外人二人が未勝利のままダービー開催日が終了した。


今回はダービーという事もあって覆面馬主達が熱の入った予想で的中ラッシュ!特に6号は2つのダービーを完ぺきに的中。本職ではない日本ダービーも決して砂専門とは言わせない予想っぷりだったので、これからダート以外の予想も見逃せないぞ!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line