TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」安田記念
コラム

覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」安田記念

覆面馬主 データの8号
どーも皆さんこんにちは。
覆面馬主・データの8号です。

『ダービーが終わってもダービーは終わらず』ということで今年も始まった地方競馬の【ダービーWeek2016】。なんだか「覆面馬主・砂の6号」さんが面白いことをやっているみたいですが、私もしれっと丸ノリ。早速、5/29日の九州ダービーが的中でプラス(笑)

結果次第で7号さんの「スペシャル・オフレコ馬券」もあるみたいですし、結果はどうなるのでしょうか?

詳しいことは6号さんのコラムに書いてありますので、そちらを。

で、【ダービーWeek2016】が何か知らない方はこちら。
この時期は地方競馬もアツい!【ダービーWeek2016】まとめ

それでは第66回・安田記念のデータ分析です。今年の安田記念は前年の年度代表馬モーリス登場、さらに別路線組のGI馬リアルスティール参戦と登録馬の少なさも気にならない2頭の対決が実現。

楽しみですね。


↓↓↓

第66回
安田記念(GI)
芝1600m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京芝1600m】
4歳上OP

※過去10年の安田記念のデータ

●傾向

1、人気

1番人気(4,0,0)
2番人気(3,1,0)
3番人気(1,3,1)
4番人気(0,0,0)
5番人気(0,2,1)

8番人気(1,0,1)
9番人気(1,0,2)

10番人気以下(0,3,5)

過去10年で1~2番人気で7勝を上げています。3番人気まで含めると8勝。さらに過去10年の馬券対象馬30頭中で3番人気以内は13頭。全馬券対象馬の43%は3番人気以内が占めています。

ただ、6番人気以下の馬券対象馬も14頭います。その内8頭は10番人気以下。つまり、例年、一定数の人気薄が馬券対象となっていて、上位人気馬同士で決着していません。

(年・1着人気→2着人気→3着人気)
06年・3人→10人→8人
07年・2人→3人→9人
08年・2人→5人→9人
09年・1人→2人→10人
10年・8人→6人→5人
11年・9人→5人→3人
12年・2人→13人→15人
13年・1人→3人→12人
14年・1人→16人→10人
15年・1人→3人→12人

上記の通り堅く決着した年は皆無です。しかも、過去10年間で毎年8番人気以下が馬券対象となっていて、さらに半数の5年で10番人気以下が馬券対象となっています。

なお、先週の日本ダービーは1990年以降の26年間で1番人気16勝、勝率60%超と好成績でしたがが、安田記念はオグリキャップの勝った1990年以降、1番人気8勝と厳しい数字が出ています。

ただ、近3年はロードカナロア(13年)、ジャスタウェイ(14年)、モーリス(15年)と1番人気が3連勝中。これはトロットサンダー(96年)、タイキブリザード(97年)、タイキシャトル(98年)が3連勝して以来のことです。

ちなみに、翌99年は1番人気グラスワンダーが4番人気エアジハードに敗れて2着でした。

2、配当

〔平均配当〕
単勝・760円
複勝・495円
馬連・7413円
馬単・12179円
3複・44980円
3単・222350円

10年間の3連単平均は222,350円。1番人気が強いダービーの3連単平均が300,000円台でしたので、そう考えると安田記念は人気薄の台頭の割に配当が落ち着いている印象です。

3、前走条件

前走の条件別成績は、国内重賞組(6,8,9)、海外組(3,2,1)。この2つの路線で(9,10,10)。さすがに春のマイル王を決めるレースとあって重賞組がほぼ独占しています。なお、前走重賞以外の馬券対象は10年1着ショウワモダンのみ。ただ、この馬は前々走で重賞を勝っていて、特殊なローテーションを組んでいました。

なお、複勝率は海外組21%、国内重賞組17%、OP特別組7%。また国内重賞組の内訳はGI組18%、GII組17%、GIII組10%とレース格が高いほど好成績です。

4、前走距離

前走の距離別成績では、最多の馬券対象馬を出しているのが1600m組(5,4,8)。次に1400m組(1,3,1)、2000m組(0,2,1)、1800m組(2,0,0)、1777m組(1,1,0)となっています。ただ、1777m組は1800m組と合計しますので、そうすると1800m組は(3,1,0)となります。

また、複勝率は出走数が10頭以上の距離で、2000m組30%、1800m組33%、1600m組18%、1400m組10%となっていて、距離が短くなると複勝率も下がる傾向が出ています。また1200m組は9頭の出走で複勝率11%です。

つまり、2000m(30%)、1800m(33%)、1600m(18%)、1400m(10%)、1200m(11%)。全体を見ても距離が短くなると複勝率が下がる傾向です。

5、前走着順

過去10年の馬券対象馬30頭中で、前走3着以内は(9,6,5)と20頭を占めます。4着~5着(1,0,3)、6着~9着(0,3,1)、10着以下(0,1,1)。

なお、前走4着~5着の巻き返したのは、ヴィクトリアマイル組1頭、マイラーズC組1頭、京王杯SC組1頭、産経大阪杯組1頭の計4頭。
前走6着~9着の巻き返したのは、前年マイルCS組1頭、マイラーズC組2頭、京王杯SC組1頭。 前走10着以下の巻き返したのは、ドバイデューティーフリー組1頭、マイラーズC組1頭です。

つまり、GIのヴィクトリアマイル以外はいずれも牡馬混合のGIかGIIです。


以上を踏まえ、推奨馬は!

推奨馬
コンテントメント
モーリス
リアルスティール




※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line