TOP > 予想/馬券 > お手軽?実は奥が深い【複勝】馬券の魅力
予想/馬券

お手軽?実は奥が深い【複勝】馬券の魅力

基本的には1着から3着に入るであろう馬を1頭当てるという、馬券の種類である複勝。初心者から玄人までがハマる複勝の魅力とは?
馬キュレ

複勝とは?

[inyo naiyo='出走頭数によってことなるが、1着から3着までの入着馬を勝馬とする勝馬投票法のこと。出走頭数が8頭以上の場合は3着まで、7頭以下では2着までに入着すれば的中となる。なお出走頭数が4頭以下の場合は複勝式は発売しない。単勝式同様、勝馬投票は馬番で指定する。' ] [gaibu_link title='出典:複勝式' address='http://jra.jp/kouza/yougo/w432.html' ]

初めて競馬をするならまずは複勝で競馬を知るのがおすすめ。

1〜3着に選んだ馬が入れば当たりの複勝は初めて競馬をやって当たる楽しさを知るのにお手軽な馬券と言える。
[inyo naiyo='なんといっても、穴馬券の登竜門といえます。 単勝・複勝馬券など1頭の馬券の方式は、レースをみるのが1頭に集中してみるので初心者にはもってこいです。

1番人気など上位人気の馬の単複で金額によってはどきどきしますが、複勝の穴馬が突っ込んできたときには心の中で”本当にきたー”と信じられないものを見るような興奮がありますよ!
穴馬の複勝でオッズ1000円を超えるような馬を見つける練習は、3連単フォーメーションの3着づけの穴馬を探す練習にもなります。' ] [gaibu_link title='出典:競馬で複勝式が好きな方、複勝式の魅力を教えて下さい。 - Yahoo!知恵袋' address='http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1119136446' ]
初心者にとって今後の競馬の馬券選びの練習となるという意味で複勝はかなり都合がいいようだ。

複勝転がしは儲かる?

複勝に賭けて、当たったら次のレースの複勝にその払戻金を全額賭ける複勝転がしは実際どうなのか?
[inyo naiyo='複勝をなめちゃいけないです。

僕はかれこれ11年間プラスです。

資金があれば、3倍マーチン
あまりなければ、2倍マーチン

100円•••負けたら
→300円•••負けたら
→900円•••負けたら
→2700→8100→24300と増やす。

肝心なのは、1.5倍以上のオッズが必要です。
' ] [gaibu_link title='出典:複勝は当たっても100円とかざらにありますよね。 ということは、複勝では儲から... - Yahoo!知恵袋' address='http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1351262918' ] [inyo naiyo='では、25%の確率で当たる馬券が3回連続で的中
する確率って何%なのか?


連続して的中する確率=0.25×0.25×0.25=0.015625

つまり、1.6%程度の成功率と言うことです。
・・・と言うことは、63回に1回ほどしか成功しないと
いう結論なんですよね。

はじめから30倍の配当を狙った場合の成功率→2.5%
3回にわけてコロガシで27-30倍程度を目指す場合の成功率→1.6%
' ] [gaibu_link title='出典:競馬転がし馬券の誤解' address='http://uma-boy.com/0008.html' ]
複勝転がしは理論的には儲からないと結論づけている競馬ファンがいる中、複勝転がしで利益を出し続けているという競馬ファンもいるようだ。

複勝の最高払い戻し金額

2010年6月26日の福島2Rで、中谷雄太騎手騎乗の16頭中16番人気、ヴィヴィアンが3着となり、JRA史上1位の高額の複勝払戻金となる1万6110円を記録した。
png [gaibu_link title='出典:JRAホームページ|データファイル|払戻ランキング' address='http://jra.jp/datafile/haraimodoshi/07.html' ]
当たりやすいが配当は低めという複勝馬券。しかし初心者にとっては、ゆくゆく三連複や三連単を買う時に軸以外の馬を考えられる力が身につけられる良い練習として複勝を買うことは効果がありそうだ。複勝転がしなど複勝だけでもうけようという考えは賛否両論がある。安易に複勝転がしに手を出しているのではなく、しっかりと自分のボーダーラインを決めてレースに臨んでいるファンは勝っているようだが、なかなか真似出来るものではないだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line