TOP > 予想/馬券 > 最終追い切り情報&タイムまとめ【第69回鳴尾記念】
予想/馬券

最終追い切り情報&タイムまとめ【第69回鳴尾記念】

2016年6月4日(土)に行われる阪神競馬場のメーンレース【第69回鳴尾記念】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 7枠12番 ステファノス

inyofu ステファノス(牡5、藤原英)は、Cウッドで豪快に伸びた。鮫島良騎手が騎乗(レースは戸崎騎手)し、ヘミングウェイ(古馬1600万)を8馬身追走から首差先着。6ハロン83秒1と全体時計は控えめだが、ラストは11秒9と切れ味を見せた。藤原英師は「今回はしっかり休養をとった。パワーアップして精神面も成長した。宝塚記念に向けて態勢が整えば」

3枠3番 サトノノブレス

inyofu 追い切りはCWコース3頭併せで直線、僚馬の間に入る形。6F82秒3~1F12秒0で内サトノアラジン(5歳オープン)に1馬身遅れ、外アッシュゴールド(4歳1000万)に2馬身先着でゴールを駆け抜けた。池江師は「アラジンが動き過ぎて見劣ったけどノブレス自身の動きは良かった」と評価。

6枠10番 ヤマカツエース

inyofu ヤマカツエースは4月下旬から時計を出し、入念に乗り込んできた。最終追いはCWコース単走でラスト気合を入れ、1F11秒9をマーク。池添兼師は「かなりやってきているし、しまい重点でやったけど動きは良かった。いい状態で出せると思う」と仕上がりに太鼓判を押す。

3枠4番 アズマシャトル

inyofu 坂路で和田を背に単走。前半はゆったりと進み、残り1ハロンから鞍上が軽く仕掛けると鋭く反応した。仕上がりは良好だ(4ハロン54・2―12・6秒)。 久谷厩務員「テンをセーブしてしまい重点だったが、動きは良かった。あとは10か月ぶりのブランクがどうかだけ」

5枠7番 パッションダンス

inyofu パッションダンスは、コンビ復活のM・デムーロを背にCWコース単走で最終追い。ゴール前で右ムチを入れ、G板後も手綱をしごいて負荷を掛けた。鞍上は「いっぱい食べてすぐ太るみたいだから、ちゃんとやっておいた方がいい。いつもと同じで元気いっぱい。8歳?3歳みたいだね」と好感触。

1枠1番 メイショウナルト

inyofu メイショウナルト・武豊騎手 「もともと、攻めは動く馬だけど動きはよかった。開幕週の馬場で先行力を生かしたい」

その他出走馬追って一言

inyofu ◆クランモンタナ・音無師 「先着したように動きはいい。もう少し走っていいし、阪神の2000メートルは合う」

◆フラガラッハ・松永幹師 「ラストが良くなるよう指示したが、テンで行きたがった。でも全体の時計が出ているのでいい」

◆プランスペスカ・松永昌師 「動きは悪くなかった。このクラスに慣れてきたし前走以上の期待をしている」

◆フレージャパン・平野助手 「放牧から帰ってきて順調。動きもよくなっている。うまく流れに乗れれば」

◆マジェスティハーツ・松永昌師 「休み明けを1回使って上積みはある。力はあるので楽しみ」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アクションスター 牡6 56 *北村友一 01日栗坂良:52.1-38.9-13.5:一杯

アズマシャトル 牡5 56 *和田竜二 01日栗坂良:54.2-38.9-12.6:一杯

クランモンタナ 牡7 56 *松若風馬 01日栗坂良:52.0-38.8-13.4:強め

サトノノブレス 牡6 56 *川田将雅 01日栗C良:99.3-66.8-52.1-37.8-12.0:一杯

ステファノス 牡5 56 戸崎圭太 01日栗C良:83.1-66.4-51.5-37.5-11.9:馬也

トラストワン 牡8 56 *岩田康誠 02日栗ポ良:64.0-49.3-36.3-11.7:強め

パッションダンス 牡8 56 *M.デム 01日栗C良:82.4-66.7-52.7-38.8-12.2:一杯

フラガラッハ 牡9 56 *浜中俊 01日栗坂良:51.4-37.8-13.1:一杯

プランスペスカ 牡6 56 幸英明 01日栗坂良:52.1-38.6-13.1:一杯

フレージャパン 牡7 56 *福永祐一 01日栗坂良:49.8-37.3-12.9:一杯

マジェスティハーツ 牡6 56 森一馬 01日栗C良:84.7-68.2-52.6-38.7-12.2:馬也

メイショウカンパク 牡9 56 *古川吉洋 01日栗C良:83.1-66.8-52.1-38.6-12.7:一杯

メイショウナルト セ8 56 *武豊 01日栗C良:80.6-65.9-52.1-37.5-11.7:馬也

ヤマカツエース 牡4 56 池添謙一 01日栗C良:85.2-68.3-52.9-39.2-11.9:一杯

うまキュレ班のおススメ好調教馬は

◎メイショウナルト
 パッションダンス
 ヤマカツエース
 サトノノブレス
 ステファノス

特にメイショウナルトは、武豊騎手を背にCW全体で80秒3、終いも12秒0を馬なりでマーク。8歳馬とは思えない動きで好気配。惨敗が続いているが、開幕週の阪神コース&最内枠&武豊騎手と最高の条件は整ったと言えるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line