TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】垂水ステークス予想
コラム

覆面馬主【データの8号】垂水ステークス予想

覆面馬主 データの8号
アモーレ!皆さん!

こんばんは。
覆面馬主・データの8号です!

もう今年の流行語大賞は決定でしょうかね。

アモーレ

交際宣言の場で、長友選手がこの言葉を発してから、一体何人の男性が使ったのでしょうか…

ま、その中の一人が私であることは間違いないですけどね。

そして、もちろん

「は?」

って顔されましたけどね(泣)

こう言った言葉はやはり、覆面軍団一のイケメンである5号さんが言うと似合うのでしょう。

では自虐ネタはここまでに早速、日曜日阪神の結論をどーぞ!

なお、安田記念・予想のリンクは下部にあります!

それでは「データの師匠」の単勝推奨馬から
-------------------------------
阪神07R ◎ ③コスモムルジム(ダート→芝替わりの激走に期待)
阪神07R ○ ⑥ダブルイーグル(スピード指数がずば抜けて高い)
阪神08R ◎ ⑨セプティエーム(減点も多いがそれ以上に加点を獲得)
阪神08R ○ ⑦ドリームキラリ(大きな減点項目がない優等生タイプ)
-------------------------------


続いて垂水Sの結論です。

■阪神11R 垂水S
芝1800m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【阪神芝1800m】
3歳上1600万下

※過去10年の阪神芝1800m(3歳上1600万下)計21戦のデータ

●傾向

1、前走クラス

対象21戦。馬券対象は、1600万下(12,10,11)、1000万下(4,6,5)、OP特別(3,2,2)、重賞(2,3,3)。

10頭以上の出走がある条件で複勝率は、重賞組が47%と最も高く、次いで1000万下組の44%、次にOP特別組30%。最後に1600万下組の19%となる。基本は前走オープンクラスに出走していた馬が好データ。

また、重賞のレース格別は、GI組は計3頭の出走で馬券対象馬0頭、GII組は5頭の出走で4頭が対象、GIII組は9頭の出走で4頭が対象。GII組が最も好成績。

2、前走距離

前走距離別データの複勝率は、計10頭以上の出走距離で、1600m組(4,7,3)の37%、2000m組(7,7,11)で32%、1800m組(7,6,6)で21%、2400m組(1,0,0)で9%。前走1600m~2000m組が狙いの中心。

3、前走成績

(複勝率)
前走1着~3着・37%
前走4着~6着・25%
前走7着~9着・26%
前走10着以下・16%

基本は前走好走組が強い。とは言え前走10着以下も16%と高い数値で4着~9着もそれなりのデータ。前走着順はあまり気にする必要がなさそうです。

4、種牡馬傾向

サンデーサイレンス系は(13,10,9)と多くの馬券対象馬を出しています。全馬券対象馬63頭中の半数はサンデーサイレンス系の産駒。また母父サンデーサイレンス系も含めると、実に47頭が対象。馬券対象馬の74%を占めています。なお、父サンデーサイレンス系の複勝率は28%。ただし、同系統は出走数そのものが多い点は考慮する必要がありそうです。一方、対象産駒が10頭以上出走している系統の中で、ロベルト系は(1,3,3)の成績で複勝率33%と最も高いです。また、ロベルト系産駒の馬券対象7頭中4頭は、母父もサンデーサイレンス系以外の種牡馬でした。

5、厩舎(阪神芝1800mの過去3年のデータ)

(※今回の出走厩舎に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位・藤原英昭厩舎
2位・角居勝彦厩舎
3位・松永昌博厩舎
4位・清水久詞厩舎
5位・西橋豊治厩舎

6、騎手(阪神芝1800mの過去3年のデータ)

(※今回の出走騎手に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位・浜中俊騎手
2位・戸崎圭太騎手
3位・藤岡佑介騎手
4位・松山弘平騎手
5位・松田大作騎手

7、血統(阪神芝1800mの過去3年のデータ)

(※出走馬の種牡馬に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位ディープインパクト
2位ダイワメジャー
3位キングカメハメハ
4位ブライアンズタイム
5位スクリーンヒーロー

以上のデータを踏まえて本命に決めたのは…

◎グァンチャーレ

前走、都大路Sに出走していたグァンチャーレを今回は本命に決定です。上記の通りデータからの狙いは前走オープンクラスに出走していた馬。また出走距離は1600m~2000m。さらに種牡馬傾向でロベルト系に狙いを定めます。そして、これらに合致するのはグァンチャーレ。1800mの前走で2着と好走していますし、父はスクリーンヒーロー。同馬はロベルト系の種牡馬です。ちなみに代表産駒モーリスが東京の安田記念で人気の中心になると思いますが、阪神メインでも同産駒が人気を集めそうな雰囲気です。グァンチャーレが前走と同じような競馬をしてくれれば期待に応えてくれると見込んでいます。

二番手はスズカルパン。前走1000万下を勝って昇級戦です。前走条件別データで1000万下組は高い複勝率を出しています。今回の出走メンバーで前走1000万下組はこの馬だけ。その他のデータも含めてこの馬にも高い評価が必要と判断しました。

三番手はトーセンビクトリー。前走GI組は過去3頭が出走して馬券対象馬は0頭という状況ですが、それでも前走重賞組の複勝率の高さは無視できません。また角居厩舎も過去3年の阪神芝1800mで管理馬が好成績(複勝率41%)ですし、乗り役も騎手データ上位の戸崎くんです。この馬も複数のデータから上位の判断としました。以下、ドラゴンストリートを含めた計4頭に注目しています。

◎⑤グァンチャーレ
○②スズカルパン
▲⑥トーセンビクトリー
☆④ドラゴンストリート

馬券は単複と馬連を本線。1頭軸マルチの3連単も少々。

安田記念



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line