TOP > レース > サトノノブレスがレコードV!【第69回鳴尾記念】レース&的中結果まとめ
レース

サトノノブレスがレコードV!【第69回鳴尾記念】レース&的中結果まとめ

2016年6月4日(土)阪神競馬場で行われた重賞レース【第69回鳴尾記念】のレース結果と予想家の的中をメインにまとめてみた。
馬キュレ

鳴尾記念はサトノノブレスが優勝

inyofu 6月4日、阪神競馬場で開催された第11R・鳴尾記念(GIII、芝2000m)は、道中先団からレースを進めた3番人気サトノノブレス(牡6、栗東・池江)が、直線半ばで先頭に立つと、ゴール前襲い掛かった後続勢も振り切って重賞4勝目を飾った。鞍上は川田騎手。勝ちタイムの1分57秒6(良)は、2011年大阪杯でヒルノダムールが記録した1分57秒8を0秒2更新するコースレコードだった。クビ差の2着は中団外め追走から直線猛然と追い込んだ2番人気ステファノス、2着にクビ差の3着は終始内めの経済コースを立ち回り、直線でも鋭い脚を見せた13番人気プランスペスカが入っている。なお、1番人気に支持されたヤマカツエースは4角で勝ち馬に並びかけるも、そこから失速し6着に敗れた。

▽配当
単勝3 380円
馬連3-12 630円
馬単3-12 1210円
3連複2-3-12 3万3750円
3連単3-12-2 12万3600円
(3.サトノノブレス、12.ステファノス、2.プランスペスカ)

▽【サトノノブレス】
父ディープインパクト
母クライウィズジョイ
母父トニービン
通算25戦6勝(うち重賞4勝)
動画を見る

レース後コメント 川田騎手「この相手であれば力が上」

inyofu 「前半から厳しい流れになり、みんなが苦しい中でよく凌いでくれました。ゲートの出が思っていたよりゆっくりになりましたが、すごくいいところにつけられました。1コーナーの並びがいい形になり、ペースが速い中で自分のリズムを大事に乗りました。58キロでも重賞を勝っていますし、今日は56キロになって、この相手であれば力が上ということだったと思います」

その他着順&コメント

inyofu  ▼2着ステファノス(戸崎)休み明けでジリっぽくはなったけど、リズム良く回ってこられた。最後は伸びてました。

 ▼3着プランスペスカ(幸)状態の良さを感じました。折り合いを考えると、この距離がいいようですね。この先、またチャンスがあると思います。

 ▼4着パッションダンス(M・デムーロ)よく頑張ってくれたけど勝ち馬が強かった。

 ▼5着マジェスティハーツ(森一)芝の方がいいし、阪神は合っているんでしょうね。これからまだ良くなってくると思います。

 ▼6着ヤマカツエース(池添)少しハミをかんでいたけど我慢できていました。4コーナーの手応えは良かったけど追いだしてからモタモタしたのは休み明けの分だと思います。

 ▼7着トラストワン(庄野師)岩田君がロスなく乗ってくれた。着順ほど差はなかったし、8歳だけど頑張っていると思うよ。

 ▼8着メイショウナルト(武豊)道中、力んでいたけど復調気配を感じた。

 ▼9着アクションスター(北村友)道中はいい位置で運べたけど、きょうは時計が速かったです。

 ▼10着メイショウカンパク(古川)そんなに負けていないし、速い時計でよく頑張っていると思う。

 ▼11着フレージャパン(福永)右にモタれていたし、左回りが良さそう。

 ▼12着フラガラッハ(浜中)スタート自体は五分に出たけどダッシュがつかなくて後方から。よく走っていると思います。

 ▼13着クランモンタナ(松若)外枠だったので出していったけど年齢的なものなのか、いい位置を取りづらくなっています。

 ▼14着アズマシャトル(和田)イメージ通り運んで4コーナーの手応えは抜群だったけど、そこから急に手応えがなくなった。
3人気サトノノブレスがレコードでの鳴尾記念制覇となった。2着は2人気ステファノ、3着には13人気プランスペスカが入賞している。

【やはり勝負は3連単!】

inyofu ◎サトノノブレス
○ヤマカツエース
▲パッションダンス
△ステファノス・トラストワン・マジェスティハーツ
買い目:◎の単勝、◎の複勝、◎から馬単マルチ、◎から3連複
血統を中心に予想を展開する人気ブログ。今回はサトノノブレスを本命にして単複、馬単的中であった。

【覆面馬主たちの予想】

1号の予想
inyofu ◎12ステファノス
〇3 サトノノブレス
▲7 パッションダンス
☆10ヤマカツエース
△7 マジェスティハーツ
2号の予想
inyofu ◎3サトノノブレス
○10ヤマカツエース
▲9マジェスティハーツ
☆12ステファノス
△7パッションダンス
△11フラガラッハ
△4アズマシャトル
1号がステファノスからの複勝と馬連を、2号は馬連を的中させた。
今回の鳴尾記念はサトノノブレスの見事なレコードVで他を圧倒する形となった。鞍上はダービージョッキーの川田騎手。ダービーで負かしたサトノの馬で今度は勝利となった大方の予想が固いものだったが3着に13人気プランスペスカが入ってきたことでやや荒れた結果となった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line