TOP > レース > ロゴタイプがモーリスを下した!【第66回安田記念】レース結果まとめ
レース

ロゴタイプがモーリスを下した!【第66回安田記念】レース結果まとめ

2016年6月5日(日)東京競馬場で行われたG1【第66回安田記念】レース結果をまとめた。
馬キュレ

安田記念はロゴタイプが優勝

inyofu 6月5日、東京競馬場で開催された第11R・安田記念(GI、芝1600m)は、果敢にハナを主張した8番人気ロゴタイプ(牡6、美浦・田中剛)が、直線に入ってもその脚色が衰えず、後続勢を完封。2013年皐月賞以来となる3年2カ月ぶりの勝ち星を挙げ、GI3勝目を飾った。勝ちタイムは1分33秒0(良)で、鞍上は田辺騎手。1馬身1/4差の2着は2番手追走から脚を伸ばすものの最後まで勝ち馬を捕らえることができなかった1番人気モーリス、2着にハナ差の3着は中団やや後ろから鋭く伸びた6番人気フィエロが入っている。なお、2番人気のリアルスティールは先行集団でレースを進めるが、直線半ばで失速し11着に終わった。

▽配当
単勝6 3690円
馬連6-8 3230円
馬単6-8 1万1580円
3連複6-8-10 1万4990円
3連単6-8-10 15万3560円
(6.ロゴタイプ、8.モーリス、10.フィエロ)

▽【ロゴタイプ】
父ローエングリン
母ステレオタイプ
母父サンデーサイレンス
通算25戦6勝(うち海外1戦0勝、重賞4勝)
動画を見る

レース後コメント 田辺裕信騎手「素直なので作戦に対応してくれた」

inyofu 「素直で乗りやすい馬なので、こちらのためしたい指示に忠実に反応してくれます。ですから今日の作戦にも対応してくれました。相手がいるので逃げられないかもしれませんでしたが、ハナを主張しようと思っていましたし、中途半端は良くないと、思い切って、ただ一頭、最短距離を通ることにしました。そして、最後までしっかりと脚を使いきってくれました」
実に3年ぶりの勝利で安田記念を制したロゴタイプ。大復活を遂げたロゴタイプの今後に期待したい。

まさかの2着 モーリス

inyofu 「ペースが思ったより遅くて。前に馬も置けず、少し掛かった。それでも2着。よく頑張っている」。前半3Fは35秒0の超スロー。行きたがる相棒との折り合いがなかなかつかず、その分、直線でのパフォーマンスに影響してしまった。

 香港遠征から帰国後はトレセンにも外厩にも入らず、東京競馬場で着地検査を行いながら、たった1頭だけでの調整。その臨戦過程に敗因があったかどうかはともかく、15年1月の若潮賞(1000万下)から続いていた連勝は7で止まり、G1・5勝目がお預けとなったのは事実だ。5歳の充実期をひた走るはずだったモーリス。復権を見据えてどう立て直されるか。注目が集まる。
7連勝と他の追随を許さない勢いのあったモーリスだったが香港からの連戦の影響か、2着というモーリスにとっては悔しすぎる結果に。次走以降の復権が望まれる。

3度目で3着! フィエロ

inyofu 7歳のフィエロが上がり3Fメンバー最速の33秒5と鋭く伸びて3着。直線で各馬が外に進路を取ったため前が空かず、負傷のルメールの代役を務めた内田は「あんなにみんな外に来るとは…。最後の最後で外に出してからはいい伸びだったけど」と悔しがった。それでも安田記念3度目の出走で最高着順と地力健在をアピール。
3着フィエロは今回で3回目の安田記念。過去最高の3着という着順にまだまだ衰えていないところを見せた。秋のマイルチャンピオンシップでの雪辱を誓っている。

スローペースに泣いた サトノアラジン

inyofu 川田は「これだけ遅くなってしまっては…僕の馬も伸びているが、みんなも伸びている。もっと流れてほしかった」とスローペースを嘆いた。
スローペースで前が開かず4着という悔しい結果のサトノアラジン。G1制覇にまたも届かずであった。

早々に手応えが… リアルスティール

inyofu 福永騎手(リアルスティール=11着)「スタートは決めたいと思っていた。ただ、思ったよりもスローペースになって馬が落ち着くまでに時間がかかってしまった。3コーナーからはリズム良く運べて、直線ではモーリスとの追い比べに持ち込みたかったが、早々に手応えがなくなってしまった」
前半のロスが影響したか後半失速してまさかの11着という結果に。

その他着順&コメント

inyofu  ▼5着イスラボニータ(蛯名)ペースが遅いので早めに動いたが、手応えはいいのに伸び切れなかった。

 ▼6着ディサイファ(武豊)思い通りのレースはできた。マイルはむしろいいかも。

 ▼7着ダノンシャーク(大久保師)この馬の脚はしっかり使ってくれている。もう少し流れてくれれば。

 ▼8着クラレント(小牧)行くつもりではいたが行けなかった。

 ▼9着ロサギガンティア(M・デムーロ)距離がギリギリだと思ったので(出遅れなくても)後ろからのイメージだった。馬場を気にしていた。

 ▼10着レッドアリオン(川須)行くつもりだったが他馬が速くて切り替えた。馬具の効果があって最後までしっかり走ってくれた。

 ▼12着コンテントメント(プレブル)スムーズに運べたが、デコボコした馬場を嫌がっていた。

6/5の安田記念を制したのはロゴタイプ。奇しくも6/5(ろ・ご)と読める日での大復活での勝利を果たした。ダントツの人気だったモーリスはまさかの2着で連勝がストップしてしまった。3着フィエロは勝ち切れないながらも日本では掲示板をしばらく外していない安定した走りを見せた。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line