TOP > コラム > 覆面馬主【砂の6号】東海ダービー予想
コラム

覆面馬主【砂の6号】東海ダービー予想

覆面馬主 砂の6号
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

先週、急遽スタートしたダービーウイーク特別企画。
7号さんプレゼンツ『とっておきのスペシャル・オフレコ馬券』を賭けた、ダービーウイーク6番勝負です。

月曜日に行われた第3戦・岩手ダービー・ダイヤモンドカップでは、大本命のサプライズハッピーが貫禄を見せつける勝利を飾りましたが、対抗に指名したリュウノファンタジが直線でインを突こうとしたことろ、行き場を無くして失速。
残念ながら8着に敗れ、馬券は不的中となりました。。

これで予想は3戦して2勝1敗。
気を取り直して、3勝目を目指したいと思います!

岩手ダービー・ダイヤモンドカップの予想はこちら


それでは、今回も初見の方のために、軽く企画の概要に触れておきましょう。

地方競馬では、5月29日に行われた『九州ダービー(栄城賞)』を皮切りに、各地区の世代ナンバー1を決めるダービーが行われます。
そして毎年、この各地区のダービーが行われる期間を『ダービーウイーク』と銘打って、全国の地方競馬場を舞台にホースマンの夢をかけた砂上の熱戦が繰り広げられます!

その日程は以下のとおり
-----------------------
★☆ダービーウイーク2016☆★
5月
29日(日)九州ダービー 佐賀競馬場 的中
31日(火)北海優駿   門別競馬場 的中

6月
6日(月)岩手ダービー 盛岡競馬場 不的中
7日(火)東海ダービー 名古屋競馬場 今回
8日(水)東京ダービー 大井競馬場
16日(木)兵庫ダービー 園田競馬場

現在2勝1敗!

ウマキュレ内特設ページはこちら
-----------------------
当ウマキュレでも、何かダービーウイークに相応しいイベントをやって盛り上げよう!ということで、今年は不肖・私6号が『ダービーの全レース予想』を行うことになりました。

そして見事この6連戦で勝ち越した暁には、7号サンから皆さまへ素敵なプレゼント『とっておきのスペシャル・オフレコ馬券』が公開されることが約束されています!

3連勝を飾って一気に“勝ち越しに王手”を掛けたかったのですが、そこまで上手くはいきませんでした。。
みなさま、4戦目以降にも、引き続きご注目ください!


それでは、予想に参りましょう。
ダービーウイーク第4戦は、名古屋競馬場のダート1900mで行われる東海・北陸地区の世代頂上戦『東海ダービー』(3歳オープン)。
なお、発走時刻11R・16:15にご注意ください。
※ライブ映像はこちらから見ることが出来ます


まずは、恒例の簡単なコース説明から。

今回のターゲット『東海ダービー』が行われる舞台は、地方競馬場としては標準的な大きさ(周回1100m)の名古屋競馬場(右回り)1900m。
スタートは2コーナー奥にあるポケット地点。そこからバックストレッチを通過し、コーナーを6回まわりゴールを目指すことになる。
名古屋競馬の特徴は、最後の直線距離が194mしかないことで(現存する地方競馬場の中では最短)、その分コーナーとして使用される部分が長い。
コーナーを回っている時間が長いため、差し馬がスピードに乗り切れないことも多く、基本的に逃げ・先行馬が有利な傾向にある。


★☆名古屋競馬11R『東海ダービー』の予想☆★

東海ダービーは1997年~2004年の間はダートグレード競走『名古屋優駿(GIII)』として行われており、当時の勝ち馬にはJRA所属のウイングアロー、アグネスデジタルといった後のGIホースが名を連ねている。
地方競馬は交流重賞しか見ないという競馬ファンにとっても、馴染みが深い競走といえるだろう。

05年からは東海・北陸・近畿地区の交流競走となっていたが、13年を最後に福山競馬場が開催廃止。現在は、東海・北陸地区の交流競走として施行されている。
また、この東海ダービーと、5月に行われた駿蹄賞、10月に行われる岐阜金賞の3レースが、現在当地の三冠競走となっている。

昨年の東海ダービーは、出走馬12頭中11頭を牝馬が占めて“ダービーではなくオークスの間違いでは?”などと囁かれたことは、記憶に新しいところだろう。
結果は、出走馬中で唯一の牡馬だったバズーカが見事に優勝。3番人気の支持ではあったが、牡馬としての面目を保つ勝利だった。

今年の注目は、何といっても第一冠・駿蹄賞を楽勝して6連勝を飾った、カツゲキキトキトの2冠達成なるか!?

このカツゲキキトキトは2歳時は目立つ成績を残せなかったが、3歳2月のおしどり特別を単勝80倍という低評価ながら快勝すると、そのまま一気に連勝街道へ。
アッという間に重賞4連勝をマークし、第一冠目の駿蹄賞を制覇した。
その駿蹄賞では、スタート直後に他馬と接触するアクシデントがあったが、終わってみれば3馬身差の完勝。着差以上に強さを感じさせるレース振りだった。

ただ、1つだけ気になる点は、過去の駿蹄賞優勝馬が東海ダービーでは不振なこと。
施行時期が1ヶ月しか違わず、また距離も100mしか変わらない(12年までは同距離)が、駿蹄賞優勝馬の東海ダービー制覇は、2006年のホウライミサイルまで、10年も遡らないと前例がない。

その実力は認めつつも、人気と傾向のバランスを考えて“疑ってかかる”という手もありそうだ。


☆名古屋11R・結論☆

 ◎⑪バーバリライオン
 ○⑥カツゲキキトキト
 ▲⑩キタノアドラーブル
 △⑦キタノシャーロット
 △⑧メガホワイティ


今回、本命に推したいのはカツゲキキトキトではなく、金沢所属の◎バーバリライオン。
金沢に移籍後は3戦3勝。特に前走の北日本新聞杯(金沢重賞)が強い勝ち方で、その相手もなかなかの好メンバーだった。

その北日本新聞杯の4着馬は、このレースにもエントリーしているミスターダヴィンチ。
同馬は門別→川崎→金沢と移籍をしている馬で、川崎在籍時に0.5秒差の接戦を演じたことのあるジャーニーマンは、後に南関クラシック第1戦・羽田盃で3着に健闘。
ミスターダヴィンチを物差しにすれば、バーバリライオンは、ジャーニーマンと比べても、能力的にそれほど見劣らない可能性がある。
三段論法的な推論だが、バーバリライオンにそれだけの能力があれば、南関>東海のレベル差がある以上、ここでも十分に好勝負できるだろう。

また、バーバリライオン自身も門別→JRA→金沢と移籍をしている馬で、JRA在籍時にはOPクリスマスローズS(芝1200m)で0.6秒差(10着)という実績があり、このメンバーに入ってもスピードで見劣ることはなさそうだ。
持ち前のスピードで主導権さえ握っていまえば、アッといわせるシーンがあっても不思議ではない。

人気を背負うカツゲキキトキトが『アタマあってもヒモなし』のタイプだけに、2着に紛れが生じれば配当的な魅力も十分だ。


馬券の本線は馬単

 ⑪ ⇔ ⑥⑩⑦⑧
 ⑥ → ⑩

それと三連単フォーメーション(18点)

 1着⑪
 2着⑥⑩⑦⑧
 3着⑥⑩⑦⑧

 1着⑥
 2着⑪
 3着⑩⑦⑧

 1着⑥
 2着⑩⑦⑧
 3着⑪

ここで的中を残して、勝ち越しに王手を掛けたいですね!
以上、6号でした。

※ダービーウイーク6番勝負!5戦目の『東京ダービー』予想は6月7日(火)夜に公開予定です



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line