TOP > 競走馬 > 「ヒストリカル」稽古がいい時には競馬でも走る!【エプソムC】
競走馬

「ヒストリカル」稽古がいい時には競馬でも走る!【エプソムC】

3歳時にはきさらぎ賞で2着、その後の毎日杯で重賞を制覇しダービーにも出走したヒストリカル。再びオープン入りした後は、鋭い末脚で2勝を挙げており、2016年の毎日王冠ではGI級メンバー相手に後方から追い込み3着。今年の小倉大賞典でも2着など、まだまだ衰えは見られないそんなヒストリカルについてまとめてみた。
ヒストリカル

【アイルランドT】大外一気でオープン2勝目!

3番人気での出走となったがレースではスッと後方に抑える。1000m通過が1.00.2とスローペースでレースは流れ、直線で大外に持ち出され追い出しのタイミングを待つ。追い出されてからは内の先行馬を突き放し、最後詰め寄られるももうひと伸びして抑え切った。
動画を見る
inyofu 1着 ヒストリカル(田中勝騎手) 「力がありますね。早めに抜け出すとフラフラするところがあるのですが、力が違うので前に出てしまいました。そこは少し失敗しました。それでも順当だったと思います」
inyofu (音無秀孝調教師) 「調教はしっかりやったので、勝ちましたが、体がまださびしいです。次はチャレンジCを予定していましたが、やめた方がいいですね。放牧に出します。2000mでいい結果が出たので、今後は、1、2コーナーを回らないような2000mがいいかもしれません」

【金鯱賞】なかなか差が詰まらず...

前半は最後方に控え、じっくりとスタミナを温存する。直線では大外に持ち出すも、スローペースでは厳しかったのか前との差を詰めることはできず大敗という形になってしまった。
動画を見る
inyofu 高倉騎手(ヒストリカル=14着)「脚は使っていますが、展開次第の馬ですから」

【メイS】上がり最速の脚を使うも...

道中は後方2番手に控えるが、1000m通過は1.00.7と遅い流れでレースは進み、直線コースへ。外から懸命に上がり3F32.7の豪脚を使うが、前を捕らえるまでにはならなかった。
動画を見る
inyofu 4着 ヒストリカル(戸崎圭太騎手) 「この馬の形で、しっかり脚を使ってくれました」

【エプソムC】追い切り この馬としては十分な時計!

inyofu 8歳の古豪ヒストリカルは、前走・メイSでメンバー最速の3F32秒7で追い上げ4着。3走前の小倉大賞典では2着と、末脚が生きる展開ならまだまだやれる。
inyofu 栗東坂路でミッキーロケット(25日の宝塚記念が目標)と、テンから14秒2-12秒3-11秒8の快ラップ。ラストの追い比べで1馬身遅れたが、相手は攻め駆けするし、4F51秒3なら、この馬としては十分な時計だ。
inyofu 「ひと叩きして、ここ目標にやってきた。上積みを感じるし、デキは前走よりいい。差し一辺倒のところがあり展開に左右されるが、前走もスローのなか、ラストは脚を使っている。距離もベスト」と音無調教師。一昨年10月の東京・アイルランドT以来のVを狙う。

ここ7戦連続で上がり3Fタイムが2位以内と、8歳馬ながらも切れ味は衰えることは無く、さすが8歳で天皇賞(秋)、マイルチャンピオンシップを連勝したカンパニーの弟といったところである。展開には注文がつくが、ハマれば上位争いで加わることが出来るであろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line