TOP > 予想/馬券 > 【エプソムC】難解なフルゲートのレースで穴を狙う!高配当の使者はこの馬だ!
予想/馬券

【エプソムC】難解なフルゲートのレースで穴を狙う!高配当の使者はこの馬だ!

過去10年、二ケタ人気の馬が3着に食い込んだ2回は3連単10万円以上の配当が飛び出しており、フルゲート18頭で争われる今年は伏兵の台頭に期待が持てる。果たして今年の結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

2~5月の重賞を使っている馬が走る!

過去5年、前走で2~5月の重賞を使っている馬は複勝率53%、複勝回収率136%と好走確率は非常に高い。やはり重賞で強い相手と戦ってきた馬は、人気に関わらず注意が必要だ。
久々の実戦となった新潟大賞典をひと叩きされ、状態アップが見込めるダービーフィズ。東京コースは(3,3,0,7)と得意にしており、また今回は相性のいい岩田騎手とのコンビも復活した。人気の盲点になりそうで、狙い目の1頭になるだろう。

前走が京都芝のオープンだった馬を狙え!

過去10年、前走が京都芝のオープンだった馬の成績は(4,0,3,16)と比較的好成績。馬券に絡んだ7頭中3頭は5番人気以下だった。今年もこのローテーションで挑んでくる馬に注目したい。
前走のマイラーズCは9着だったエキストラエンドだが、ムラ駆けするイメージのあるこの馬。今年も京都金杯7着から、東京新聞杯2着と一変した。久々の1800mのレースになるが、重賞実績は豊富な馬で軽視禁物の1頭だ。

堅実な走りを見せるハーツクライ産駒に注目!

2011年以降の東京芝1800mのハーツクライ産駒の成績は(20,27,11,130)で、連対率25%は勝利数第一位のディープインパクト産駒の26.4%と遜色ない成績。馬券に絡む確率は高く、ぜひ狙っていきたい。
ハーツクライ産駒のレコンダイト。2走前は不得手の重馬場で大敗、前走は直線で進路が狭くなり不完全燃焼なレースとここ2戦は力を出し切れないでいる。今回は久々の2000m以下のレースになるが、前走から距離短縮だと(0,1,3,2)と勝利こそないものの、高い確率で馬券に絡んでいる。中1週のローテになるが、穴馬として注目しておきたい1頭だ。

先週の安田記念とは打って変わってフルゲート18頭での争いとなるエプソムC。人気も割れそうで混戦模様だが、それだけに狙いを澄まして高配当をGETしたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line