TOP > コラム > 覆面馬主【砂の6号】6月11日(土)東京8R・東京10R予想
コラム

覆面馬主【砂の6号】6月11日(土)東京8R・東京10R予想

覆面馬主 砂の6号
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

先週、急遽スタートしたダービーウイーク特別企画。
7号さんプレゼンツ『とっておきのスペシャル・オフレコ馬券』を賭けた、ダービーウイーク6番勝負の結果は、これまで5戦して2勝3敗。。

これまでの成績は以下のとおり
-----------------------
★☆ダービーウイーク2016☆★
5月
29日(日)九州ダービー 佐賀競馬場 ○
31日(火)北海優駿   門別競馬場 ○

6月
6日(月)岩手ダービー 盛岡競馬場 ●
7日(火)東海ダービー 名古屋競馬場 ●
8日(水)東京ダービー 大井競馬場 ●
16日(木)兵庫ダービー 園田競馬場

現在2勝3敗。。

ウマキュレ内特設ページはこちら
-----------------------

前回は、最も自信のあった東京ダービーでしたが、結果は痛恨の不的中!
2連勝の後の3連敗と、完全に風向きが悪くなってきました。。
ただ、ひとつだけ言い訳をさせてもらえるならば、地方馬主としては“中央から転厩して来たばかりのバルダッサーレ(1着馬)”には意地でも重い印は打てません!

これで2週間に掛けて行われてきたダービーウイークも、残すレースは、園田競馬場で行われる兵庫ダービーのみ。
ただ、最終戦を的中させれば、スペシャル・オフレコ馬券ゲットの可能性は残っていますので、ぜひ最終戦にもご注目ください!
※ダービーウイークのファイナル!『兵庫ダービー』予想は6月15日(水)夜に公開予定です


さて。
先週の中央開催はクラスの再編成があり、このコラムでも徹底的に降級4歳馬を狙って3レース的中。
ただ、人気の3歳馬が勝った条件戦もあり、今年の3歳世代もなかなかの強さを秘めていそうな予感がしました。

また、先週から新馬戦もスタートしており、注目の新種牡馬アイルハヴアナザー産駒は、2頭が出走して4着と6着という結果。
芝レースでも、もう少しやれそうだと思っていたので残念な結果ではありますが、これから素質馬が続々とデビューしてきますので、引き続き注目をしていきたいですね。


それでは、予想に参りましょう。
土曜日のターゲットは、ダート2100mで行われる東京10R『八王子特別』(3歳上1000万下)。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。

東京ダート2100mのスタート地点は、直線のゴール板手前。
最初のコーナーまでは約236mしかなく、スタートしてすぐに第1コーナーを迎える。そのため、外枠に入ってしまった先行馬は不利となる。
コーナーを4つ回るコースのため、やはり逃げ先行馬が有利で、勝率の50%以上を占める。
しかし、東京コースらしく長い直線を利して差しが届く展開となることも少なくない。
そのほかの特徴としては、上がりが早くなる傾向があり、好位からでも早い脚が使える、いわゆる決め手のある馬が理想的。

★☆土曜東京10R・『八王子特別』の予想☆★
参考にするのは同時期に同コースで行われた過去2回の八王子特別と、2013年に行われた是政特別。

①配当
過去3回の馬連平均配当は560円。
新しい順に210円、540円、930円。

すべて3桁配当で非常に堅いレース傾向

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2015( 2→ 1人気)
2014( 1→ 3人気)
2013( 4→ 1人気)

1番人気は(1-2-0-0/3)という成績で信頼できる。
なお、3着には8、7、7番人気がそれぞれ入っており、3連系の馬券なら忘れずにマークしたい

③性齢と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量  ※括弧内は左が1着
2015(牡4_57.0→牡4_57.0)
2014(牡4_57.0→牡6_57.0)
2013(牝4_55.0→牡4_57.0)

連対馬は4歳馬が5頭で圧倒的

④位置取り
連対馬の4角位置  ※括弧内は左が1着
2015( 4→ 6番手) 良
2014( 3→ 5番手) 良
2013( 5→ 8番手) 良

好位から早い上がりをマークした馬が3連勝

⑤所属
過去3回の連対馬は、関東馬が4頭で優勢

⑥種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はタニノギムレットで2着が2回

⑦騎手
複数回連対している騎手はいない

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
過去の連対馬6頭中4頭は、前走4月以降のレースに使われていた。
また例外の2頭の前走レースは2月の東京開催だった

⑨前走コース・距離
連対馬の前走コースと距離は以下の通り
東京ダ2100m:4頭
東京ダ1600m:1頭
京都ダ1900m:1頭

前走が同舞台の東京2100mだった馬が4頭で最多

⑩前走レース・着順
連対馬の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。
前走・1600万下 :2頭(5、2)
前走・1000万下 :4頭(1、3、1、1)

前走500下組の連対は1度もなく苦戦傾向。
また、前走1000下1着の“勝って同条件”だった馬が3頭連対しており、今年も要注意

⑪距離実績
過去3回の連対馬6頭には、距離2000m以上のレースでの勝利実績があった

⑫クラス実績
過去3回の連対馬6頭中5頭には、1000万クラスで1着の実績があった。
また、例外の1頭にも1000万クラスで2着という実績があった

データは以上。


時期的に、やはり降級4歳馬が強いレース。
過去の配当を見てもわかるとおり、人気を背負った4歳馬が期待応えるレース傾向だといえる。

今年のメンバーで降級4歳馬はクールエイジア、セイカアヴァンサ、アバオアクーの3頭。
この中では、データ⑩にあるように“勝って同条件”の馬が強い傾向から、前走同条件1着のクールエイジアが最有力といえそうだ。


☆東京10R・結論☆

 ◎⑤クールエイジア
 ○⑨アバオアクー
 ▲⑥ステージジャンプ
 ☆⑫マイネルビクトリー
 △①ケイツートール
 △⑦セイカアヴァンサ
 △⑮ワトソンクリック

今回、本命に推したいのは◎クールエイジア。
このコースは2戦2勝と好相性で、未勝利は逃げ切り、1000万下は差し切りと、自在の立ち回りで勝ち星を挙げている。
さらに今回は、2馬身差で快勝した前走と同斤量。目立つ強敵もいない以上、ここは陣営の目論見どおり1000万連勝が濃厚だろう。

○は、前が崩れる展開なら一気の差し切りが見込めるアバオアクー。

▲は、前走だけ走ればチャンスがありそうなステージジャンプ。

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑤
 馬単⑤ ⇔ ⑨⑥⑫①⑦⑮

少額で軸1頭の三連複

 ⑤ = ⑨⑥⑫①⑦⑮


-----------------------
★☆おまけ、の東京8R『3歳上500万下』の予想☆★

おまけは、東京ダート1600mで行われる『3歳上500万下』をピックアップ。

このレースは、降級4歳馬クロフネビームスと、初ダートの3歳馬フィビュラの一騎打ちムード。
ただし、先週からのスタンスどおり、3歳馬を軸馬に指名するのは、世代間の力関係がハッキリするまでは控えたい。

よって、今回は1000万下で再三の接戦実績を誇る◎クロフネビームスの方を中心視することに。

☆東京8R・結論☆

 ◎⑯クロフネビームス
 ○⑮フィビュラ
 ▲⑨ルノンキュール
 ☆⑩プリンシアコメータ
 ☆⑭スイートメロディー
 △⑦スクラッタ
 △⑫デフィニール

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑯
 馬単⑯ ⇔ ⑮⑨⑩⑭

少額で軸1頭の三連複

 ⑯ = ⑮⑨⑩⑭⑦⑫

以上、6号でした。


私6号が担当するコラム
『砂の惑星から来た勇者たち』はこちら



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line