TOP > 予想/馬券 > 【ヴィクトリアマイル】怪我明けで制覇なるか!?エクセラントカーヴ
予想/馬券

【ヴィクトリアマイル】怪我明けで制覇なるか!?エクセラントカーヴ

連勝街道を突き進んできたエクセラントカーヴだが、初重賞制覇後、無念の骨折によるリタイアを経験。 復帰初戦の中山牝馬Sは敗れたものの、今回がまだ怪我明け2戦目。そんなエクセラントカーヴについてまとめてみた。
競走馬

古馬になり、才能開花!

3歳時は気性面の未熟さもあり、思うように活躍は出来なかったものの、古馬になってから4連勝で一気に重賞制覇を果たした。

勢いそのまま、破竹の4連勝で重賞制覇!

ダノンシャークなどの強豪牡馬を相手にしても、その勢いは止まることを知らず、見事京成杯AHを制した。
inyofu 「強かった。最後にいい脚を使うことは分かっていたし、この馬の競馬をすればと思っていた」。会心の騎乗を戸崎は涼しい顔で振り返った。「前はいつでもかわせる手応えだったから、後ろだけ気をつけていた」。
2013年 京成杯AH レース映像
動画を見る

まさかの骨折…

inyofu 前走後、左前脚ヒザの周囲に熱感があったためにレントゲン検査したところ、トウ骨遠位端骨折が判明。全治には6ヶ月程度を要する見込みで、近々、北海道苫小牧市のノーザンファーム内社台クリニックで骨片除去手術が行われる予定。競走能力自体には影響がなく、現役はこのまま続行する。
連勝中で、期待していたファンも多くショックな出来事。現役を続けられることだけが不幸中の幸いといったところだった。

気になる現在の状態は…?

inyofu カーヴは5F68秒6~1F12秒9、外エバーは同69秒8~12秒9をはじき出した。カーヴについて「仕上がりが早いので速い時計はいらない。前走(中山牝馬S9着)は骨折明け。距離も少し長かった」と橋本助手。
一週間前追い切りの様子だが、極めて順調な状況。前回の敗因の分析もされていて、陣営も落ち着いた様子だ。

昨年、春から秋にかけて4連勝し、京成杯AHで重賞初制覇を達成したエクセラントカーヴ。しかし、直後に骨折が判明し、秋のシーズンから姿を消したことで、がっかりしたファンも多いのではないだろうか。前回の中山牝馬Sが物足りない結果で連勝もストップしてしまった。敗れてしまったものの、骨折後からも大目標としていたヴィクトリアマイルに挑む。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line