TOP > エンタメ・雑学 > “千差馬別” 馬もいろいろ!
エンタメ・雑学

“千差馬別” 馬もいろいろ!

今週は東京競馬場でユニコーンSが行なわれます。 ユニコーンSの“ユニコーン”とは、馬の体をしたヨーロッパの伝説上の生き物だとか。 そこで今回はレース名にちなんで、世界中に存在する様々な品種のウマを調査。 その中からインパクトの大きな品種を中心に注目してみました!
馬キュレ

【アハルテケ】

黄金の馬 とにもかくにも、その美しさに目を奪われるアハルテケ種。きらびやかな光沢に輝く馬体は黄金以上の美しさ。これが競馬場を走っていたら視線を独り占め!

【ペルシュロン】

巨人 ラオウの黒王も真っ青のデカさ!

【ファラベラ】

小さいからこその存在感! 大きい方じゃないぞ、小さい方だぞ!

【クライズデール】

靴下愛用 四足の靴下がトレードマーク!

【ハフリンガー】

栗毛の金髪 もはや白金!

【アパルーサ】

個性派 「ブチコとは俺のこと」 見よ、この斑模様!

【フリージアン】

容姿端麗 イケメン過ぎる馬

【番外編】

番外編は品種ではなく、ユニーク顔のウマたちです。
なんとまぁ…神様の悪戯でしょうか?(笑)
ハートが印象的! (サラブレッド) Lankan Rupeeは2013/2014年シーズンのオーストラリア年度代表馬。実力も一流!

インパクト大! 白い顔!


はい、いかがだったでしょうか?

私たちが競馬場で目にするサラブレッド以外に、世界中に様々な品種が存在します。

この機会に色々な種類の馬に注目するのも面白いですね。

ウマの世界はまだまだ奥が深そうです。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line