TOP > エンタメ・雑学 > 2016年6月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2016年6月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2016年6月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
ルージュバックが復活を遂げた先週の競馬界。その裏では何が起こっていた!?
馬キュレ

【ベルモントS】日本馬ラニは3着

inyofu アメリカ合衆国のベルモントパーク競馬場で行われた米3冠競走の最終戦ベルモントS(GI、ダ12F)は、イラド・オルティスJr.騎手騎乗のクリエイター(牡3、米・S.アスムッセン)が中団追走から直線内を突いて伸びると、ゴール前の接戦を制して優勝した。勝ちタイムは2分28秒51。
inyofu 2着はハナ差でデスティン(牡3、米・T.プレッチャー)。ケンタッキーダービー、プリークネスSに続く参戦となったラニ(牡3、栗東・松永幹)は、直線で外から脚を伸ばすも僅かに及ばず、勝ち馬から1馬身半差の3着だった。
動画を見る
米クラシック三冠、最後の一冠ベルモントSに出走した日本馬ラニは、最後の直線で大外から一気に追い上げるも結果は3着。しかし、レース実況は異様なテンションでラニの名を絶叫するなど、アメリカの競馬ファンにも日本馬の強さを見せつけることのできた一戦であった。

【新馬戦】ルーラーシップ産駒のワンツー決着!イブキがデビュー勝ち

inyofu 6月12日、東京競馬場で開催された第5R・メイクデビュー東京(新馬、芝1800m)は、道中先団からレースを進めた3番人気イブキ(牡2、美浦・奥村武)が、直線馬場の中ほどから力強く抜け出し1着でフィニッシュした。勝ちタイムは1分49秒9(良)で、鞍上はM.デムーロ騎手。
inyofu 半馬身差の2着は大外から脚を伸ばしゴール寸前で2番手に上がった2番人気レジェンドセラー、2着に3/4馬身差の3着は好位追走から直線いったんは勝ち馬の前に出るシーンもあった1番人気フュージョンロックが入っている。
動画を見る
新馬戦でイブキが1着となり、ルーラーシップ産駒がJRA初勝利を挙げた。今年の2歳世代がファーストクロップとなる新種牡馬の中では、血統登録数が131頭と最多を誇るだけに、これから多くのルーラーシップ産駒が勝ち名乗りを挙げることだろう。

エイシンヒカリが129ポンド獲得で単独世界1位に

inyofu IFHA(国際競馬統括機関連盟)から最新のロンジンワールドベストレースホースランキングが発表され、イスパーン賞(シャンティイ、GI、芝1800m)を10馬身差で圧勝したエイシンヒカリ(牡5、栗東・坂口)が129ポンドで世界1位にランクインした。
仏GIイスパーン賞で圧勝したエイシンヒカリが、ロンジンワールドベストレースホースランキング世界1位の座に輝いた。日本馬による単独トップはジャスタウェイに続いて2頭目の快挙となる。また、JRA所属馬では日本ダービーを制したマカヒキが、新たに121ポンドでドゥラメンテと並ぶ11位タイに入ったほか、モーリスが124ポンドで4位タイ、サトノダイヤモンドが120ポンドで16位タイとなっている。

ダービー馬マカヒキ 凱旋門賞への挑戦決定!

inyofu 今年の日本ダービーを制したマカヒキ(牡3、栗東・友道)が、フランスのシャンティイ競馬場で開催される凱旋門賞(GI、芝2400m)へ正式に挑戦することがわかった。管理する友道師が明らかにしたもの。同馬は凱旋門賞への1次登録を既に完了しており、実際に参戦するかどうかの決断について、注目されていた。
今年の日本ダービーを制し、ロンジンワールドベストレースホースランキングでも11位にランクインしたマカヒキが凱旋門賞挑戦を表明した。フランスへは早めに渡り、現地の外国人騎手を起用、ニエル賞などの前哨戦を経て凱旋門賞へ臨む予定だ。

第57回【宝塚記念】ファン投票! 結果発表!

inyofu 順位 馬名 投票数 性年齢 調教師名
1 キタサンブラック 82,121 牡4 清水 久詞
2 ラブリーデイ 64,269 牡6 池江 泰寿
3 ショウナンパンドラ 55,794 牝5 高野 友和
4 ゴールドアクター 51,383 牡5 中川 公成
5 ミッキークイーン 48,744 牝4 池江 泰寿
6 ドゥラメンテ 40,652 牡4 堀 宣行
7 マリアライト 33,348 牝5 久保田 貴士
8 モーリス 31,177 牡5 堀 宣行
9 リアルスティール 27,553 牡4 矢作 芳人
10 マカヒキ 26,762 牡3 友道 康夫
第57回宝塚記念ファン投票の最終結果が発表され、1位は菊花賞と天皇賞(春)を制したキタサンブラックとなった。2位のラブリーデイにはおよそ18000票の大差を付けての選出であり、期待の高さが伺える。しかし、3位のショウナンパンドラは骨折により回避、5位のミッキークイーンもレース後の疲労が抜け切らないことから出走回避を表明した。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想!6月12日の結果発表!

inyofu 東京12R
◎⑪サノマル
○⑦ラインフェルス
▲⑤ヨクエロマンボ
△④イダクァイマ
△⑧ベルウッドケルン
△⑯ワイルドダンサー
△⑨ダイワリアクション

昇級だが、ここに来て力を付けている。3歳の勢いを重視したい。
阪神は降級組が堅そうなのでパスしたじゃいさん。
東京12Rでは7番人気◎⑪サノマルを本命に推したものの結果は14着。
しかし、○⑦ラインフェルス 2着
△④イダクァイマ 1着
△⑧ベルウッドケルン 3着
と、馬券に絡んだ馬はすべて印を打っていた。

2016年6月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。 
2つの重賞が行われた先週のJRAだが
エプソムCでは1番人気ルージュバック
マーメイドSでは6番人気リラヴァティ
がそれぞれ制した。
昨年は牝馬クラシック候補として名乗りを挙げながらも、無冠に終わったルージュバック。
古馬となってからも勝ちきれない競馬を続けていたが、エプソムCでは約1年4カ月ぶりとなる勝利の美酒を味わった。
最後の直線で外めに進路を取ると、他馬を圧倒する末脚を見せて完勝。
不利と思われた大外枠を引いたにも関わらず、強い競馬で完全復活をアピールした。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line