TOP > コラム > 覆面馬主【妄想の2号】函館スプリントステークス予想【うまヨミ読者限定配信コラム】
コラム

覆面馬主【妄想の2号】函館スプリントステークス予想【うまヨミ読者限定配信コラム】

覆面馬主2号
※【うまヨミ読者限定配信コラム】 うまヨミ配信日時 6/18 21:00※


こんばんは、土曜は函館の芝にちょっと苦戦してしまった2号です。

「既に函館芝のレースを当てている!」と言えれば良かったんですが(実は密かに狙っていました)、1点勝負の函館2R(芝1200m)は○ラカリフォルニーが2着に来たものの、◎ローエキスキーズの方が見事なまでに馬券圏外。イチオシレースとして紹介していた函館10R(芝2600m戦)も軸馬2着、勝ち馬△、3着無印の抜け目になってしまいました。

8Rの函館芝1200m戦(3歳以上 500万下)は3連単2,987,810円、11RのHTB杯も10番人気が勝って3連単101,270円と全体的に波乱含みが多く、この函館スプリントSも高配当になりそうな気がしています。カレンチャンが勝った2011年は1、3、2番人気の決着でしたが、去年は4、14、12番人気で3連単94万馬券になっていましたからね・・・・・。


というわけで函館SS。前日時点では最内の桜花賞馬・レッツゴードンキが結構上位の人気になっているようですが、どうなんでしょう、この馬。
新馬、札幌2歳Sとデビューから連勝しているように洋芝は問題無さそうですが、どちらも1800m戦。そもそも1200mという距離の方が問題に思えてならないんですよね。

最近は1200mや1400mにも参戦していますが、逃げ損ねた時に前を差せるほどの脚は無く、そもそも生粋の『短距離の逃げ馬』相手だと逃げられないこともしばしば。実は密かにダート中距離で楽に逃げるのが合いそうだなと思っています(父キングカメハメハですし)。

◎○▲の候補は、内から順にシュウジ・アクティブミノル・ティーハーフ。それぞれ長所と短所があるので若干悩みましたが、今回は昨年の覇者に敬意を表し

◎12ティーハーフ
○3シュウジ
▲9アクティブミノル
☆5エポワス
△1レッツゴードンキ
△7オメガヴェンデッタ
△14ローレルベローチェ

で、いきたいと思います!

◎ティーハーフは去年ここを完勝しており、函館は2歳時の函館2歳S(3着)、そして去年と重賞を2戦してどちらも馬券圏内。しっかりひと叩きしてここに臨んできた臨戦過程も悩んだ3頭の中では一番良いと思います。
後方一気なので前が詰まったら一発アウトになりかねない点が『軸としてはどうなの?』という感じですが、逆に言うとケチを付ける部分がこのぐらいしか無く(逃げ馬が出遅れる可能性などを言い始めたらきりがないですし)、総合的に見て一番信頼出来そうです。

○シュウジはとにかく斤量52キロが魅力的。洋芝経験は無いもののやや重の馬場で好走しており、力の要る馬場が全く駄目というわけではなさそうです・・・・・が、実際の洋芝はあくまで未知数。古馬初対戦でもありますし、今回は挑戦者的立場の筆頭格ということで対抗にしました。

▲アクティブミノルは高松宮記念で16番人気4着、結構驚きました。対古馬初戦だった去年のセントウルSでウリウリを破った経験もありますし、地力が問われる状況でこそ活きるタイプなのかもしれません。
期待値込みでもう少し上に見ても良いぐらいですが、難点は結構な重症から復帰した直後の藤岡康太騎手。おまけに函館最終で落馬し、日曜の騎乗は当日朝の判断だとか・・・・・。

土曜にいくつか勝っているとはいえ、過去の様々な経験から『怪我明け1週目』『初来日1週目』の騎手と『屈腱炎明け1走目の馬』はあまり過信しないようにしています。ユニコーンSのストロングバローズも同じ理由で○→☆です(いつもの馬連流しや3連複だと○でも☆でも実質的には同じ扱いなんですが、気持ちの問題です)。
乗り替わりの可能性もありますが、結構難しい馬だという話を聞いたことがあるので、テン乗りになった場合は尚更マイナスでしょう。ハマれば勝てるタイプでも、総合的にこの評価になりました。

他に気になるのは☆評価にした8歳セン馬のエポワスですね。長期休養明けの前走は1400mで大敗していますが、あくまでこれは北海道に向けてのひと叩き。メンバー中最上位の洋芝巧者である点は見逃せません!

馬券は馬連◎=〇▲☆と、3連複フォーメで◎=〇▲☆=〇▲☆△△△の12点を購入しようと思います!

2号ユニコーンSへ
全力一点少年・素イチスイッチへ



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line