TOP > 競走馬 > 「ウリウリ」仕上がりは上々!流れにのってつかみとる【スプリンターズS】
競走馬

「ウリウリ」仕上がりは上々!流れにのってつかみとる【スプリンターズS】

昨年はCBC賞からスプリント戦線で目覚ましい活躍を見せ、サマースプリントシリーズ優勝と大活躍だったウリウリ。前走4ヶ月ぶりとなったセントウルSでは後方から差をつめるので精一杯であったが、今回はひと叩きされて急上昇が見込める。そんなウリウリについてまとめてみた。
ウリウリ
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

ウリウリの血統!ディープ×フレンチデピュティの好配合!

inyofu ディープインパクト×フレンチデピュティ」は成功している組み合わせで、ほかにショウナンパンドラ(秋華賞)、カミノタサハラ(弥生賞)、ボレアス(レパードS)をはじめ多くの活躍馬が出ています。ディープインパクトはフレンチデピュティの息子クロフネとも相性が良好です。
inyofu ウリウリの2代母リアルナンバーは南米アルゼンチン産ですが、2代父は欧州2400m血統である Rainbow Quest で、リアルナンバー自身は Ribot 5×5。母の父フレンチデピュティはアメリカ血統なので、重厚なヨーロッパ血統でサポートしているのは好感が持てます。

【高松宮記念】レコードタイム決着に対応できず...

早い時計が出る馬場であった中京競馬場。まずまずのスタートで道中はごった返した中団を進む。600m通過が32.6というハイペース、直線では馬場の真ん中を追い出されるもなかなか伸び切れず9着。
動画を見る
inyofu 9着ウリウリ(戸崎)内に入れずにダラダラと外を回されてしまった。

【ヴィクトリアマイル】手応えは良かったが...

4番枠という内目の枠を活かしてスタートからは中団のインにつける。折り合いも上手くつき、持ったままで直線へ。わずかなスペースを狙うも、脚はもう残っておらず、ズルズルと後退。13着でゴールインとなった。
動画を見る
inyofu 13着ウリウリ(三浦)理想的なポジションだったが、直線に向いて反応がなかった。

【セントウルS】休み明けが影響か...

約4ヶ月ぶりとなったセントウルS。スタートから手綱がしごかれるも後方3番手までしか追い上がらず末脚に懸ける形に。直線では他馬と接触がありながらも最後まで伸びてきていたが、勝ち馬には及ばずであった。
動画を見る
inyofu 9着ウリウリ(M・デムーロ)今日は“出発”するところがなく、すぐに終わってしまった。

【スプリンターズS】追い切り情報 反応は着実に良化!

inyofu ウリウリ(牝6、藤原英)は、Cウッドでルミナスパレード(古馬1600万)を5馬身追走。内から馬なりで並びかけると、軽く仕掛けただけで3馬身先着した。
inyofu 休養明けのセントウルSをたたき、反応は着実に良化。藤原英師も「いいんちゃうかな。前走も、しまいは伸びていた。ちょっと色気を持っていきたい」と手応え十分だ。

前走は弟のマカヒキと共に同日兄弟重賞制覇を目指したが、マカヒキのみがニエル賞を制し砂を噛む思いとなった。今週は姉はスプリンターズS、弟は凱旋門賞と両馬同日GI制覇という歴史に残る大偉業を成し遂げるためにも先に行われるスプリンターズS、これまで以上に負けられない1戦となることであろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line