TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~函館編~【6月18日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~函館編~【6月18日版】

抱きしめて!ミスターP
どうも皆さんこんばんは!
覆面馬主・データの8号です。

先週までは東京と阪神開催。今週から函館開幕。

ということで「抱きしめて!ミスターP」も東京・阪神の計4頭から函館を加えての6頭紹介に増えます。3週間の2開場にもの足りなさもありましたから、やはり競馬は3ヶ所で開催していた方が楽しいですね。

それでは早速、土曜日の函館で抱きしめたいミスプロ系をご紹介します!

■函館1レース!3歳未勝利

◎⑬タイトルリーフ

函館開催もスタートですので一発目はもちろん1Rから。このレースは2頭のミスターPが出ていて狙うのはバトルプラン産駒のタイトルリーフです。父がミスターPなら母父もミスターPのフサイチペガサス。それから父の母父もミスターPのシーキングザゴールド。つまりミスターPの血量は21.88%と多いです。ちなみにタイトルリーフの4代母の産駒に99年の凱旋門賞馬モンジュー。その4代母の妹の孫にマイルCSを勝ったダノンシャークがいます。
去年の函館芝1800mでデビューしたタイトルリーフはここまで勝っていませんが、最近はダートで安定していますし、この条件なら期待できるでしょう!


■函館2レース!3歳未勝利

◎⑫ラカリフォルニー

父はミスターPのダッチアートという種牡馬です。この馬は競走馬時代にフランスのモーリスドギース賞の2着などがあります。このレースはシーキングザパールが日本調教馬として初めて勝った海外GIですので知っている人も多いですね。ちなみにダッチアート産駒は日本でラカリフォルニーだけですのでレア種牡馬の産駒と言っていいと思います。それと6代母の妹の孫に86年の英1000ギニーと英オークスを連勝したミッドウェイレディという馬がいますが、その娘も2005年の英オークスを勝っています。それからステイヤーズSを2度勝ったデスペラードもこの牝系。海外のセールで社台グループが落札したようですし、将来の繁殖入りも見越した購入と考えるのが自然ですね。ラカリフォルニー前々走のダートはダメでしたが、過去2回の芝は好走しています。小回り福島で好走歴がありますし、函館のここも楽しみです。

函館は以上!


抱きしめて!ミスターP~東京編~

抱きしめて!ミスターP~阪神編~



※【うまヨミ】の登録はこちらより 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line