TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~阪神編~【6月19日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~阪神編~【6月19日版】

抱きしめて!ミスターP
続いて、阪神です!

函館のところでは書きませんでしたが、荒れ模様の土曜日函館でも「抱きしめて!ミスターP」で紹介した函館の推奨馬ラカリフォルニーは2着に好走!

それに土曜、阪神4Rで紹介していたスノードルフィンも2着。従兄弟にフランスのモーリスドギース賞(モーリス・ド・ゲスト賞)の勝ち馬がいるスノードルフィンですが、がんばってくれました!

ちなみに、函館のラカリフォルニーの父ダッチアートも現役時代はモーリスドギース賞で2着の実績があります。

ということで、土曜日の勢いに乗って阪神で抱きしめたいミスプロ系をご紹介します!

■阪神1レース!3歳未勝利

◎⑤ジーパワー

父ヴァーミリアン、母父アフリートとどちらもミスターPです。ヴァーミリアンはエルコンドルパサー産駒。一方のアフリートはミスタープロスペクターの直仔。ちなみにヴァーミリアンの半兄サカラートは中央・地方問わずダート重賞で活躍した馬ですが、その父はアフリート。要するにヴァーミリアンの母スカーレットレディはエルコンドルパサーとの間にヴァーミリアンを生み、アフリートとの間にサカラートを生んでいます。つまり、ジーパワーは母父アフリートの血統にヴァーミリアンを介してスカーレットレディとの組み合わせを実現させています。ヴァーミリアンを付けた点に、その辺りの意識があるかもしれませんね。デビュー戦は12番人気4着、二走目は3番人気5着、前走は8番人気5着のジーパワー。今回の人気は分かりませんが、堅実な所は魅力。上手くいけば馬券になりそうです。


■阪神4レース!障害未勝利

◎⑩グレイレジェンド

父はミスターPのトワイニング。母はオグリクェスチョン。読んで気付いた方も多いと思いますが、3代母にホワイトナルビーの名。有名なオグリキャップの母ですね。オグリキャップの活躍以降ホワイトナルビーの血は牝系で広がったわけですが、どうやら現在、中央現役馬はグレイレジェンドを含めて6頭ほど。しかも父ミスターPとなると、グレイレジェンドのみのようです。何とか頑張ってほしいですね。前回は初障害で6着。経験を積んだ今回は上位を期待!

阪神は以上!


抱きしめて!ミスターP~東京編~
抱きしめて!ミスターP~函館編~



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line