TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」岩田康誠【6月19日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」岩田康誠【6月19日版】

砂の惑星から来た勇者たち
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

土曜日にピックアップした小牧太騎手は、7鞍に騎乗して3着が最高と振るいませんでした。

ただ、日曜日の9R小豆島特別では、クラス再編成でOPから2階級も降級したダノンメジャーがスタンバイ。
昨秋にOPで小差の2着がある実力馬だけに、ここは取りこぼせないところでしょう。引き続き注目したいですね。

さて。
地方競馬出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。

昨日も触れたとおり、日曜日は当コラムの勇者5人中3人が函館に集結!
砂の重賞・ユニコーンSに出場者がいないのは残念ですが、北の地で腕を競い合うことになりました。

そこで、メインの重賞・函館スプリントSで最もチャンスがありそうな騎手ということで、今回は3歳馬シュウジとのコンビで挑む岩田康誠騎手をピックアップ。
昨年、重賞4勝をマークした相性の良い北海道シリーズで、奮起を期待したいと思います!

それでは、日曜日の騎乗馬をジャッジしていきましょう。

----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

■函館1R・◎カフジキング

通算(0-5-3-3/11)という成績で、展開ひとつで未勝利ならすぐにでも卒業できそうな馬。
今回は距離延長となるが、前走の芝スタートよりは、ダートスタートの1700mの方が向きそうなタイプ。
函館コースは初となるが、小回りに替わって詰めの甘さをカバーできれば、待望の初勝利を飾れそうだ。

----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■函館2R・△ラフェデビジュー

長期休み明けで、まだ本調子にはない印象

----
■函館7R・◎ベーリングメファ

降級すれば牡馬相手でもヒケはとらない

-----
■函館8R・△ショウナンアヴィド

ブリンカー装着の効果が出れば

----
■函館10R・▲コマノサラサ

牡馬混合戦に変わるのは楽ではないが、スムーズに流れに乗れればチャンスはありそう

----
■函館11R・▲シュウジ

調教の動きが素晴らしく、パワフルな動きから、いかにも洋芝が合いそうなタイプ。
ただ、この時期の3歳馬が古馬相手の重賞を勝つことは簡単ではなく、馬券は無難にワイドか3連系で狙いたい。

----
■函館12R・△ファシーノ

昇級緒戦で、まずはクラス慣れが必要か

----
それでは、今週も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line