TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」ユニコーンS
コラム

覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」ユニコーンS

覆面馬主 データの8号
どーも皆さんこんにちは。
覆面馬主・データの8号です。

ユニコーンSは3歳のダート重賞ですね。7月のジャパンダートダービーを占う意味でも重要なレースですから要チェックでしょう!

では、ユニコーンSの「データ分析」をどーぞ!

↓↓↓

第21回
ユニコーンS(GIII)
ダ1600m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京ダ1600m】
3歳OP

※過去10年のユニコーンSのデータ

●傾向

1、人気

過去10年で馬券対象馬は31頭(13年3着同着)。その内1番人気は(5,2,0)と複勝率70%。2番人気は(1,4,1)で複勝率60%、3番人気は(3,1,2)で複勝率60%、4番人気は(1,1,0)で複勝率20%。勝ち馬は全て4番人気以内から出ており、連対馬も10頭中8頭は4番人気以内。一方、3着は4番人気以内3頭、5番人気~8番人気で7頭。二桁人気の馬券対象馬は13年3着で同着の11番人気ケイアイレオーネの1頭のみ。

2、配当

過去10年の単勝平均540円、馬連平均2810円、3連単平均47630円。上位人気の決着の多いレースということもあり、平穏な配当。

3、前走クラス

前走クラス別の成績は、前走OP特別組(5,6,6)が最も多くの馬券対象馬を出しています。次に地方組(2,2,1)、前走500万下組(2,1,2)と続きます。一方、前走重賞組(中央)は(0,1,1)。また複勝率は、前走地方組45%、OP特別組24%、500万下組11%。なお重賞組(中央)は8%と低い数値です。

4、前走レース

前走で出走したレース別成績は、延べ5頭以上が出走したレースで、地方の兵庫CSの複勝率が50%と最も高いです。次に端午S(37%)、青竜S(37%)、昇竜S(21%)の中央OP特別組。一方、前走NHKマイルC組は複勝率7%、葵S組の複勝率は0%です。

5、前走距離

馬券対象馬の多くは前走1400m~1800mの範囲から出ています。一方で前走1300m以下は計9頭の出走で馬券対象馬1頭、また前走1900m以上は計14頭の出走で馬券対象馬1頭となっています。なお複勝率は、1800m(28%)、1600m(18%)、1400m(13%)となっていて、前走1800m組が優勢です。

6、前走着順

前走1着組(8,7,3)と圧倒的多数。また前走2着~3着は(1,1,5)。さらに前走4着は(1,1,1)。つまり、前走4着以内で(10,9,9)となっています。一方、前走7着以下の馬券対象馬は(0,1,2)の計3頭。

なお、前走7着以下の馬券対象馬は、ファルコンS、NHKマイルCの芝重賞組2頭とUAEダービー出走馬の計3頭。また前走4着の3頭は、2頭はOP特別(3歳)に出走しており、もう一頭は古馬1000万下に出走して4着でした。

以上を踏まえ、推奨馬は!


推奨馬
グレンツェント
ゴールドドリーム


他の重賞競走【データ分析】はこちら↓↓↓
函館スプリントS



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line