TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」函館スプリントS
コラム

覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」函館スプリントS

覆面馬主 データの8号
どーも皆さんこんにちは。
覆面馬主・データの8号です。

昨年は大荒れとなった函館スプリントS。近年は荒れる傾向が強いですから今年も高配当の期待は大きいかもしれません!

では、函館スプリントSの「データ分析」をどーぞ!

↓↓↓
第23回
函館スプリントS(GIII)
芝1200m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【函館芝1200m】
3歳上OP

※札幌開催の09年を除いた過去9年の函館SSのデータ

●傾向

1、人気傾向

去年は「4番人気→14番人気→12番人気」の決着により3連単は944,140円。3連複でも200、320円と大荒れ。また二年前も「8番人気→6番人気→4番人気」の決着により3連単872,270円、さらに三年前も「6番人気→5番人気→3番人気」の決着で3連単162,690円。去年に限らず、近3年は1~2番人気が全て馬券圏外となり、3番人気も13年の3着馬のみ。それ以前は概ね人気馬は好走していましたが、最近はガラリと雰囲気が変わっています。

2、前走クラス

前走重賞組(6,5,7)と最も多くの馬券対象馬。複勝率も29%と高め。一方、前走OP特別組は馬券対象馬(1,3,1)で複勝率9%。重賞組と比べて分の悪いデータです。なお、過去9年の出走数が計9頭と少ない前走1600万下組は(2,0,1)と3頭の馬券対象馬を出しています。率としては高く注意が必要でしょう。

3、前走距離

馬券対象馬の多くを出すのは前走1200m組(5,6,4)、また前走1400m組も(4,1,2)と多いです。出走頭数の関係で複勝率は前走1400m組が33%、前走1200m組が20%。 1400m組がリードしていますが、基本はこの2距離が中心でしょう。また、前走1600m組は(0,1,2)と勝ち馬を出していますが、複勝率は15%とそこそこのデータ。選択肢に入れてもいいかもしれません。

4、前走着順

過去9年で27頭の馬券対象馬の内、前走3着以内は(6,6,2)。連対馬を中心に多くを占めます。一方、前走二桁着順の巻き返し組も(3,1,4)と一定数がいます。また前走5着以下の馬券対象馬は計12頭ですが、その内11頭は前走重賞。前走が凡走でも重賞組は注意が必要でしょう。

5、種牡馬傾向

過去9年の馬券対象馬27頭で、父ノーザンダンサー系は計9頭。これはサンデーサイレンス系よりも多い数値。また、母父ノーザンダンサー系も計11頭。ちなみに、27頭の馬券対象馬に父も母父もノーザンダンサー系の馬は一頭もいません。つまり、27頭中20頭は、父もしくは母父がノーザンダンサー系の種牡馬となります。振り返れば15年も2着3着は人気薄のクロフネ産駒。この系統に注意でしょう。

以上を踏まえ、推奨馬は!


推奨馬
アクティブミノル
オメガヴェンデッタ
ファントムロード

他の重賞競走【データ分析】はこちら↓↓↓
ユニコーンS



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line