TOP > 競走馬 > ホエールキャプチャ 得意の舞台でもう一度栄冠を【2014年ヴィクトリアマイル】
競走馬

ホエールキャプチャ 得意の舞台でもう一度栄冠を【2014年ヴィクトリアマイル】

一昨年の同レース覇者で昨年2着のホエールキャプチャがまたしてもこの舞台に帰ってきた。東京マイルでは無類の強さを誇る同馬が果たしてどのような走りを見せてくれるのだろうか。
競走馬
2歳時に三冠馬オルフェーヴルに勝つなど当初から注目されていたホエールキャプチャ。しかし、2~3歳時は牝馬クラシックを含めGIに5回挑戦し2着2回、3着2回、4着1回とどうしてもGIには手が届かなかった。そんなホエールキャプチャが悲願のGI制覇を目指して挑んだのが2012年のヴィクトリアマイルであった。

鞍上の手腕が光った悲願のGI初制覇!!

動画を見る
鞍上の横山典弘騎手が「ほぼ完ぺきに乗れた」と語った2012年のヴィクトリアマイル。道中はインの3番手でレースをホエールキャプチャは直線に向くと最後は2番手を進んだドナウブルーとの争いになったが、最後は半馬身差をつけて勝利。見事GI初制覇を遂げた。
しかし、ホエールキャプチャはここから低迷期を迎える。果敢に挑戦した次走の宝塚記念で14着と惨敗。またその後もダート交流重賞を含め4戦したがいずれも2ケタ着順と結果を残せなかった。GI初制覇まで1度も掲示板を外したことが無かったホエールキャプチャのこの走りに誰もが終わったと思ったのではないだろうか。

かつての輝きを取り戻したホエールキャプチャ!

動画を見る
昨年の覇者が12番人気の低評価となったこのレース。しかし、ここで復活の走りを見せる。レースはマイネイサベルにヴィルシーナが競りかけ、この2頭の叩き合いになると思われた。しかし、その2頭に後方から猛然と突っ込んできたのがホエールキャプチャであった。結果はハナ差届かず2着となったが復調の気配を見せた。
こうして復調の気配を見せたホエールキャプチャはこの後年内に3戦し1勝(GII・府中牝馬S)した。この勝利は昨年のヴィクトリアマイル以来約1年5か月ぶりの勝利であった。

年明け初戦!府中マイルは彼女の庭?!

動画を見る
ホエールキャプチャの年明け初戦には得意の府中マイル東京新聞杯(GIII)が選ばれたが、斤量57キロ、牡馬換算で59キロと厳しい条件での出走となった。しかし、ホエールキャプチャはそんな逆境をモノともせず牡馬相手に快勝した。これで府中マイルでの成績は(3.1.0.0)連対率100%。驚異の成績を残している。

クロフネ×SSはこの舞台に強い?!

クロフネ×SSの配合は2009年のヴィクトリアマイルでブラボーデイジーが11番人気ながら2着に好走したほか、2013年のNHKマイルCではインパルスヒーローが同じく2着となった。血統面からもホエールキャプチャの府中マイルでの強さが伺える。

鞍上の蛯名正義騎手も充実感を口にする

inyofu 「息を作る意味でもいい負荷をかけられた。動きもいい。これだけ順調にきているのは何より」と蛯名正義騎手。

過去2年のヴィクトリアマイルで好走しているホエールキャプチャ。今回のメンバーの中でも一番このレースに対する適正が伺えるのは彼女なのではないか?初重賞、初GI、低迷期からの復活と彼女の節目には必ず府中マイルでの結果というものが付いてきた。そして今回のレースも得意の舞台で能力を思う存分発揮してもらい、昨年ハナ差で逃した忘れ物を取り戻してもらいたいと思う。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line