TOP > 予想/馬券 > メイショウマンボ GI3勝牝馬の負けられない戦い【ヴィクトリアマイル】
予想/馬券

メイショウマンボ GI3勝牝馬の負けられない戦い【ヴィクトリアマイル】

昨年は牝馬路線でオークス、秋華賞、エリザベス女王杯とGI3勝を挙げるなど大活躍を見せたメイショウマンボ。そんなメイショウマンボがマイル女王を決める一戦、ヴィクトリアマイルに挑む。
競走馬
メイショウマンボは父スズカマンボと母メイショウマンボの間に産まれた。血統背景としては地味な存在であり、特に注目される存在ではなかった。しかし、メイショウマンボは新馬、500万下を勝ったのちにGIIフィリーズレビューを勝利。クラシックで注目される存在となった。

オークスで魅せた騎手武幸四郎と馬主松本好雄の絆

動画を見る
オークスはメイショウマンボにとっても騎手武幸四郎にとっても大きな一勝であった。桜花賞で惨敗した後、代打騎乗でフィリーズレビューに勝利した川田将雅騎手への乗り替わりを促した関係者も多かった中、馬主松本好雄は幸四郎騎手を信じて追加登録料200万円を払ってオークスに出走。そして見事勝利を収めたのだった。
この勝利で勢いに乗ったこのコンビは秋華賞、エリザベス女王杯と連勝。メイショウマンボは現役最強牝馬の称号を手にしたのだった。

兄武豊のキズナと同じ道を、だがしかし…

動画を見る
幸四郎騎手の要望から兄武豊騎手のキズナと同じ大阪杯→天皇賞春→宝塚記念→凱旋門賞というローテを組むことをJRA賞受賞式で示唆した松本好雄オーナー。しかし、大阪杯で勝利した兄のキズナに対してメイショウマンボは2.2秒差をつけられ惨敗。この結果から牝馬限定戦のヴィクトリアマイルへ矛先が向けられた。

兄の無念を晴らすためにも絶対負けられないメイショウマンボ

動画を見る
昨年4着に敗れた凱旋門賞の雪辱を晴らすためにも負けられなかったキズナであったが4着に敗退。またレースに負けただけではなく、レース後に骨折が判明。今年の凱旋門賞挑戦は絶望的となってしまった。この結果からこのヴィクトリアマイルは兄武豊騎手の無念を晴らすためにも負けられない一戦となった。

データ面やローテーションは大丈夫か?

第9回目となる今年のヴィクトリアマイル。過去8年の優勝馬を見ると4歳馬6勝、5歳馬2勝と圧倒的に4歳馬有利なレースとなっている。また、前走牡馬混合重賞に出走していた馬は全8勝中6勝を挙げており、メイショウマンボはデータ面でも信頼できる存在である。過去にはブエナビスタやアパパネなどがこれらのデータに当てはまっている。

飯田祐史調教師も上昇ムードを示唆

inyofu 「折り合いがついていた。最後の反応を見たかったが、それもよかった。いろんな面で好転している。マイルの距離も対応できる」と飯田祐調教師

メイショウマンボにとって今回のヴィクトリアマイルは名牝と呼ばれる存在になるためにも大きな意味を持つレースなのではないだろうか。過去にはウオッカ、ブエナビスタ、アパパネといった名牝たちがこのレースを制している。このレースを制することによって多くの道が開かれてくる。もちろん凱旋門賞も含めて。競馬界を盛り上げる意味でもぜひともメイショウマンボにはこのレースを制してもらい、ファンに夢物語の続きを見せてもらいたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line