TOP > エンタメ・雑学 > 2016年6月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2016年6月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2016年6月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
波乱の幕開けとなったサマースプリントシリーズ開幕戦。その裏では何が起こっていた!?
馬キュレ

【新馬戦】断然人気に応えサトノクロノスが完勝

inyofu 6月19日、東京競馬場で開催された第5R・メイクデビュー東京(新馬、芝1600m)は、道中逃げ馬をマークする形で運んだ1番人気サトノクロノス(牡2、栗東・池江)が、直線半ばまで持ったままの楽な手応え。残り200m付近で追い出されると、逃げ粘る2着馬をキッチリ交わし初陣を飾った。勝ちタイムは1分37秒9(良)で、鞍上は川田騎手。
ディープインパクト産駒の期待馬サトノクロノスが新馬戦でデビュー勝ちを決めた。オーナーはサトノダイヤモンドやサトノアラジンでお馴染みの里見氏。来年のクラシック戦線を賑わす逸材に成長するか、今後が楽しみだ。

【JRAサマーシリーズ】シリーズ初戦は丸田騎手のソルヴェイグが勝利!

inyofu JRAでは2016年のサマーシリーズとして競走馬部門の「サマースプリントシリーズ」「サマー2000シリーズ」「サマーマイルシリーズ」が、そして騎手部門の「サマージョッキーズシリーズ」の計4シリーズを開催中。現在までの各部門ランキング(上位10位まで)は以下の通り。
inyofu ■サマースプリントシリーズ
1位 ソルヴェイグ 10pt(函館スプリントS/1着)
2位 シュウジ 5pt(函館スプリントS/2着)
3位 レッツゴードンキ 4pt(函館スプリントS/3着)
4位 アクティブミノル 3pt(函館スプリントS/4着)
5位 エポワス 2pt(函館スプリントS/5着)
6位 オメガヴェンデッタ 1pt(函館スプリントS/6着)
6位 オデュッセウス 1pt(函館スプリントS/7着)
6位 ティソーナ 1pt(函館スプリントS/8着)
6位 アースソニック 1pt(函館スプリントS/9着)
6位 ヤマニンプチガトー 1pt(函館スプリントS/10着)
JRAサマーシリーズ開幕戦となる函館スプリントSでは、12番人気ソルヴェイグが最軽量斤量のアドバンテージを活かし、レコード勝ちをおさめた。結果、サマースプリントシリーズのランキングで単独トップに躍り出たが、残り5戦の中で順位は大きく変動するだろう。この勝利が実力かフロックか、今後、ソルヴェイグの真価が試される。

【プリンスオブウェールズS】エイシンヒカリは6着に敗れる

inyofu イギリスのアスコット競馬場で行われたプリンスオブウェールズS(GI、芝10F)は、A.カービー騎手騎乗のマイドリームボート(牡4、英・C.コックス)が後方から鋭く伸びて、GI初制覇を飾った。
inyofu 日本から参戦したエイシンヒカリ(牡5、栗東・坂口)はスタートからハナに立ち、レースの主導権を握るが、直線で前走のような伸びが見られず、6着に敗れている。
動画を見る
ロンジンワールドベストレースホースランキングで単独世界1位となる評価を受け、現地でも圧倒的1番人気を背負って出走したエイシンヒカリだが、直線で伸びが見られず、6着に終わった。レース後の動向が注目されていたエイシンヒカリだが、今後のプランを発表したようだ。

エイシンヒカリは年内で引退 ラストランは香港Cを予定

inyofu 2016年イスパーン賞(仏GI)など、海外GI2勝をマークしているエイシンヒカリ(牡5、栗東・坂口)が、同年12月11日に行われる香港Cを最後に引退する予定であることがわかった。
inyofu プランにもあった凱旋門賞には登録せず、次走は10月30日に行われる天皇賞・秋を目標に調整。ラストランとなる香港Cで同一レース連覇を目指す。なお、来春からは種牡馬として第二の馬生を送る予定だ。
海外GIで2連勝したエイシンヒカリの年内引退が発表された。次走は昨年9着のリベンジを果たすべく天皇賞(秋)に出走予定。その後、香港C連覇を目指して遠征を行う予定だ。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想!6月19日の結果発表!

inyofu 函館12R
◎④タガノエンブレム
○⑧マキシマムドパリ
▲⑥サーブルオール
△⑨ベストセラーアスク
△⑩ファシーノ
△⑮パリカラノテガミ
△③エイシンノーティス

札幌で好走しているので、洋芝適性ある。函館で一変する可能性も。
inyofu 阪神12R
◎④アイフォーラブオー
○⑪ワールドレジェンド
▲⑧サトノスーペリア
△①ステイチューン
△⑯ウェーブキング
△⑬シーサイドバウンド
△⑩アポロテキサス

1年以上休んで、叩いた上積みは大。500万なら力は通用する。
inyofu 東京12R
◎⑯ムーンマジェスティ
○⑤サバンナロード
▲⑮ホワイトウインド
△①シゲルミマサカ
△⑭マーセラス
△⑦ダイワブレイディ
△⑬サンセットトウホク

走りなれた府中。勝ちこそないが、最後の脚は鋭い。
今週から函館競馬が始まり、3馬場開催となったJRA。
荒れる函館レースでは
○⑧マキシマムドパリ 3着
▲⑥サーブルオール 2着
で手堅くワイド的中。
東京12Rでは、○⑤サバンナロードが1着
阪神では印を打った
△①ステイチューン 1着
△⑯ウェーブキング 2着
△⑬シーサイドバウンド 3着
という結果に。

2016年6月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。 
2つの重賞が行われた先週のJRAだが
函館スプリントSでは12番人気ソルヴェイグ
ユニコーンSでは2番人気ゴールドドリーム
がそれぞれ制した。
波乱の決着となった函館スプリントSと違い、ユニコーンSは前評判通りの固い決着となった。
2着には1番人気ストロングバローズ、3着には3番人気グレンツェントと上位人気馬3頭が馬券圏内。
3連複の配当は470円、3連単ですら1560円という結果に。
ゴールドドリームとストロングバローズは、米三冠に出走したラニに先着したことのある有力馬。
現4歳世代もモーニン、ノンコノユメと素質馬揃いだが、現3歳世代も素質では負けていないので、今後の活躍が楽しみだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line