TOP > レース > 12番人気を跳ね返す走り!【第23回函館スプリントステークス】レース結果まとめ
レース

12番人気を跳ね返す走り!【第23回函館スプリントステークス】レース結果まとめ

2016年6月19日(日)函館競馬場で行われたG3【第23回函館スプリントステークス】レース結果をまとめた。
馬キュレ

函館スプリントSはソルヴェイグが優勝

inyofu 6月19日、函館競馬場で開催された第11R・函館スプリントS(GIII、芝1200m)は、道中好位につけた12番人気ソルヴェイグ(牝3、栗東・鮫島)が、直線に入り早々と先頭に立つと、ゴール前際どく詰め寄ってきた2着馬を僅かに退け1着でフィニッシュした。勝ちタイムは1分7秒8(良)のレコードで、鞍上は丸田騎手。ハナ差の2着はこれも早め積極策から渋太い脚で伸びた2番人気シュウジ、2着に1馬身1/4差の3着は中団から鋭い差し脚をみせた7番人気レッツゴードンキが入った。なお1番人気に推されたオメガヴェンデッタは中団からレースを進めるも終いの伸びを欠き6着に敗れている。

▽配当
単勝16 3940円
馬連3-16 1万7090円
馬単16-3 3万6650円
3連複1-3-16 4万3840円
3連単16-3-1 39万7650円
(16.ソルヴェイグ、3.シュウジ、1.レッツゴードンキ)

▽【ソルヴェイグ】
父ダイワメジャー
母アスドゥクール
母父ジャングルポケット
※伯父に高松宮記念3着のソルジャーズソングら。
通算7戦3勝(うち重賞2勝)
動画を見る

レース後コメント 丸田恭介騎手「いい結果が出せた」

inyofu 「スタートを生かした競馬を考えていました。逃げ馬を見ながら、折り合いもついていいリズムでした。最後は一回出られた感じでしたが、よく跳ね返してくれました。勝てて嬉しいです。サマースプリントシリーズはこの馬と一緒に戦っていきたいと思います」
シュウジとの大接戦を制して優勝したのは伏兵ソルヴェイグであった。

あと一歩 2着シュウジ

inyofu  須貝調教師(シュウジ=2着)「馬はしっかりできていた。レース自体もジョッキーがうまく運んでくれた」
ハナ差で敗れて2着のシュウジ。あと一歩及ばず悔しすぎる2着であった。

力は出せた 3着 レッツゴードンキ

inyofu 吉田隼騎手(レッツゴードンキ=3着)「ポジションを取りにいったぶん最後はダラダラになったが、内容自体は良かった。力は出せた」
先行馬の後ろで競馬ができいい内容であったが、上位2頭には届かなかった。広いコースならもっといい結果がでるか?

その他着順&コメント

inyofu ▼4着アクティブミノル(藤岡康)できればハナに行くつもりだったが、外が速かったので見る形に。悪くない形だと思ったが…。

 ▼5着エポワス(杉原)洋芝は走るし、馬も元気が良かった。周りが速くてテンに行けなかったが、最後までしっかり走っていた。

 ▼7着オデュッセウス(戸崎)折り合いは大丈夫だったが、久々の1200メートルにうまく対応できなかった感じ。使っていけば大丈夫。

 ▼8着ティソーナ(柴山)ゲートはタイミング良く出てくれたが、初めての1200メートル戦で脚をためるところがなかった。

 ▼10着ヤマニンプチガトー(村田)ロスなく、リズムのいい競馬ができたと思う。強いメンバーを相手に頑張っている。

 ▼12着ティーハーフ(池添)自分の形で追走して悪くはなかったが、結果的に前が止まらなかった。

 ▼13着ローレルベローチェ(中井)強いて敗因を挙げるとすれば、放牧明けで攻め切れなかったことか、洋芝が合わないか。今回だけでは分からない。

 ▼14着セイコーライコウ(柴田善)テンに楽をしたので脚を使うと思ったが、4角で動けなかった。気難しい面が出てきている。

 ▼15着スカイキューティー(勝浦)直線を向いてオッと思ったが…。前回乗った時よりは走っている。

 ▼16着キャンディバローズ(菱田)桜花賞で出負けしたので、そこだけ気を付けたが雰囲気は良かった。これがいい経験になれば。

函館スプリントステークスは12番人気ソルヴェイグがレコード記録で見事な勝利を決めた。2着はソルヴェイグと最後まで競り合ったシュウジ、3着は7番人気レッツゴードンキであった。ソルヴェイグはフィリーズレビューに続いて2度目の重賞制覇であった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line