TOP > コラム > 覆面馬主【サスペンスの3号】6月26日(日)東京8R予想
コラム

覆面馬主【サスペンスの3号】6月26日(日)東京8R予想

覆面馬主 サスペンスの3号
どうも3号よ。

腐るほど推理小説を読み耽っていると、どうしても

「読み易い」「読み難い」

作家さんて出てくるのよね。

言い換えると、文章を目で追ってそのシーン(風景)が鮮明に自分の頭の中で思い浮かぶか、否か。

世間的に有名な作家さんでも
まったく頭のなかに風景が入ってこない…なんてザラだし。

でも今、映画でも話題の「64」って小説を読んでるけど、
沈黙のアリバイや半落ちなどで知られる横山秀夫さんは、アタイの中では文章を読んで頭のなかで絵が鮮明に思い浮かぶ作家さんのもっともたるうちの一人。

やっぱり「読み手」「書き手」の間にも

「合う」「合わない」

ってあるのよね。(もちろん読み手の読解力の問題もあるけど…)

競馬の世界に置き換えても、よく乗り役と馬を指して「手が合う」なんて表現が使われるけど、 乗り役さんもその馬に乗ったシーンを想像して、レースで好勝負できるイメージが沸いているかどうかだと思うのよね。

そこで、当コラムでお馴染み

ギンゴー ちゃんの出番。


日曜東京8R 「3歳上500万下」(ダート1400m)に出走よ。

前走はあとちょっとでみんなに3連複9570円をお届けできたんだけど、ゴール寸前で捕まり4着転落。

ほんと、ムキキノキー) ̄ε ̄( ブーだけど、

幸い、これだけ安定した走りを見せていてもまだ人気にならなさそうなのよね。コンスタントに使われているけどデキは今回の方が良さそうとのこと。好位差しの競馬もできるし、積極的にハナを奪ってもOKなことは前走で証明済み。あとは乗り役の捌き次第じゃないかしら。

ただ、前走手綱を握ったのは西村騎手で初勝利のときもそう。

今回は過去2度(4、5着)跨っている嘉藤騎手が鞍上。人気より上の着順に持ってきてるんだから
「手が合う」のは間違いないところなんでしょうけど、その2度の敗戦を糧に、今度こそ最良のシーンが想定できているかしら。

もちろんそうと期待して

いつも通り
⑤の単勝

でもって
⑤の3連複1頭軸から③④⑥⑧⑨⑮へ(15点)

これで勝負よ。


嵌れば、宝塚記念のいい軍資金になるわね。期待して頂戴!

それじゃあ、
今回はこの辺で。3号でした。(⌒∇⌒)ノ""マタネー!!



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line