TOP > コラム > 覆面馬主【砂の6号】6月26日(日)東京10R・函館7R予想
コラム

覆面馬主【砂の6号】6月26日(日)東京10R・函館7R予想

覆面馬主 砂の6号
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

前回でも触れたように、芝が荒れだしてからは3歳馬の活躍が目につきます。
土曜の東京最終レースでも3歳馬が1~3着を独占。人気を集めていたので配当はそれなりでしたが、狙って当てた人は、喜びも大きかったのではないでしょうか?

そうなると、俄然注目を集めるのは、芝コースで行われる日曜東京12Rの3歳上500万下。
ここでも2頭の3歳馬が人気を集めそうですが、宝塚記念で思うような結果が残せなかった人は、このレースで“もうひと勝負”をしてみてはいかがでしょうか。

それでは、予想に参りましょう。
日曜日のターゲットは、ダート1400mで行われる東京10R『清里特別』(3歳上1000万下)。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。

東京1400mのスタート地点は、向こう正面の直線入り口付近。
最初のコーナーまでは約442mあり、下りからのスタートとなるのが最大の特徴。
当然、最初の3ハロンは速くなる傾向にあり、その分上がりがかかるレースになることが多い。
なお、最初のコーナーまで距離があるため、枠番による有利不利は気にする必要はない。
また、1600mほどではないが、逃げ切ることは難しいコース。
脚質は先行、差し馬が優勢だが、ペース次第では先行馬同士、差し馬同士の決着となることも多い。


★☆日曜東京10R・『清里特別』の予想☆★
参考にするのは同時期に同コースで行われた過去3回の清里特別。

①配当
過去3回の馬連配当は、新しい順に690円、19,900円、900円。

万馬券は1度だけで比較的平穏な傾向

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2015( 1→ 2人気)
2014(12→ 3人気)
2013( 4→ 1人気)

1番人気が連対を外した2014年は、1番人気(5着)と2番人気(3着)が共に単勝3.7倍と混戦だった。

③性齢と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量  ※括弧内は左が1着
2015(牡3_54.0→牡4_57.0)
2014(牡5_57.0→牝5_55.0)
2013(牝4_55.0→牡4_57.0)

連対馬は4歳馬が3頭で一歩リード。
なお、2014年は4歳馬の出走がゼロという珍しい年だった。

④位置取り
連対馬の4角位置  ※括弧内は左が1着
2015( 3→ 6番手) 良
2014( 1→ 3番手) 重
2013( 9→ 9番手) 稍重

脚質による有利・不利はあまり関係くペース次第

⑤所属
過去3回の連対馬は、関東馬が4頭で優勢

⑥種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はいない

⑦騎手
複数回連対している騎手はいない。

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
過去の連対馬6頭中5頭は、前走4月以降のレースに使われていた。
また例外の1頭の前走レースは3月だった。

⑨前走コース・距離
連対馬の前走コースと距離は以下の通り
東京ダ1600m:1頭
東京ダ1400m:4頭
中京ダ1400m:1頭

前走東京コースが5頭、
また、前走距離は1400mが5頭で、それぞれ最多。

⑩前走レース・着順
連対馬の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。
前走・3歳OP :1頭(4)
前走・1600万下 :2頭(2、6)
前走・1000万下 :3頭(3、13、5)

3歳で唯一連対した馬は、前走昇竜Sで1番人気に支持されており、それなりの実績が必要。

⑪東京ダ1600mのコース実績
過去3回の連対馬6頭中4頭には、同コースでの勝利実績があった。

⑫年明け以降のレース実績
過去3回の連対馬6頭中4頭には、年明け以降のレースで勝利実績があり、残りの2頭には1000万クラスで2着の実績があった。

データは以上。

4歳馬の出走がなかった2014年を除くと、連対馬4頭中3頭を占めるのが、やはり降級4歳馬。
今年のメンバーで、降級4歳馬に該当するのは、スティンライクビーとグラスエトワールの2頭。
ただ、スティンライクビーにはダート1400mでの好走歴がなく、軸馬にするには不安が多い。
残ったグラスエトワールは目立つ減点はなく、こちらはデータからの信頼度が高い。

ただし、実はこのグラスエトワールには、データ以外に気になる点が1つだけある。

それは、グラスエトワールの1:24.5(良)という、このコースの持ち時計。
例年、この清里特別が行われる時期は、2ヶ月連続開催の最終週ということもあり、ダートが踏み固められ、良馬場でも時計の早い決着が多くなる。
試しに、過去3回の清里特別の勝ち時計を並べてみると、以下のようになる。
2015年、1:24.2 良
2014年、1:22.6 重
2013年、1:23.2 稍

今年は良馬場が見込めるだけに、参考とするのは同じ良で行われた昨年の勝ち時計でよさそう。
そうすると、グラスエトワールの持ち時計では、少しもの足りない印象だ。


☆東京10R・結論☆

 ◎⑭アナザーバージョン
 ○⑩グラスエトワール
 ▲③スリラーインマニラ
 ☆②メジャータイフーン
 △⑦デピュティプライム
 △⑨ノーブルサンズ
 △⑮サニーデイズ

今回、本命に推したいのは◎アナザーバージョン。
開催最終週に行われるレースだけに、ポイントを『走破時計』とした以上は、持ち時計NO1のこの馬から入りたい。
2走前の立川特別で出遅れながらも1:24.2(良)をマークしたように、時計決着には不安のないタイプ。
ルメール騎手で勝ち切れなかった馬が、乗り替わりで勝ち切れるかは疑問が残るが、ここ一連の成績からも大きく崩れるとこはないだろう。

○は、時計を詰めることができれば勝ち切れそうな降級馬グラスエトワール。

▲は、3歳OP・昇竜Sで0.3秒差2着の実績があるスリラーインマニラ。


馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑭
 馬単⑭ ⇔ ⑩③②⑦⑨⑮

少額で軸1頭の三連複

 ⑭ = ⑩③②⑦⑨⑮


-----------------------
★☆おまけ、の函館7R『3歳上500万下』の予想☆★

おまけは、夏競馬の予習もかねて、函館で行われるダート1700mをピックアップ。

このレースで注目したいのは◎サリレモンド。
マイペースで運べそうなメンバー構成に恵まれた印象で、現級で2着→3着→2着ときているように、そろそろ順番が回ってきそうだ。

☆函館7R・結論☆

 ◎⑤サリレモンド
 ○⑥オイルタウン
 ▲②コウセイマユヒメ
 △⑦メイショウナゴミ
 △⑨タイキオールブルー

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑤
 馬単⑤ ⇔ ⑥②
   ⑤ → ⑦⑨


少額で三連単フォーメーション

 1着⑤
 2着⑥
 3着②⑦⑨

 1着⑤
 2着②⑦⑨
 3着⑥

次回は、ダービーウイーク企画の延長戦?『帝王賞の予想』で会いましょう!
公開は、レース前日28日(火)の20:00頃を予定しています。

延長戦って何?という人は、今すぐこちらをチェックしてくださいね。
『特別コラム ~ダービーウイーク全レース予想の結末は?~』

以上、6号でした。 私6号が担当するコラム
『砂の惑星から来た勇者たち』はこちら



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line