TOP > コラム > 脚みせて!フレンチcancanダンス!【6月26日版】
コラム

脚みせて!フレンチcancanダンス!【6月26日版】

脚みせて!フレンチcancanダンス!
どうもこんばんは、影武者です。

いよいよ明日は春の総決算・宝塚記念が行われます!このレースは父ステイゴールド×母父メジロマックイーンのいわゆる「ステマ配合」が4勝とズバ抜けた成績を残していますが、母父で見ると現在の主流を占める母父サンデーサイレンスが不振を極めているという傾向が・・・

過去の出走馬でこれに該当したのはジャガーメイルやローズキングダム、トゥザグローリーなど。いずれも上がりの速い京都芝外回りや東京適性が高く、時計のかかる阪神内回りに替わってパフォーマンスを落としてしまっています。良くも悪くもサンデーサイレンスの持つ遺伝力の強さが影響しているのかもしれませんね。

さて、せっかくなので母父目線で宝塚記念出走馬を見ると、以前コラムで読者のみなさまにお伝えした「欧州血統」を持つ馬が目立つなぁと感じました。

・アンビシャス→母父エルコンドルパサー(凱旋門賞2着)
・サトノノブレス→母父トニービン(凱旋門賞2着)
・タッチングスピーチ→母父Sadler's Wells(凱旋門賞勝ち馬2頭輩出)
・マリアライト→母父エルコンドルパサー(凱旋門賞1着)

母父は父の足りない部分を補うだけでなく、父の適性そのものを変えるだけの強い遺伝力を持つケースがあります。重馬場で土曜競馬が施行されたことから日曜もパンパンの良馬場とはいかなそうな今年の宝塚記念。ぜひ母父にも注目してみてください!


ということで、フレンチcancanダンスの時間です!

土曜日は推奨馬5頭中2頭が馬券圏内。何より函館10Rの母父ダンス馬・5番人気2着ウイングジャパンを挙げられなかったことが痛恨の極みでした。これまで3度にわたって推奨してきた馬がこのタイミングで2着ですか・・・追い続けるのをやめてしまうと痛い目に遭うということを実感しました。

気を取り直して、日曜日の母父フレンチは13頭、母父ダンスは11頭!今回は4頭をピックアップします。


【母父フレンチデピュティ】

■東京3R
仏13 スピアザゴールド
父ネオユニヴァース×母父フレンチデピュティ。前走勝ち馬は次走昇級戦3着ですから相手が悪かったのでしょう。休み明けをひと叩きされた今回は決めてくれると信じます。

■函館8R
仏14 フレンチイデアル
父キンシャサノキセキ×母父フレンチデピュティ。地方出身で、2歳時には洋芝での好走歴がある馬ですね。時計のかかる馬場は望むところでしょうし、母父フレンチからパワーを色濃く受け継いだ印象から高速馬場の前走東京より条件は好転するはずです。

■函館9R
仏5 レインボーソング
父ゼンノロブロイ×母父フレンチデピュティ。昨夏北海道で現級連対歴がある馬ですね。重馬場で勝ち上がっているように脚抜きの良い馬場は歓迎で、一変に期待します。


【母父ダンスインザダーク】

■函館8R
踊11 シャトルソニック
父タイキシャトル×母父ダンスインザダーク。久々の芝を使われた前走は5着と上々のレース内容でしたね。時計のかかる芝適性高く、前走内容から現級通用の可能性は十分です。

本日は以上です!



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line