TOP > 予想/馬券 > 安田記念を目指せ!「第59回 京王杯スプリングカップ」予想まとめ
予想/馬券

安田記念を目指せ!「第59回 京王杯スプリングカップ」予想まとめ

安田記念の前哨戦として行われる京王杯スプリングC。各予想ブログサイトの予想をまとめてみた。近年は波乱となるケースが多く、配当もつきそうだ。
競走馬

上位人気のデータ傾向は?

inyofu 1番人気は13年に連敗ストップしたものの、(1-0-1-8)でまったく信頼できない。2番人気も(2-0-4-4)で連対すら危ういデータとなっている。それでは大波乱かと思われるが、1~3番人気が馬券から全て外れたのは12年のみで、過去10年30頭中24頭が3番人気以内という結果になっている。 軸さえ絞り込めれば2頭軸マルチで狙えるレースと考えることもできそうだ。馬連平均は3ケタ配当がないものの、万馬券配当も2回と少ない。馬連平均7728円。
過去10年の京王杯スプリングCで単勝1番人気に応えて勝利したのは、昨年のダイワマッジョーレのみ。

逃げ切り期待!コパノリチャード

inyofu ここはトーセンラー(武豊)が一番強いと思うが、東京左回りが不得意(4戦共着外)で勝利の実績がなく、印は軽視した。  代わって我が本命は、あれ~と思っている間に圧巻のGⅠ(高松宮記念)も圧勝し、唖然なりと口を開けていたが、これほど強かったかと驚きが未だあるコパノリチャード(浜中俊)、58kgを背負うも、ここでも鮮やか逃げ切りが出来ると期待、浜中俊騎手が先週に続いて連勝に期待だ。  相手はクラレント(川田将)、前走ホエールキャプチャの抜け出しに屈し3着でしたが、栗東馬ですが東京戦は先行抜け出しの実績が沢山あり、逆転の一発駆けがならこの馬が頭だ。
前走はGIの高松宮記念を3馬身差で圧勝。ここへきての充実ぶりは目を見張るものがある。重賞3連勝で安田記念制覇へ王手をかけたいところだ。

↓コパノリチャード成績↓

東京1400負けなし!エールブリーズ

inyofu 東京1400m(3-0-0-0)と3戦負けなし。 特注血統のフジキセキ産駒でここ3戦は重賞で馬券内にからめてはいないが善戦はしている。 初めて重賞の舞台で絶好条件がやってくるわけで、恐らく安田記念では好走確率ゼロ。
全力でここを狙いたい一頭だ
OP昇格後の重賞3戦はいずれも1600mだったので一発があるならここかもしれない。現在4番人気で馬券的にもおいしい。

↓エールブリーズ成績↓

古馬の意地!クラレント

inyofu ◎クラレント
○コパノリチャード
▲シャイニープリンス
△インプロヴァイズ
△エールブリーズ
△インパルスヒーロー
トーセンラーが回避し、4歳勢中心となりそうなメンバーだが、どうも4歳勢は世代レベルに疑問が残る。有力馬が多い中で、中心だけは古馬のクラレントという予想にした。 クラレントは近2走が3着続き。得意の東京なら1400mでも上位争い期待したい。コパノリチャードが行くとわかっている以上、馬なりで折り合いに専念すれば、新しい一面が出るかもしれない。戦ってきた相手を考えれば負けてはいけない気もする。
東京・芝コースは〔3・0・3・3〕と堅実な成績で芝1400mも守備範囲なだけに、ここは5度目の重賞制覇のチャンスと言える。

↓クラレント成績↓

瞬発力ならシャイニープリンス

inyofu 瞬発力でいえば、気になるのがシャイニープリンス。 これまで先行していましたが、前走東風Sでは追い込んで圧倒的な上がりを見せて勝利。 この成功をもってして同じような競馬をしてくれればチャンスはありそうですね。 富士S3着の実績もある東京巧者ですし、それほど人気もしなさそうなので狙い目です。
やはり前走東風Sで見せた鋭い末脚は、直線が長い東京・芝コースでさらに威力を増しそうだ。

↓シャイニープリンス成績↓
上位陣の予想が目立ったが、今年も伏兵陣には注意が必要といえるだろう。また、このレースで好成績を挙げた馬の中には、後のビッグレースで活躍した馬が数多くいる。そういった意味でも各馬のレースぶりには注目しておきたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line