TOP > レース > 女王誕生!マリアライト【第57回宝塚記念】レース結果まとめ
レース

女王誕生!マリアライト【第57回宝塚記念】レース結果まとめ

2016年6月26日(日)阪神競馬場で行われたG1【第57回宝塚記念】レース結果をまとめた。
馬キュレ

宝塚記念はマリアライトが優勝

inyofu 6月26日、阪神競馬場で開催された第11R・宝塚記念(GI、芝2200m)は、中団外めでレースを進めた8番人気マリアライト(牝5、美浦・久保田)が、3~4コーナーにかけてマクリ気味に進出。直線に入りひと追いごとに先頭との差を詰めると、ゴール前で逃げた3着馬を交わし、2着馬の追撃も凌ぎ春のグランプリを制した。勝ちタイムは2分12秒8(稍重)で、鞍上は蛯名騎手。クビ差の2着は道中馬群の中でレースを進め、直線に向くと馬場の外めに進路を取って勝ち馬に迫った1番人気ドゥラメンテ、2着にハナ差の3着は序盤から主導権を握った2番人気キタサンブラックが渋太く逃げ粘った。なお、3番人気に支持されたアンビシャスは4コーナー手前で手応えをなくし16着に敗れている。

▽配当
単勝16 2510円
馬連9-16 2440円
馬単16-9 8460円
3連複3-9-16 2800円
3連単16-9-3 2万6250円
(16.マリアライト、9.ドゥラメンテ、3.キタサンブラック)

▽【マリアライト】
父ディープインパクト
母クリソプレーズ
母父エルコンドルパサー
※半兄はジャパンダートダービーなど交流重賞4勝のクリソライト、半弟には神戸新聞杯勝ちのリアファル。
通算17戦6勝(うち重賞2勝)
動画を見る

レース後コメント 蛯名騎手「本当に嬉しい」

inyofu 「本当に嬉しいです。春3戦目で一番いいデキでしたし、馬場も枠順も恵まれ、強い相手にどこまで出来るかと楽しみにしていました。前半は進んで行かない感じでしたが、3~4コーナーから促し気味にスムースに上がって行けました。思い通りのレースが出来ました。そう簡単には後ろの馬が来ない馬場なので、ちょうどいいところで流れに乗れました。最後はこの馬の勝負根性でよく頑張ってくれました。スタッフ、関係者みんなでこの馬の成長を待っていて、それが今の結果に結びついていると思うので、感謝しています」
宝塚記念を制したのは11年ぶりの牝馬での優勝となったマリアライト。人気馬を抑えて8番人気からの劇的勝利であった。

まさかの2着、故障、凱旋門白紙へ ドゥラメンテ

inyofu M・デムーロは「ゴールを過ぎてつまずき、すべったみたい。それで左前が(おかしくなった)」と説明。サンデーレーシング代表・吉田俊介氏によるとドゥラメンテは「左前が痛いような感じで、脚を地面につけず浮かせている」という状態。レース直後とあって「いろいろなことはレントゲンの結果と診断が出てから」と前置き。「どの程度の症状か分からない」としたうえで、今後について「白紙になります。フランス(凱旋門賞遠征)もやめます」とした。
圧倒的な1番人気だったドゥラメンテは直線で外から追い込んで2着に入ったが、ゴール後に故障が発覚。凱旋門賞も白紙という結果に、2着だったことより競馬ファンにショックを与えた。検査の結果が良好であることを祈りたい。

あと少し! 3着キタサンブラック

inyofu  武豊騎手(キタサンブラック=3着)「思い通りのレースができたし、ラストもよく辛抱してくれたんだけど…。もう少しだったね」
ややペースを乱されてしまったこともあり、あと一歩で勝利を逃したキタサンブラックであった。

あと100mで疲れてしまい 4着ラブリーデイ

inyofu ルメール騎手(ラブリーデイ=4着)「直線に向いた時は手応え十分だった。馬場と2200メートルの距離が応えたようで、あと100メートルあたりで疲れてしまった」
馬場と距離に泣く結果となってしまったラブリーデイであった。

馬場か距離か? 5着ステファノス

inyofu パートナーの戸崎は「流れが良かったし、いいところにつけることもできた。直線もすんなり空いた。オッという手応えだったけど、残り200メートルで怪しくなった。馬場と距離もあるのかな」と振り返った。ただ、強豪メンバーに入ってもやれることを改めて証明した。
重賞制覇から遠ざかっており7番人気だったステファノスだが強豪相手に善戦の5着、まだまだやれる。

その他着順&コメント

inyofu  ▼7着ラストインパクト(川田)返し馬の感じは良かったし、いい時のラストインパクトでした。得意ではない馬場で、よく頑張ってくれました。

 ▼8着サトノノブレス(和田)返し馬でもフワフワしていたし、進んでいかなかった。馬場なのかな。

 ▼9着シュヴァルグラン(福永)スタートを決め、それなりのポジションに付けることができた。でも、うまくさばけなかった。もう少しスムーズだったら…。この馬場も走りにくそうでした。

 ▼10着ヒットザターゲット(小牧)うまく内に入れられたし、手応えがなくなってからもバテずに伸びている。ただ、切れるタイプだし、この馬場がね。

 ▼11着カレンミロティック(T・ベリー)道中バランスを崩して嫌がるところがあった。馬場を気にしてスムーズではなかった。

 ▼12着タッチングスピーチ(浜中)気がないような感じで前半から、付いていけなくて…。この馬らしさがなかったです。

 ▼13着ヤマカツエース(池添)1、2コーナーで前も後ろも何回も脚を取られました。3コーナーで持ち直したんですが…。

 ▼14着ワンアンドオンリー(田辺)前半いい感じで運べたけど、馬場を気にしたようで早々に手応えがなくなってしまいました。

 ▼15着トーホウジャッカル(酒井)2コーナーで息が入ったけど他馬が来たら抵抗できなかった。稽古でもそうだけど馬場が重いと良くないのかも。

 ▼16着アンビシャス(横山典)頑張っている。長い目で見てもらえたら。

 ▼17着フェイムゲーム(柴山)気難しさがあって指示を出しても嫌々な感じ。もう少し長い距離の方がいいかもしれません。

宝塚記念を制したのは新女王マリアライトであった。牝馬での宝塚記念制覇に驚きを隠せないが、その裏でドゥラメンテの故障があり、競馬ファンとしては喜びと悲しみが一気に襲ってきた結果に。ドゥラメンテの故障が大したものでないことを切に祈り、復帰してまた強い走りを見せて欲しい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line