TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」ラジオNIKKEI賞
コラム

覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」ラジオNIKKEI賞

覆面馬主 データの8号
どーも皆さんこんにちは。
覆面馬主・データの8号です。

29日の水曜日は大井で帝王賞(GI)。

先週の週末コラムでも書きましたが、6号さんが面白いことになっております。

先ほど、うまキュレのスタッフに確認したら6号さんの「帝王賞予想」は今日の夜から読める予定だそうです。

ちなみに中央からはアスカノロマン、ノンコノユメ、コパノリッキー、ホッコータルマエなどダートの一線級が出走予定。

水曜日の帝王賞で稼いで、週末の中央重賞へ向かうのが個人的には一番良い道だと思います。

6号さんのコラムが楽しみです。


ということで、ラジオNIKKEI賞のデータ分析。

↓↓↓

第65回
ラジオNIKKEI賞(GIII)
芝1800m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【福島芝1800m】
3歳OP

※2011年を除く過去9年のデータ

●傾向

1、人気傾向

過去9年で10番人気以下が勝ったことはありません。しかし、一方で1番人気は1勝のみ。馬券対象馬は4頭出ていますが、人気に応えているとは言えない結果でしょう。また、2番人気も2勝、3番人気も1勝と良いデータではありません。なお、複勝率が最も高いのは5頭の馬券対象馬を出している2番人気です。

2、配当

過去9年の平均単勝配当は1000円と四桁配当。馬連平均も10470円と万馬券。3連単平均も251040円と高額です。人気馬の強いレースではありませんので、必然的に配当も荒れ気味です。

3、前走クラス

前走重賞組は(3,1,3)複勝率16%、前走OP特別組は(1,5,2)複勝率25%、前走1000万下組は(3,1,1)複勝率20%、前走500万下組は(2,2,3)で複勝率17%。前走のレースレベルが最も高いはずの重賞組の複勝率が一番低いデータ。特に前走GIII組は過去7頭の出走で馬券対象馬は0頭と全滅。GII組の複勝率23%、GI組の複勝率17%となっていますので、GIII組のみ厳しいデータ。前走500万下など、色々なクラスから満遍なく馬券対象馬が出ています。

4、前走距離

過去9年の馬券対象馬27頭中、26頭は前走1600m~2400m組。1600m組(3,3,4)複勝率19%、1800m組(0,3,2)複勝率13%、2000m組(3,3,2)複勝率40%、2400m組(3,0,0)複勝率14%。前走2000m組が他距離と比べて高いデータです。

5、出走間隔

過去27頭の馬券対象馬は中2週から中8週以内で出走しています。中1週や連闘組は過去11頭いますが、いずれも馬券対象外。また、中9週以上も過去11頭が出走して全て馬券対象外です。

6、前走着順

前走1着馬が(4,2,3)と多くの馬券対象馬を出している。一方、前走で掲示板を外した組からも(4,2,5)と多くの馬券対象馬が出ており、その内4頭は前走10着以下でした。なお、前走で6着以下は計11頭。その内、重賞など3歳オープンに出走していたのは8頭、残り3頭は1000万下条件。また、7頭いる500万下組はいずれも前走1着です。


以上を踏まえ、推奨馬は!

推奨馬
ゼーヴィント
ブラックスピネル
ミエノドリーマー



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line