TOP > コラム > 現役で頑張る【元・白井厩舎所属馬】まとめ
コラム

現役で頑張る【元・白井厩舎所属馬】まとめ

競馬界の2月末は年度替わり。定年を迎えた調教師の厩舎解散や、新たに開業する厩舎や新人騎手がデビューしたりと、毎年何らかの入れ替わりが起きています。

特に厩舎解散の場合は、その時点で所属している馬の転厩が必ずセットになっているため影響甚大。馬には厩舎解散も転厩も理解できませんので、よく解らないまま新たな厩舎に連れて行かれたり、厩務員が替わったり・・・・・。

今回は昨年2月の厩舎解散を乗り越え、今なお新天地で活躍している【元白井寿昭厩舎所属】且つ【現役準OP以上の馬】をまとめてみました。
馬キュレ

【メイショウヤタロウ(牡8)】

白井寿昭厩舎→高橋亮厩舎
転厩の時点で既にOPクラスでしたが、高橋亮厩舎に移籍して更にOPを1勝。現在も芝のマイル前後の重賞で活躍しています。
ちなみにこの馬は父アグネスタキオン、母ナイスレイズ。白井厩舎所属だったGI馬メイショウボーラーの半弟にあたります。
動画を見る

【マイネルバイカ(牡7)】

白井寿昭厩舎→西村真幸厩舎
転厩約1ヶ月前の2015年東海Sで、10番人気ながら4着に健闘。移籍後もダート中距離の地方交流重賞を中心に活躍しており、昨年10月の白山大賞典で念願の重賞初制覇(新規開業だった西村真幸厩舎にとっても、これが重賞初制覇)を収めました。
動画を見る

【カジキ(牡7)】

白井寿昭厩舎→笹田和秀厩舎
現7歳という年齢ですが、長期休養があったためキャリアはまだ19戦。そのうち16戦を白井寿昭厩舎所属馬として過ごし、準OP馬として笹田和秀厩舎に移籍しました。
転厩初戦に準OPを制し、昨年暮れのカペラSでは4番人気2着。今後も短距離ダート路線で活躍してくれそうですね。
動画を見る

【マノワール(牡6)】

白井寿昭厩舎→宮本博厩舎
2015年は2月28日が土曜日、3月1日が日曜日だったため、土曜日に出走した馬はまだ『白井寿昭厩舎所属馬』でした。
厩舎最後の出走馬だったのがこの馬で、1番人気だったものの惜しくもハナ差2着。引退の花道を飾ることは出来ませんでしたが、転厩3戦目に1000万下を勝ち、現在も準OP馬として勝機をうかがっています。
動画を見る

[番外編]【プロスパー(牡5)】

白井寿昭厩舎→宮本博厩舎
白井厩舎最後の出走馬は1つ前に紹介したマノワール(12R)でしたが、『厩舎最後の勝利』を挙げたのは同日の8R、4歳上500万下に出走していたこちら。
転厩後は降級して再度500万下を勝ったものの、平地で伸び悩み、現在は障害戦に出走しています。同じ厩舎に移籍したマノワール共々、『元白井厩舎の馬』として長く活躍してほしいものですね。



※白井寿昭オフィシャルサイトはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
toshiaki-shirai

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line