TOP > 予想/馬券 > 【2016年CBC賞】伏兵陣の一発に警戒!買える穴馬の条件はこれだ!
予想/馬券

【2016年CBC賞】伏兵陣の一発に警戒!買える穴馬の条件はこれだ!

昨年は上位人気馬3頭で決まってしまったが、11年3着のタマモナイスプレイや14年3着のニンジャなど二ケタ人気馬の激走も少なくないCBC賞。果たして今年の結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

5歳牝馬が活躍!

中京競馬場改修後のCBC賞は牝馬の活躍がとても目立つ。特に5歳牝馬は過去4年(2,2,0,5)で、単勝回収率162%・複勝回収率114%とお買い得で、非常に狙い目だ。
5歳牝馬のベルルミエール。近走の成績は振るわないが、昨年のCBC賞では勝ったウリウリとコンマ2秒差の4着とこのレースに実績はある。また6~8月の成績は(1,0,1,1)と暑い時期を得意としており、今回は一変した走りを期待したい。

外枠優勢!

過去4年のCBC賞では枠順による優劣がはっきりと現れている。1,2枠は1頭も馬券に絡めていないのとは対照的に、6~8枠は4年すべてで馬券圏内に入っている。特に8枠は(2,1,1,5)で、複勝率44.4%と好成績。外枠に入った馬は人気がなくても要注意だ。
6枠8番を引き当てたワキノブレイブ。昨年の京阪杯以降は好走と凡走を繰り返すムラ駆けな馬だが、鞍馬Sで9着に敗れた後の今回は順番的に好走が期待できる。人気を落とした時に走るのがこの馬の特徴でもあるため、押さえは必須の1頭だろう。

距離短縮組が激走する!

過去10年で6番人気以下で馬券に絡んだ馬は9頭いるが、そのうち8頭は前走が1400m以上の馬だった。距離短縮組が何頭も好走してきており、今年も目が離せない。
前走は1400mの安土城Sで4着だったシンデレラボーイ。4角先頭の馬が3着,2番手の馬が1着と前残りの決着となった中、後方12番手から上がり2位タイの脚で追い込んできたレース内容は高く評価できる。左回りを得意としており、さらに距離短縮だと(2,2,1,3)と好成績。条件が好転する今回は、前を走る馬をまとめて差し切るシーンも期待できそうだ。

比較的頭数が落ち着いてしまった今年のCBC賞だが、妙味のありそうな馬が複数いて馬券的には楽しめそう。夏競馬に弾みをつけるためにも、高配当ゲットしたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line