TOP > 競走馬 > 【2016年・新種牡馬】初年度から旋風を巻き起こす!ルーラーシップ!
競走馬

【2016年・新種牡馬】初年度から旋風を巻き起こす!ルーラーシップ!

今年の新種牡馬で最も注目を集めているのは間違いないルーラーシップ。初年度から200頭を超える牝馬を集める人気ぶりで、まだ産駒がデビューする前に種付け料が250万円から300万円にアップしたことからも期待の高さが伺える。果たして種牡馬としてどんな成績を残すだろうか?そんなルーラーシップの現役時代を振り返ってみよう。
ルーラーシップ

ルーラーシップの血統!母エアグルーヴは天皇賞(秋)やオークスを制した名牝!

父キングカメハメハは通算8戦7勝。NHKマイルCと日本ダービーを制し、2004年の最優秀3歳牡馬に選ばれた。母エアグルーヴは天皇賞(秋)やオークスを制した名牝で、産駒にはエリザベス女王杯を連覇したアドマイヤグルーヴ、ステイヤーズSなどの長距離重賞で活躍したフォゲッタブルなどがいる。

ルーラーシップの主な勝利レースを振り返る!

動画を見る
日本ダービー以来約半年ぶりのレースとなった鳴尾記念。坂を登った辺りで先頭に立つと、同世代のヒルノダムール、リルダヴァルの追い上げを封じて重賞初制覇を飾った。
動画を見る
4歳初戦となった日経新春杯。直線に向き早くも先頭に立つと、そのまま押し切り2馬身差の快勝だった。
動画を見る
ドバイ遠征から帰国初戦となった金鯱賞。スタートで大きく出遅れてしまったが、徐々にポジションを押し上げていくと、ゴール前では逃げたキャプテントゥーレに1完歩ずつ迫りゴール前で捕らえ重賞3勝目を挙げた。
動画を見る
5歳初戦となったAJCC。後方追走から直線は馬場の悪い内を避け大外を回ると、豪快に突き抜け3馬身差の圧勝。
動画を見る
2度目の海外遠征となったクイーンエリザベスⅡ世カップ。好位の内目を追走し、直線に入ると楽な手ごたえで早くも先頭へ。脚色は全く衰えず後続をグングン引き離し、先頭でゴール。香港で嬉しい初のGⅠ勝利となった。

【2歳新馬戦】イブキが好位から抜け出してV!ルーラーシップ産駒初勝利!

動画を見る
6月12日の東京5R新馬戦は3番人気のイブキが好位から抜け出して勝利。横一線の叩き合いになった直線から残り100メートルで抜け出して、半馬身差でゴールした。これがルーラーシップ産駒のJRA初勝利。2着も同産駒のレジェンドセラーが入り、ワンツーフィニッシュとなった。

ルーラーシップはサンデーサイレンス系の種牡馬が入っていない血統で、日本の繁殖牝馬のほとんどにつけられることが人気の一つであると考えられる。父のキングカメハメハは体調不良が原因で種付け数をセーブしている状況なため、その分ルーラーシップにかかる期待は大きい。初年度からある程度の結果を残すようなら、父の後継種牡馬として生産界に君臨する可能性もある。ルーラーシップ産駒から大物出現を期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line