TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」七夕賞
コラム

覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」七夕賞

覆面馬主 データの8号
第52回
七夕賞(GIII)
芝2000m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【福島芝2000m】
3歳上OP

※2011年を除く過去9年のデータ

●傾向

1、人気

過去9年で延べ143頭が出走。馬券対象馬は(9,9,10)。2010年は3着同着。1番人気は(2,2,2)。複勝率67%とまずまず。また、1番人気~3番人気(4,3,7)で複勝率52%、4番人気~6番人気(2,2,0)で複勝率15%、7番人気~9番人気(1,2,1)で複勝率15%、10番人気以下(2,2,2)で複勝率10%。基本的に人気上位が好成績。ただ、下位人気からも少なくない馬券対象馬が出ている。

2、配当

単勝平均は約1500円、馬連平均は約9000円、3連単平均は約275000円。単勝最高配当5440円(12年アスカクリチャン)、馬連最高配当21570円(08年7番人気→11番人気)、3連単最高配当1006440円(15年2番人気→8番人気→16番人気)。基本的に荒れている。

3、脚質

逃げた馬は10頭。3着以内は4頭。その人気は、1番人気、5番人気、7番人気2頭。人気薄でも逃げ粘り馬券対象となっている。ただ、二桁人気の逃げ馬(4頭いた)は全て着外。極端な人気薄の逃げ馬は軽視。

3角か4角のいずれかで4番手以内にいた33頭は8頭が馬券対象となった。その内6頭は3番人気以内。上位人気の先行馬は好成績。

3角か4角で10番手以内から5番手までにいた差し馬56頭は9頭が馬券対象となった。4頭は3番人気以内。一方、6番人気以下は5頭。その内二桁人気が3頭含まれている。伏兵馬も多い。

3角か4角で11番手以下の追込馬44頭は7頭が馬券対象。4頭は4番人気以内。しかし残り3頭は6番人気以下で2頭は二桁人気だった。

複勝率は、逃げ→先行→差し→追込の順番。極端な人気薄で好走したのは差しや追込馬。人気薄を狙うなら控える馬がいい。

4、前走クラス

馬券対象馬数で前走重賞組(5,6,5)、前走OP特別組(2,2,5)、前走1600万下組(1,0,0)。複勝率はOP特別組23%、重賞組19%、1600万下組8%。ただ、重賞組は16頭中11頭が前走で東京重賞に出走。コース改修前の金鯱賞組1頭を加えると12頭が前走左回り。また、残り4頭は阪神の鳴尾記念組3頭、大阪杯組1頭。つまり、前走東京の重賞組と鳴尾記念組が好成績。一方、OP特別組は9頭中6頭は前走福島のOP特別に出走していた。

5、前走距離

馬券対象馬が多いのは前走2000m組(4,3,2)と前走1800m組(3,1,7)。また前走1600m組(1,1,1)、2500m組(1,2,0)。

6、前走着順

前走1着馬の馬券対象馬は計5頭。ただ、前走で下級条件1着馬は9頭が出走して全て馬券圏外。つまり、前走1着馬で馬券対象となったのは、いずれも前走でオープンクラスに出走していた馬。しかも、6頭中で5頭が馬券対象馬となっている。

前走2着~3着の馬券対象馬は計4頭。いずれも前走は重賞かOP特別で好走。前走4着~5着の馬券対象馬は計5頭。4頭は前走重賞、1頭は福島のOP特別に出走。前走6着~9着の馬券対象馬は4頭。内3頭は重賞もしくは福島のOP特別。

前走10着以下の馬券対象馬は10頭。7頭は前走重賞。1頭は前走福島のOP特別、1頭は前走ダート、1頭は準オープン組だった08年1着のミヤビランベリ。


以上を踏まえ、推奨馬は!

推奨馬
アルバートドック
ステラウインド
マジェスティハーツ



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line