TOP > 競走馬 > 「ルミナスウォリアー」走りの姿良し!体幹が良くなった【新潟記念】
競走馬

「ルミナスウォリアー」走りの姿良し!体幹が良くなった【新潟記念】

前走の函館記念で初の重賞制覇を遂げたメイショウサムソン産駒のルミナスウォリアーが新潟記念に出走する。重賞戦線に顔を出すようになってきたのは昨年のサマーシリーズからだが、ここまで5戦して掲示板を外したのは一度だけと安定した成績を披露。昨年も出走した新潟記念では0.3秒差の5着に敗れており、今回はその時のリベンジとなるかに注目だ。そんなルミナスウォリアーについてまとめてみた。
マイネルフロスト

【AJCC】早仕掛けからしぶとく粘り4着に

まずまずのスタートから位置取りを下げて、最初は後方での競馬を選択。持ち味の粘り強さを活かすために早めに仕掛けて徐々に位置取りを上げていくと、最終コーナーでは先頭集団に外から並びかける。コーナーで外を回った分、直線ではスムーズな競馬をした馬に伸びで負けるが、持ち前のしぶとい脚を十分に発揮して4着に食い込んだ。
動画を見る
inyofu 4着 ルミナスウォリアー(柴山雄一騎手) 「切れ味勝負では厳しいと思って、動いて行きました」

【金鯱賞】積極的な競馬も5着に敗れる

今回はスタートから押していき、上手く中団の位置につけることに成功する。前走のように外を回すことなくスムーズにレースを進め、直線でも難なく馬群を抜け出てしぶとく脚を伸ばした。最終的には上位馬のキレに負けたが、それでも掲示板確保の5着と力は示しただろう。
動画を見る
inyofu 5着 ルミナスウォリアー(柴山騎手) 「ある程度出して行き、勝ち馬を見ながら思い通りの位置が取れました。最後は切れ味の差が出ましたが、だんだん良くなっています」

【函館記念】重馬場も難なくこなし重賞初制覇!

スタート後は無駄に下げることなく前走同様中団につけてレースを進める。小回りコースや渋った馬場も考え、柴山騎手は3、4コーナーで早めに動いて先頭に並びかけた。直線で他の先頭集団の馬が重馬場に苦戦し伸びあぐねる中、ルミナスウォーリアだけは抜群の脚色で抜け出し、見事重賞初制覇を遂げる。
動画を見る
inyofu 1着 ルミナスウォリアー(柴山騎手) 「調整もうまくいき、いい状態でした。いつもより前につけて、中団前の理想通りの競馬で、馬場も何とかこなしてくれると思いました。小回りコースで少し強引なレースになりましたが、強かったですね。まだ成長してくれると思いますし、楽しみです」

【新潟記念】最終追い切り情報 能力の成長を実感!

inyofu 函館記念を制したルミナスウォリアーの総仕上げは“主戦”。先週の新潟で騎乗停止処分を受けた柴山騎手(レースは石橋騎手)が跨り、美浦Wコースで併せた。
inyofu 4馬身先行したヨンカーを目標にジワジワ差を詰めると、直線は内に潜り込み、ともに馬なりで併入。5F70秒0と時計は平凡ながら、身のこなしは実に機敏だった。
inyofu 「やりすぎないように注意した。前を目標にうまく気持ちが入って、いい形でやれた。ウッドチップで走れるようになったのは力をつけた証拠。けいこでしっかり動かせる分、競馬でも走れている」と和田郎調教師。

これまで新潟コースは3戦2勝。負けたのも昨年の僅差の新潟記念だけと、決して相性の悪い舞台ではない。今年で6歳となるが、若い時よりも力はつけており、重賞2連勝、そしてサマー2000シリーズ制覇も十分狙えるだろう。今回は、騎乗停止となった主戦の柴山騎手に替わる石橋騎手がどのような騎乗を見せるかにも注目だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line