TOP > コラム > 覆面馬主【砂の6号】7月10日(日)中京11R・福島10R予想【うまヨミ読者限定配信コラム】
コラム

覆面馬主【砂の6号】7月10日(日)中京11R・福島10R予想【うまヨミ読者限定配信コラム】

覆面馬主 砂の6号
※【うまヨミ読者限定配信コラム】 うまヨミ配信日時 7/9 21:00※



どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

先週の日曜日に中京競馬場で行われたCBC賞では、M・デムーロ騎手が久しぶりに重賞を制覇しました。

以前にも何度か紹介しましたが、重賞レースでのデムーロ騎手については、明確な買い時が存在します。
----------------------------------------
☆2015年以降、デムーロ騎手の重賞成績☆
※対象はJRA重賞レースのみ

継続騎乗 ( 3-8-4-23/38 勝率 7.9%、単回収値 23)
乗り替り (16-4-5-24/49 勝率32.7%、単回収値325)
----------------------------------------
継続騎乗(=前走でも手綱を取っている)でJRA重賞を勝利したのは、2015年日本ダービー(ドゥラメンテ)、16年中山記念(ドゥラメンテ)、16年桜花賞(ジュエラー)の3例だけ。
その他の重賞16勝は、すべて乗り替りで優勝したものです。

昨年JRAに移籍をしたばかりなので、当然といえばそれまでですが、単純に重賞で“乗り替り”のときだけ単勝を買い続けていれば、それだけで掛け金が3倍近くになっているというのは、驚きですよね。

もうしばらくはこの傾向が続くかもしれませんので、気になる方は今後もチェックしてみて下さいね。


それでは、予想にまいりましょう。
日曜日のターゲットは、中京競馬場のダート1400mで行われる11R『プロキオンS(GIII)』。

過去のレースデータについては、今週も8号サンが詳しい情報を披露してくれているので、そちらをご覧下さい!
データの8号サンのプロキオンS予想はこちら

中京コースで行われた過去4年のプロキオンSの傾向としては、同じく左回りの東京や盛岡ダートコースで行われたマイル重賞で好走歴のあった馬が活躍しています。
-------------------
☆プロキオンS連対馬の主な左回りダートマイル重賞実績☆
※対象レースはプロキオンSの当年~前年

2015年
1着ベストウォーリア  フェブラリーS3着
2着コーリンベリー   ユニコーンS2着

2014年
1着ベストウォーリア  ユニコーンS1着
2着キョウワダッフィー ※重賞未経験

2013年
1着アドマイヤロイヤル 南部杯3着
2着セイクリムズン   フェブラリーS4着

2012年
1着トシキャンディ   ※重賞未経験
2着アドマイヤロイヤル 武蔵野S3着
-------------------
連対馬8頭中、例外は重賞未経験だった2頭だけ。

今年の出走メンバーで、15年以降のレースを対象として同様の実績を持つのは、昨年のユニコーンS2着馬のノボバカラと、昨年の南部杯2着馬タガノトネールの2頭。
そして、次点としては、昨年の武蔵野S4着ニシケンモノノフ、5着グレープブランデーといったあたり。


☆中京11R・結論☆

 ◎14.ノボバカラ
 ○13.タガノトネール
 ▲10.ニシケンモノノフ
 ☆04.ブライトライン
 ☆09.キングズガード
 △01.ワンダーコロアール
 △03.グレープブランデー

今回、本命に推したいのは◎ノボバカラ。
昨年のユニコーンSでノンコノユメと接戦した実績を持つ実力馬。
その後は、勝ち切れないレースが続いたが、今年3月に中京1400mで行われた準OP・納屋橋Sを快勝してから3連勝を達成。
前走の交流重賞・北海道スプリントカップこそ惜しくも2着に敗れて連勝がストップしたが、着差は僅かハナ差だけ。
初のスプリント戦だったことを考えれば上々の内容で、まったく悲観する必要はない。
今回は、これまで(3-0-1-0/4)と得意にしている距離1400mに戻ることは好材料で、また先週から好調を取り戻した感のあるデムーロ騎手とのコンビも、これまで2戦2勝と心強い限りだ。

○は、昨年の武蔵野Sでモーニンに先着した実績を評価したいタガノトネール。

▲は、相手なりのタイプだが、近走の充実ぶりが目覚しいニシケンモノノフ。

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝14
 馬単14 ⇔ 13.10.4.9

少額で軸1頭の三連複

 14 = 13.10.4.9.1.3


-----------------------
★☆おまけ、の福島10R『天の川賞』の予想☆★

おまけは、福島ダート1700mで行われる『天の川賞』(3歳上1000万下)をピックアップ。

このレースは、9R“織姫”と12R“彦星”の間に位置する恒例のダート競走。

このレースで注目したいのは◎ダイナミックウオー。
前走の加古川特別は、1600万下からの降級馬が1~3着を独占したハイレベルな一戦。
5着敗退を割り引く必要はなく、むしろ復調気配が伺えたことを評価したい。
能力どおりなら、昨夏の福島で現OP馬のエイシンヴァラーとタイム差なしの2着に好走した実績からも、好勝負可能だろう。

相手筆頭は、このレースと相性の良い前走青梅特別組からクラーロデルナ。


☆福島10R・結論☆

 ◎10.ダイナミックウオー
 ○ 01.クラーロデルナ
 ▲13.イダクァイマ
 ☆15.キャプテンペリー
 △ 03.メイプルレインボー
 △ 08.エグランティーナ

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝10
 馬単10 ⇔ 1.13.15.3.8

少額で軸1頭の三連複

 10 = 1.13.15.3.8

次回は『ダービーウイーク+延長戦企画』のファイナル・ジャパンダートダービーの予想で会いましょう!
※レース前日の12日(火)夜に公開予定です

以上、6号でした。


私6号が担当するコラム
『砂の惑星から来た勇者たち』はこちら



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line