TOP > 予想/馬券 > 11番人気が勝利した第9回ヴィクトリアマイル 当てた予想家はいたのか!?
予想/馬券

11番人気が勝利した第9回ヴィクトリアマイル 当てた予想家はいたのか!?

今年の春GIの波乱が止まらない中でのヴィクトリアマイル。予想家達の結果をまとめてみた。
予想

ヴィルシーナが史上初の連覇!

inyofu 4歳以上の牝馬18頭が出走して行われた。レースは11番人気の評価だった昨年の覇者ヴィルシーナ(内田)が先手を奪うと最後まで脚いろは衰えず、1分32秒3のタイムで逃げ切り。昨年に続いての連覇を果たした。2着は半馬身差で3番人気のメイショウマンボ(武幸)。1番人気に推されたスマートレイアー(武豊)は伸びを欠き、8着に終わった。
馬主が大魔神・佐々木氏で知られているヴィルシーナが史上初の連覇。11番人気の勝利でまたしても高配当 今週も的中予想家は存在するのか?

一瞬夢を見つつ好走条件を学んだ1戦

inyofu 本命に押した13番人気◎キャトルフィーユは、道中3~4番手を進み、直線外に出し追い出すも小差(2着と同タイム)の5着!! 直線、ウィリアム騎手が内をついて、メイショウマンボが走っていた辺りを走っていたら、馬券には絡んだかもしれません。予想の中でも触れましたが、目下重賞3回連続2着であり、今回は斤量の不安など払拭しGⅠで掲示板に確保。6着以下とも差をつけている内容ですので、本格化したと見ていいのではないでしょうか。次のレースでは、人気になってしますかもしれませんね。直線、一瞬夢を見られましたが、悔しいレースとなりました。
inyofu 話は変わりますが、ある予想家が、ヴィクトリアマイルの好走条件として、桜花賞又は秋華賞の3着内馬であることと言っていました。 見事にその該当場のヴィルシーナ、メイショウマンボのワンツーとなりました。
サラリーマン氏は先週に重賞連勝もGIでは結果が出ず。同氏が来週好きだと言うオークスに期待したい。

脱帽したレース

inyofu 東京11R ヴィクトリアマイル
◎9.ホエールキャプチャ
○8.スマートレイアー
▲4.メイショウマンボ
△1.ストレイトガール
△3.デニムアンドルビー
×15.エクセラントカーヴ
inyofu もう全盛期は過ぎたと思われていた名ジョッキーは自らと相方に闘魂を叩き込むかのアクションでハナに立ち、もう全盛期は過ぎたと思われていた前年のチャンピオンは待ってましたとばかりに“府中牝馬の土俵”にライバルたちを誘い込み、直線は年下の新チャンピオンの猛ラッシュを老獪なディフェンスでいなして交わしてタイトル防衛 これも競馬の奥深さ、エエもん見せてもらいました、脱帽ですm(_ _)m
先週のNHKマイルカップで3連単BOXにほぼ近いフォーメーションで惜しくも1頭購入していなく数千万馬券を逃した望田氏も今週の波乱は予想できなく人馬共に脱帽させられたレースとなった。

本命的中も・・・

inyofu 本命はヴィルシーナ。
前走は他馬に2キロ与えて0.5秒差。ホエールキャプチャ、ヒカルアマランサス、アサヒライジングなど、距離不足の馬は阪神牝馬Sで1秒前後負けていても本番で巻き返しているので、叩き台としてはかなりしっかり走れている部類。降雪順延で再輸送を強いられた東京新聞杯はノーカウントでいいし、それ以前のレースでも着順ほど大負けしている訳ではない。
inyofu ホエールキャプチャもそうだが、世代限定戦では能力で色々なコースをこなしても、古馬になれば適性コースしか走らなくなるのはままあること。ヴィルシーナも強い相手により大崩れせずに走れているのは東京コースなので、ここ目標に一戦必勝の仕上げなら巻き返してもおかしくないし、持ちレートトップタイの馬がこの単勝オッズなら馬券的にも妙味大。今回は先行策と採ると言っているのも買い材料だろう。
先週NHKマイルカップ予想家記事で紹介したHIRO氏。プロの予想家顔負けの見解で今週も本命馬を的中した。しかし2、3着的中がなかなか決まらない。引き続き注目していきたい。

ストレイトガール軸での的中!?

inyofu ◎ストレイトガールは、スマートレイアとともに8番手から。距離延長は不安視していなかったものの、スプリント戦を戦ってきた馬でということで掛かる心配はしていましたが、案の定、序盤は岩田騎手が抑えながら追走する場面も。しかし、それも一瞬。さすがは真夏の連戦・連闘、力を要す泥んこ馬場…これまで厳しいレースの連続でも乗り越えてきたタフな馬です。
inyofu メイショウマンボの直後でしっかりと待機して直線へ向くと、同列にいたスマートレイアなど先に動いた馬が壁になってなかなか開かない。一瞬開くたびに一段前へ、また開くのを待ってもう少し前へを繰り返し上げて行く。壁が無くなり本気で追えたのはゴール直前だけと少し悔しさの残る競馬でした。それでも最後は、伸びているはずのメイショウマンボでさえも止まって見えるほど、完全に突き抜ける脚色だったと思いますし、この馬のポテンシャルの高さを改めて認識したレ-スとなりました。
↓的中印はここから↓
まとめていると偶然良い記事を発見した。一口馬主でもあるgoegoro氏。どの馬券を購入したかは定かではないが、ストレイトガール軸で購入していれば的中だ。

うまカレ大金星!!馬キュン

動画を見る
今回の馬キュンの本命予想はホエールキャプチャーが人気だったが、ヴィルシーナを本命に持ってきたうまカレメンバー。桜花賞好走と東京GI好走の条件がハマった結果となった。

ヴィルシーナはノーマークだった二人!『こりゃ深すぎるww覆面馬主の馬券談義!』

今回は残念ながらヴィルシーナの文字は一言も出なかった。今回のレース結果が大番狂わせであったことを物語っている。対抗馬のメイショウマンボはマークしていたため、当日のパドックでヴィルシーナを絡めていたかどうかが采配を分けたことだろう。覆面馬主はメイショウマンボについてこう語っている。
inyofu メイショウマンボに関しては、叩き良化型なのはわかっているのですが、前走があまりにも身体が寂しく映ったので、昨秋のような迫力ある馬体に戻っているのかどうか?疑問なんですよね。戻っていれば、GI3勝は伊達ではないですし、人気を下げたところでの頭狙い!と言う組み立てもありかな?とは思っているのですが、パドックでの様子を見るまで決めづらいな・・・と。
inyofu 追い切りは、前回大阪杯の時に掛かっていましたが、それを教訓に今回は幸四郎を乗せずに助手の追いきりでスムーズに折り合って終いを伸ばしていたので、軽めとはいえ、この馬にとってはこんなモンでいいのかな?とも思っています。昨秋の雰囲気に近ければ、3連単の1着にメイショウマンボを固定する馬券も買ってみたいのですが、現状では上記のような買い方になると考えています。
覆面馬主1号はメイショウマンボをかなり推していた。
inyofu ただ、個人的には、4歳の世代が相当強いんだろうな、と思ってました。ですので、デニム、マンボ、の同居する2枠、ローブ、ウリウリの同居する8枠も怪しさいっぱいです。僕自身は、メイショウマンボが好きなのと、オークスの強さが記憶に鮮烈に残っているので、うまく調整できてれば、メイショウマンボから買いたいとは思ってました。が、くるくるBOX6頭の馬連と三連複で遊んでみます。

ヴィクトリアマイルの結果は、11番人気ながらも近い印をつけた予想家が多かった。しかし今年の春から高配当が止まらない。今週のオークスでは単勝1倍台間違いなしのハープスターが出走。果たして波乱が続くのだろうか?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line